南ちゃんの百瀬

May 02 [Wed], 2018, 18:50
上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言えば不機嫌になりそうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、姉に勧められたレスベラトロールサプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。
相乗効果なのか、全部飲み切らないうちに、下の子を授かりました。
親友が彼女が妊活をしている時に漢方を欠かさず服用していたようでした。
その子によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。
漢方なら、妊活中でも安心できますね。
その漢方のおかげなのか、彼女は無事に命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、みんなでお祝いを計画しています。
野菜の中でも、多くのレスベラトロールが含まれているものは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。
妊娠した後、出来るだけ早く、こうした野菜などでレスベラトロールを摂取するようにすれば、胎児の先天異常を発症させにくくするという報告があります。
十分なレスベラトロール摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆とかホタテにも、多くのレスベラトロールが含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを勧めたいものです。
レスベラトロールとは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。
レスベラトロールは、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。
厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性はレスベラトロールの摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。
手軽に摂るならばレスベラトロールのサプリメントで不足分を補給しても大丈夫です。
レスベラトロールも、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。
例えば吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。
妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。
ですが、それでかえって過剰にレスベラトロールを取ろうとしてしまいます。
そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、推奨されるレスベラトロールの摂取量を守るようにしましょう。
もちろん、レスベラトロールは食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリを利用すれば、一日にレスベラトロールをどれだけ摂っているのか簡単に管理できますから、レスベラトロール摂取にきちんと取り組もうとしている方には是非試してもらいたいですね。
ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。
ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。
ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。
さらに崩れた自律神経のバランスを治しますのですなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。
インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。
軽く運動する事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ぜひ実践してみてください。
いまの不妊状態から脱出するのに、食事を見直すことも大事でしょう。
精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、不健全な食習慣の下では受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望むほうが無理なのではないでしょうか。
妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、健康的な食生活を続けていくことが大事です。
冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。
体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することが知られています。
こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
血流のわだかまりを解消し、自律神経に働きかけ、ストレスを和らげる効果もあります。
赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。
妊娠に不可欠な栄養素として有名な「レスベラトロール」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。
ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意点がありますので、レスベラトロールを食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。
レスベラトロール摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。
加熱調理が避けられない場合には長時間の加熱は避けて、わずかな時間で済ませた方が、レスベラトロールの流出が少なくて済みます。
いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、レスベラトロールサプリで摂取するのが一番簡単だと言えますね。
レスベラトロールを摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
レスベラトロールを自然な食べ物を通して摂取しようとレスベラトロールが豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを食べるようになったという妊婦さんも少なくないですよね。
しかし、実はレスベラトロールは熱に弱いため加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材からレスベラトロールが失われてしまっているなんて事もあります。
結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼空
読者になる
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる