発見!

June 29 [Sun], 2008, 10:59
うおー!

捜し求めた、配布のアンアキュート発見(ToT)

まじちょー嬉しくて、聞いた瞬間、一人で歓声をあげてしまった。

いやーかっちょっええーなあー

スネーク3

June 29 [Sun], 2008, 2:21
何年ぶりか、スネークになる。

途中からだけど、もうさっぱり。

牢屋に閉じ込められてる。
脱出できず、あれやこれや2時間が過ぎ、ようやく脱出方法を見つける。

敵に見つかりまくり、必死で逃げまくる。

だんだんスネークとしての勘を取り戻すも、ダムから転落。

その後の、ソロー?
だっけか、ゴーストの敵に振り回され、倒せなく、疲れ果て、電源を切り終了した。

攻略本買ったはずなんだけど、捜しても見つからず、スネーク化した俺はフルーツ村の牢獄の中で吠えざるにはいられなかった。

そう、俺の名はスネーク。
しかし、まったく攻略できない、そんなスネークだ。

June 28 [Sat], 2008, 10:05
昨日は変?な日だった。
仕事帰りに寄ったコンビニで、何気に車で、電柱に衝突。

帰宅後、お金を下ろしに行くと、あると思ったお金が無く、やむなくウロウロ町内を徘徊。コンビニに一時間で三回も行く。

帰宅後、しばらくして会社から電話。

なんでも配送先で、問題があったらしく、疑われる。

事故、貧乏、犯罪。

すべてを経験した日。

まあ、いっか〜と思い寝ようとする。

ムカデの気配を感じて寝れない。あたりを見るけど、いないけど、なんか気配を感じる。

結局2時間しか寝れなかった。

まあ、こんな日も仕方ない。

でしゃばりタイム

June 27 [Fri], 2008, 2:09
二十日前、エリア幽閉の映像を、渋谷にて入手。
帰宅後、早速拝見。

空白の記憶が甦る。

いきなり映像が飛ぶも、素敵な感じだった。

そして、タイトル

でしゃばりタイムを見る。

アンコールの声に合わせ、僕の登場だ。

いきなりなにを思ったか投げキッスをする。 客席からウギャーと声が上がる。

そそくさとセットに座りドラムを叩き始める。

叩き終え、喋る。

聞いてる自分が赤面しちゃう。
僕の生き甲斐をー

から言葉が見つからず動揺しながら、コールを求め叩きだす。

会場の、ゆきコールが一つになるに比例して、ドラムが疲れ果てパワーダウンし始める。

ラストコール、最後の力を出し、終了ー
失神、


しそうになるも、流れでメンバー登場、アンコールの曲が始まる。

以下でしゃばりタイムレポ。

これを乗り越え、これからもがんばりたいです。

プリズンマン

June 25 [Wed], 2008, 9:57
七月のカーニバルで使用するであろう、ドラムセットに

ドロップキック

を噛ました、少年Hと、心ゆくまで、ウォーズマンのパートナーについて語る。

彼はプリズンマンと言っていた。

ふふふ。

ぜったいマンモスマンだと思いますよ。

キーワードは、

実力者、野性、氷、ながい眠りです。

ここまで予想してもし

プリズンマン

だったら、山に篭ります。
そして、一巻からキン肉マンを読み返し、更なる飛躍に繋げるでしょう!

おはようございます

June 23 [Mon], 2008, 8:59
雨だと思ってたのに、不意に青空の見える朝を迎えると、ちょい幸せな感じがします。

厚い雲、きれいな山々、そして青空。
最高のロケーションだねえ〜。

そんなんで栃木を走ってます。


都会に戻らず、少しのんびりしたいもんだ。

再入隊

June 22 [Sun], 2008, 9:06
コードネーム1985再入隊。

体重が、増加傾向につき、ビリー・ブードキャンプ再入隊。

二日目、面倒になり、独自にアレンジして、鍛える。


結果、膝壊す。


三日目。

除隊

気持ち

June 21 [Sat], 2008, 1:54
その昔、ちょっと気になってて、何気に見てて、でも、あらためて振り返ると、結構好きだった気がする。

時間が過ぎ現在、気付けば、もしかしたら、目の前に、もしかしたら、またその姿に逢えるかもしれない。

頭の中が


マンモスマンで


いっぱいだ。


でも、まだ正体がわからない。

予想どおりマンモスマンなら、

泣きそうだ。

久しぶりだなあ〜
こんな気持ち。

もしや〜

June 19 [Thu], 2008, 9:29
最新の週プレのキン肉マン。ウォーズマンのダックパートナーの正体、

も、もしや


マンモスマンでは!


だったら、すごいっすよ
これは(°o°;;

予想だけど。

ナチュラル

June 18 [Wed], 2008, 3:26
ライブで自分の存在を見てもらったり、ドラムに反応してもらったり、素直にすごく嬉しいし、あ〜生きてると感じる・・

そんな事を感じながら、トラックから荷物を下ろし、新しい店に納品へ。
普段は無人での納品、でも新しい店だから、フレッシュな店員さんが、いた。

不意だった。ちらっと目視をすると、ほとんど若い女の子。
めずらしいのか、納品をちょっと見られてる。

ライブだ。

しかし、普段は人に逢わない仕事だから、すげー緊張して、自分でも明らかにおかしな動きになってる気がする。

ロボットのような。

なるべく存在感を消し、逃げるように店を後にする。


もっとナチュラルに納品したかった(´Д`;)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆき
  • アイコン画像 誕生日:2月10日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE