じゅんこ×まごぺ^p^

September 27 [Sun], 2009, 10:33
じゅんこ×まごぺ(蛇挿入注意)^p^2009/07/11(土)
 これはじゅんこと僕だけの秘密。

「んっ、う、うぁ……」
 じゅんこのぬるりとした身体が頭から僕の中へと入っていく。もう三寸は入っただろうか。
 じゅんこはちゃんとしつけてあるから、咬むことはない。時折、舌先で内部をつつかれるけれど。
「うあ、じゅんっ……や、そこは、そこは舐めなくていい!!」
 じゅんこの舌がひっこみ、僕はほっと胸をなでおろす。僕はそっと自分のものに手をかけて、自慰を始めた。
 中はじゅんこに任せて、僕は外を担当する。
「んんっ……ふう……、そうだよじゅんこ、その調子……」
 じゅんこは僕の中で頭を縦横無尽に動かしてくれる。そして僕の指は、休むことなく自分自身を擦る。
「うあ、あううっ……、そうだよ、いいよじゅんこっ……」
 手の動きが早くなる。被っている皮を根本に向けて引っ張り下ろして先端に爪を立てた。
「っああ!! あ!」
 白濁が宙に舞い、じゅんこにかかる。
 達した瞬間、じゅんこが入っているそこをぎゅっと締めつけてしまった。じゅんこが窒息したり圧死していたらどうしよう……。
「じゅ、じゅんこぉ……?」
 尻尾を掴んで引きずりだしてやると、元気に僕の顔に舌を這わせた。
「……よかったぁ……じゅんこ……、大好きだよ」
 僕は白濁にまみれてしまったじゅんこをぎゅっと抱きしめた。
 まだまだ、じゅんことの行為はやめられそうにない。
  • URL:https://yaplog.jp/era/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:管理^p^
読者になる
とあるプレレンをまとめてるらけのブロヌですお^p^
全部が全部まとめてるわけらないお^p^
まとめ読みしたいときとかどうぞお^p^
2009年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像管理^p^
遊廓パロかえるふぃぬと^p^ (2009年12月31日)
アイコン画像^p^
遊廓パロかえるふぃぬと^p^ (2009年12月19日)