海外に留学しても英語が喋れない理由

海外に留学している学生のほとんどが英語を喋れないで帰国している理由が・・ 

 才能ではありません。 誰もが出来る”脳の使い方”に根本的違いがあったんです!


 
だって、今まで日本で教えられた学習法や、良く目にする英語教材をやっていたらそれは
 仕方の無いことかもしれません。いくら環境が海外(英語)だとしても、上達するはずがありません。


 本当に語学習得に何の意味もなさない、時間の無駄な根拠のない方法ばかりですから・・・

 
そして良く聞く「語学習得の最短距離には留学」(?)、というのも本当に必要なかったのです。

 だから私は声を大にして言います。

 留学、英会話スクール、そして参考書を必死に暗記しなくても語学習得は可能です!



 でもこれだけでも、本当に英語が上達したの?と思われるかもしれません。

 なので、日本国内最高峰といわれている”英検1級”を受ける事にしました。

 下記がその証拠です。

 

 ほんの先日まで、英検4級も持っていなかった、しかもTOEICの存在すら知らなかった
 落ちこぼれにしては、奇跡に近い出来事です。




 単語や英文法も必死に勉強しましたか? という質問がよくありますが、答えはNOです。

 お恥ずかしい話ですが、受動態、過去分詞、とかの言葉自体、受講生の方から教わったくらいです。

 単語や文法が書いてある参考書すら本当に買った事がありませんでした。

 単純にノウハウを何の努力もせずに実行しただけ・・・

→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/english7days-1/archive/44