怖いもの

July 27 [Wed], 2005, 22:07
電車にて。
小学生がうるさく会話してるな、と思ってふと見てみると女子大生でした。

「久我山だよー」
「まじ?久我山?くーがーやーまー?」
「ばか?ばかじゃん?」

目が合ったら伝染すると思い、必死で目をそらしました。

帰り道。
人気がない暗い道を急いでいると前からガーガーという音が。
よく見ると20代くらいの人がスケボーに乗ってフルスピードで走ってくる。
横50cmを通りすぎていったときは体がこわばってた。

あー怖かった。

カムカム

July 27 [Wed], 2005, 21:55
と聞いて何を思い浮かべますか?

犬の名前じゃないですよ?

カムカムとは最近流行りの南アフリカ産のフルーツです。
ビタミンCが異常に豊富なこの果物、普通に食べるにはいささか問題があるらしく、主にジュースや加工菓子になっています。
塾にカムカムジュースが置いてあって思わず買ってしまったのですが、お味はというと…う〜ん、不思議。
甘酸っぱくて柑橘とは少し違う。

なにかの味に似ているような気がするんだけどな…。

そして最近この疑問が解けたのです!
きっかけは〜フジテレビじゃなくて、友達が持っていた梅系ジュース。
勧められて飲んでみると、こ、これは…カムカムにそっくりではないか!
なにか空っぽだった胸の奥が少しずつ埋められていくようでした。
そうだったのか!
そうだったんだ!
刺激なきテスト週間中はつまらないことに感動できます。

サッカー2

July 27 [Wed], 2005, 21:19
前の記事で「サッカー」と題をいれたときはレアルの話はするつもりがなかっんだよー。

じゃあ何の話するつもりだったかっていうと、最近暇つぶしにダウンロードしたサッカーゲームの話。

テスト期間ってのはどうも他に逃避場所を求めがち。
塾では「受験生に夏休みなどないわ!」とかいいながら自分は暇つぶしのあいまに勉強してるわけですよ。

このゲームはRolePlayingElevenというもので架空の日本チーム(このチームとは別に別に実在日本代表チームもいる)をW杯優勝に導くというもの。
メインは試合で、試合を重ねるごとに経験値を得て、その経験値を使って他のチームからの選手の獲得・自チーム選手にドーピング(笑)ができて、チームを強化していく感じです。

最初やったときは本当に笑えるやら泣けるやら。
南米と対戦すると、相手の方が1.5倍くらい足が速い。
おまけにドリブルすると取られる。タックルするとかわされる。

どないせーちゅうねん!
身体的ハンデありすぎ!
日本がフィジカル的に不利だと言われますが、本当に実感しました。
たとえるなら向こうがバスケルールでこっちがサッカールールみたいな。
1対1になると必ず負けます。

相手がボールを持っているとき、つまり防御はフルオートなので、点数取られるわ取られるわ。
だってドリブルを止められないんだもの(泣)

よって勝つためには選手獲得しかない!
ちまちま稼いではFWを獲得、みたいなことをしているうちにあっという間にチームは外国人だらけになってしまいました。

こんな理不尽なゲームにはまっているしまうあたり、自分はもうどうしようもないのでしょう。

サッカー

July 27 [Wed], 2005, 11:44
銀河系軍団「レアル・マドリード」が絶不調の東京に負けましたね。

ただでさえ、無冠になって人気が落ちてるのに、これはかなりの追い討ちになるでしょう。
以前はレアルの試合は満員御礼だったのに、今年は5万人収容のスタジアムで3万人しかいなかったとか。
来年はレアルは来ないかもしれません…。

試合結果以上に話題になっているのが戸田のベッカムへのツバはき。
一応(?)紳士キャラのベッカムがあそこまでマスコミに言うので、事実かと思ったのですが、どうもビデオを見直す限りそんなことはないそうです。
どうした?ベッカム。

しかし、レアルも大人げない。
ロナウドが前半終了間際に戸田の足を蹴るなど、その後報復の連続。
そんなことしてる暇あるなら1つでもゴールを決めろっての。

なんにしても後味の悪い試合でしたね。
反省せよ(#`ε´#)

更新が

July 27 [Wed], 2005, 1:31
滞っております。

明日ドイツ語のテストなんだってばさ。
ごめんってば。
見てる人少ないしいっか、みたいな。

調布花火

July 23 [Sat], 2005, 1:22
にいってきました。いや〜良かったですよ。

人が多くて大変でしたが、イライラする、というよりは活気あふれる祭、という感じを演出していました。

だいたい70分にわたるノンストップ花火!花火!花火!
本当にあっという間でした。

言ってしまえば、ただの爆発。
それがこれだけ多くの人を感動させ、満足させる。
すごいことだと思います。
ただきれいな花火を作るだけではなく、どんな間隔でどんな組み合わせにするか。
この構成にこそ心を奪われます。
70分飽きさせないような構成を作る花火師さんはもはや国宝ですね。

花火というと、打ち上げるて、火が空に上がって爆発するイメージですが
中には上空に上がるときの火をできるだけ小さくして、空の色にまぎれさせるものもあります。
すると、観客にはいきなり空で爆発が起こったように見えるのです。

僕は後者の花火のほうが好きなんですよ。
サプライズみたいなかんじで。
先を読めないからこそ、こういう芸術はおもしろいのかな、とも思います。

来年も行きたいなぁ。来年はリッチに有料席とるかな。

コンタクトを

July 22 [Fri], 2005, 23:29
買いました。5250円。うぅ・・・

試験中につき手抜きで。

普段から手抜き?
試験中にバイトを5日間連続でやってるくせに?

やかましいわ!

コンタクト

July 20 [Wed], 2005, 23:52
なくしたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏バテ

July 20 [Wed], 2005, 23:43
昨日のバイトの途中から目がかすむようになってきて
あれ?これはおかしいなぁ。と。

バイトから帰るあたりから手足がだるくなって
立っているのもつらい有様。
丸の内線では座れたからよかったけど
銀座線に乗り換えてたちっぱなしのときは柱に寄りかかっていましたとも。

その後の授業はしかたなく出席のときだけ起きて残りは爆睡。
そのおかげでなんとか体調回復して夜の塾講師は行けました

友達に助けを求めると
「うなぎ食べれば?」
「汗かくといいんじゃん?」

それが東大生の回答か!

まったくもって情けない。
あれだな。クーラーを使いすぎたんだ。
これからは控えよう。扇風機を買おう。

と、反省したところで体調は回復しません。
明日は朝9時から夜8時まで塾講師なのです
しかも、当然ながら塾はクーラーがガンガン入っているので
これはピンチ。

どーする?どーする?オレ?

ミスタードーナツ

July 18 [Mon], 2005, 16:27
後輩から「いつ寮に帰ります?」とメールがあったので、これはなにか企んでいるな、と思いつつ帰らないわけにはいかないので帰宅。

後輩と近くのガストに行き、帰りになぜか酒を買うのに付き合わされる。

後輩はチューハイ、自分はビール瓶を購入。
昔はチューハイしか飲めなかったのに最近ビールをたしなむようになってからはチューハイが嫌いになってしまったから不思議です。

だいたい企みの内容が察知できたので先に風呂に入って敵を向かえ打つ!

2時間後、後輩は3つ袋を持ってました。
1つはさっき買った酒だね。
1つは、ああ、つまみね。
じゃああと1つは?

後輩が勝ち誇ったような顔で中身を開けるとミスドのDポップ(小さな団子状のドーナツが6個入った商品)が1つ、2つ、3つ……10!?
なんと後輩は計60個もの小ドーナツを買ってきていたのです。
駅前で配っていた券で半額になったそうですが、それにしたって…ねぇ。

結局飲む、よりも、食う方がメインの宴会になりましたとさ。ちゃんちゃん♪
結局食いきれなかった…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:endless_travel
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
もう若くない。
2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像taku
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像ビスコ
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像あかまてぃー
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像taku
» やった!やった! (2007年04月25日)
アイコン画像やっし〜
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像Fw
» 宣伝するよ。 (2007年04月25日)
アイコン画像ZACKY
» やった!やった! (2007年04月25日)
アイコン画像やっし〜
» やった!やった! (2007年04月24日)
アイコン画像taku
» 現場はかくも激しきものか。 (2007年04月22日)
アイコン画像やっし〜
» 現場はかくも激しきものか。 (2007年04月22日)
メロメロパーク
Yapme!一覧
読者になる