フラフラ

June 30 [Fri], 2006, 20:16
昨日の体調不良は治るどころか悪化しました。

朝の時点で体温が37度超え。

平熱が35度後半な自分にとっては結構な高熱なのです。


フラフラになりながらもスケッチへ。

視界が霞んできて、顕微鏡のピントが合っているのかどうかさえ分からない。

なんとか11時半に書き終え、久しぶりに第2食堂で昼食。

「スタミナ豚鉄板焼き」を頼んでみるあたりが、ささやかな風邪への抵抗。


3限の教官を調べたところ、例のあり得ない教官だったので

これは神のお告げ(悪魔のささやき?)だと思い、帰宅してお昼寝しました。

2時間程度でしたが、意外と功を奏して不快症状は全て消えました。

再び大学に向かいスケッチスケッチ。

自分が何を書いているのかよく分からないけどスケッチスケッチ。

食道の断面も胃の断面も全て同じに見えるけどスケッチスケッチ。

スケッチスケッチ。

スキマスイッチ。

スケッチスケッチ。


あー今日中に脳神経と免疫の勉強を終えたかったのに。

明日は9:30に吉祥寺ですか。そーですか。

最近土日の方が起床時間が早いのは気のせいか・・?

男なんて所詮サンドバッグなのよ!

June 29 [Thu], 2006, 20:13
今日の友人の発言をピックアップして誇張してみた。


とりあえず学科の人たちの考え方に驚嘆する昼休みでした。


学科以外の友人に

「東大医学部って変な人多そうだよね〜?」

と聞かれたら

両手を彼の肩にかけて

「分かってくれるか!友よ!」

とか叫んじゃいそうです。


・・・所詮君たちは患者にしか愛を注げない人間なのさっ。


そろそろ批判が集中しそうなので止めにしよう。



話は変わりますが

教室のクーラーが利き過ぎていたせいか

完璧に体調を崩しました。


おそらく夏風邪です。

季節の変わり目の中でも特に7月はいつも体調が悪くなります。


整体に行ったのが裏目に出たのでしょうか。

血流がよくなって、風邪ウィルスが全身に回った気がします。


昼に味噌サバを食べたら寮の夕食も味噌サバだし。

食欲の低下に拍車をかけました・・・。


もうパブロン飲んで寝るしかないね!

たまにはバトンでも。

June 29 [Thu], 2006, 0:55
ぴよ彦さんより。

自分はマザコンではありません、あしからず。


●おかんバトン●


1:まず、あなたのお母さんの呼び名をどうぞ。

母さん。

2:あなたのお母さんはお父さんのことをどんなふうに呼びますか?

お父さん。
ちなみに家庭でこういった子供目線の呼び方を使うのは日本だけなんだとか。

3:あなたのお母さんの特技や特長を教えて下さい。

料理・裁縫・・・・。
たぶん他にもあるんだろうけど家庭で特技披露なんてそうそうあるもんじゃないからね。
親のことって何でも知っているようで何も知らないよなぁ。と実感。

4:あなたがお母さんによく言われる耳の痛いセリフは?

「ちゃんと部屋を片付けなさい!」

自分の上京&一人暮らしを反対された主要な原因です。
わりと一人暮らしとしては片付いている方だと思うのですが(当社比)。

5:面白かったおかんネタをひとつ。

childrenを「チャイルドレン」と弟に教えていたときは本気で焦りました。

6:あなたがお母さんに言われて一番感動したセリフ(されて感動した事)は?

うちの高校では、入学直後のオリエンテーション合宿で
「親から子への手紙」というのを親に書いてもらうイベントがあります。
その手紙に書いてあったことが一番心に残っています。
とてもじゃないけど、ここには書きません。

7:逆にあなたがお母さんにしてあげた(するつもりの)最大の親孝行は?

できる限り長く帰省すること。
やっぱり元気な顔を見せるのは子供の務めです。
部活&サークルには迷惑をかけてしまい、申し訳ないm(__)m

8:そんなお母さんに、心をこめて一言。

・・・そこまで心配しないでも大丈夫ですよ。

寄生虫学実習

June 28 [Wed], 2006, 20:41
昨日は某友人家で会食したのです。

彼の家を出発して帰路についたのは深夜2時。

自宅までは直線距離にしておよそ4km。

自転車なら15分もあれば着くはず。

・・・だったのだが。


茗荷谷から東大前に帰るのに

なんで千石に着くの?


おかげさまで1時間弱かかりましたとも。

1限なんか知ったこっちゃないね。


今日は午後、寄生虫「実習」として目黒の寄生虫博物館に行ってまいりました。


入り口でチェックがあって、10分でぐるっと見て回って感想(1行)書いて終了。

どうみても「見学」です。


それにしてもマラリアがウィルスではなく寄生虫というのは今日最大の発見でした。

学科の人から「ないわ〜」という非難が聞こえてきますが、全力で無視。


それにしてもあれがデートスポットとはね。

最寄りの目黒駅から早歩きで15分もかかるし。

しかもどうじっくり展示物を見ても30分くらいで見終わってしまうし。

入館料が無料なのは魅力的ですが。


はぁ。

あぁ

June 27 [Tue], 2006, 23:42
かくも儚きかな

人生。


@クマタ家

祭りのあと

June 26 [Mon], 2006, 18:14
決して「後のまつり」ではありませんよー。


とりあえず演奏会の感想は昨日書いたとおりです。

これ以上、無理に言葉に昇華しようとすると感慨が薄れそうなので。


打ち上げはなんというか、すごかったね。

みんなのテンションについていけない。

うちってこんなに飲むサークルだったっけ?

とりあえずまともに日本語を話せる人を求めて右往左往してましたとさ。



いつものことですが

演奏会・打ち上げの次の日ほど人恋しい日はないです。


テレビをつけてもパソコンをつけても

教科書を開いてもご飯を食べても

常になにか満たされていないような感覚。


K澤君の家にでも行きたいところですが

自転車を某指揮者さんに貸したままなので行くことができず。

はぁ。


もっと頑張らないとね。

発声も音程も表現も、何もかも。

演奏会の翌日にこんなに練習したいと思うのは初めてかも。

技系に頼りっぱなしではいかんよね。

執行部だもの。


ついでに

いざ音楽の世界から医学部の世界に帰ってくると

脳の勉強がガタガタにヤバいことを再認識しました。

こっちもそろそろ火をつけないと。



歩みを止めてはいけない。

しあわせ

June 25 [Sun], 2006, 21:01
演奏会終わりました。

今からシャワー浴びて、打ち上げの準備に向かいます。


はるばる演奏を聴きに来て頂いた皆様、ありがとうございました。

好きな歌を歌えて、聴いて頂いて、しあわせです。


・・・明日は学校に行きません。

Special thanks ・・・

June 24 [Sat], 2006, 18:52
明日は「遊声」演奏会ですね@王子・北とぴあ・さくらホール 17:00〜(宣伝)


いつになく寂しい気分です。

もしかしたら自分にとって最後の「遊声」になるかもしれません。

そうでないとしても他の団の4年生の方と歌うのはこれが最後です。


きっと柄にもなく泣きそうになります。

ステージ終了後は探さないで下さい。


おそらく

本番前は少しでもコンディションを整えようと必死で

本番後はあふれる感情を包み込むのに必死で

打ち上げでは潰れます(宣言)。


そんなわけで

きっと一人一人に感謝の言葉を伝えることができないと思うのでここに。




共にステージに乗る全ての人に、ありがとう。

完膚なきまでに叩きのめされる。

June 23 [Fri], 2006, 17:49



帰りに医学部本館前で見つけました。

この1週間、顕微鏡ばかり覗き込んでいたので

大変この猫たちに精神的に癒されましたとも。


・・・別に解剖して脳神経を見ようとか考えてないよ?>学科の人


それにしても可愛い。

夫婦でしょうか?

個人的には、手前の黒が夫で、奥の白が妻です。


仕事に疲れた夫は道端でグッタリ。

妻はそんな夫を思いやって何も言わずに傍にいてあげている。

たまに妻がしっぽで夫の背中をなでます。

夫は邪魔っぽいそぶりをしながらも、本当は妻の茶目っ気をほほえましく思っているのです。


そんな勝手な想像をしていました。

相当疲れているようですね。



今日のメインはやっぱあれだね。

「腕相撲」


学科の某運動部に所属している女友達がいるのですが

なりゆきで腕相撲をすることになりまして

自分も男としての意地とプライドをかけて挑んだわけですよ。

いや、正直ゼッタイ勝てると思ってた。

思い込んでた。




1分後、机にうずくまるのは私。

見事な1R30秒KO!

中途半端に粘ったもんだから教室にいた人の注目を浴びて余計に恥をさらしました。


前々から上肢の筋力不足は自覚があったけど、まさかここまでとはね。

軽くヘコんでます。

2ヵ月後に再戦を申し込んだので、それまで筋トレしようと思います。



最後のネタはバイト関係で。

目を射る煌めきに死にそうに痛く瞬きする想い

June 22 [Thu], 2006, 16:06

今日はですね。というか今日もですね。

脳解剖で脳のスケッチをしていたわけですよ。

で、脳の中の”橋”という部分の断面をスケッチしたのが下の写真。






学科の人をして「これはひどい(苦笑)」と言わしめた作品。


24色色鉛筆を持っているのにもかかわらず、2色しか使わないという贅沢ぶり。

もはや幼稚園の塗り絵よりひどいですね。


そこで僕は考えた。

もしかしたらこのスケッチを描くよりもドラえもんを描くほうが手間がかかるのではないか?

そこでチャレンジしてみたのがさらに下の写真。







違う。何かが違う。

なんだかこのドラえもんがのび太君を助けられる気がしない。


「ドラえもーん。またジャイアンにいじめられたよぉ」

「・・・ふーん」



みたいな。


だいたい脳なんかそんな簡単に見るべきものが見えないんだもの。

そのうち自分の目に限界を感じて目を閉じるのです。

するとなぜかまぶたの裏に今まで見えなかった構造が浮かぶではないか!

なんだか随分と教科書の挿絵と似た構造だけど、気にしない気にしない。



今からラスト合同練ですね。楽しんできます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:endless_travel
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
もう若くない。
2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像taku
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像ビスコ
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像あかまてぃー
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像taku
» やった!やった! (2007年04月25日)
アイコン画像やっし〜
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像Fw
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像ZACKY
» やった!やった! (2007年04月25日)
アイコン画像やっし〜
» やった!やった! (2007年04月24日)
アイコン画像taku
» 現場はかくも激しきものか。 (2007年04月22日)
アイコン画像やっし〜
» 現場はかくも激しきものか。 (2007年04月22日)
メロメロパーク
Yapme!一覧
読者になる