小説版・和風!オズの魔法使い(15)

2008年12月20日(土) 22時23分
『和風!オズの魔法使い』


2・6「魔獣カリダ」



金比虎は確かに強かった。
米作ほどの力はないが、見ほれてしまうほどの流れるような身のこなし、針の穴を通すような的確な攻撃、その戦闘技術の高さが金比虎の強さを物語っていた。
しかし、先に膝をついたのは金比虎だった…。
「があああっ!!!」
さっきまでのにこやかな表情をどこかに置き忘れたのか。
獣のような咆吼、表情、攻撃。
カリダだ。
いや、カリダ『だけ』ではない。
獣なのはその剣『も』である。

金比虎は確かに強かった。
なよ竹を襲った一撃を止めた金比虎は、そのまま木の葉が風と戯れるように、カリダの懐へ滑り込み、カリダの顎に一撃を喰らわせた。
「いった〜!!ははは…やるじゃあないか★」
カリダは言葉は軽いものの動揺を隠せず、苦し紛れに大剣を振るう。
しかし、金比虎は冷静にその軌道を見極め、受け流す。
慌てたカリダは不安定なままに攻撃を繰り返す。
繰り出された攻撃をまた金比虎が受け流す。
「これでもくらいたまへっ!!」
たまりかねたカリダは大きく体を反り、強引に大剣をねじ回す。
最初の攻撃とは似てもにつかない不格好な風が金比虎という木の葉を切り刻もうとする。
けれど、木の葉は動じない。
風に動かされるのを待つだけ。
ふわりと舞い、風の背中をとり、薄く鋭い葉が逆に風を裂く。
葉に翻弄された風は行き場を失ったのかふらふらとよろめく。
「あ…やば〜い★」風が逃げる。
木の葉は、その風を追い掛ける。
「あ、ア…!」
しかし、その風の先にあった、いや、いたのは荒い息を隠しもせず、力任せに木の葉をなぐる嵐という獣であった。
突然暴れ出した風の洪水に木の葉は惑い、心を揺らす。
生き物に心はある。いや、きっとこの世の全てに心は宿る。しかし、獣に心をも食べる。恐怖心も、理性も全てを食らいつくし、体の進化に全てを注ぐ。
惑う木の葉に心を見せず、獣はただひたすらに木の葉を殴り続ける。
ぶおおおおおう、と咆吼がこだまする。
木の葉は嵐になすすべなく吹き飛ぶ。右に左にどちらへともなく。
嵐は散々暴れ回った挙げ句、ようやく木の葉が消えたことに気付く。
そして、吹き抜けた嵐はまた再び暴れるために一心に息を吸う。嵐の前の静けさとはこういうものなのだろう。

「化けものめ…。」
金比虎は打ち付けられた体をおさえながら、物陰に身を隠し呟いた。
金比虎は商売人である。
そんな彼にとって、駆け引きはお手の物である。
だが、獣にものは売りつけられない。
獣相手に金比虎の技術は通じない。
金比虎は必死に頭を巡らせた。
金を荒稼ぎする彼にとって、戦いは日常茶飯事。
これほどとはいかなくても獣のような連中とやりあったこともある。
突破口はある。
しかし
『獣のような剣』とやりあったことはない。

「化け物…。」
なよ竹も呟く。
その視線の先には…大剣というよりも魔剣と呼んだ方が似つかわしい、黒くていくつもの牙を持ち、奇妙に歪曲した獣がカリダの手にあった。
なよ竹の汗が背中へ逃げる。
−この感覚は−
前にもあった。
あの黒髪の女あやかしが目の前に迫った時と同じ。

命があるから消す

そうとしか説明しようのない絶対的な狂気。
生きた狂気と死なない狂気。
野獣と魔剣。
二つの狂気が、なよ竹の目を離させない。
しかし、今はあの時とは違う。
なよ竹は金比虎が吹き飛ばされカリダが獲物を見失ったその刹那、金比虎を物陰にひっぱりこんだ。
物陰にいても、なおなよ竹を離さない狂気。

「思い出した…。」
狂気の嵐にひきずり込まれそうになっていたなよ竹が一つの声を聞き踏みとどまる。
声をこぼしたのは金比虎。

「カリダ…昔話に出てくる伝説のあやかし。『眠るカリダは子どものよう。3つの鐘は鳴らすまい。1つ鳴っては、獣が目覚め、2つ鳴っては魔が目覚め、3つ鳴ったらどうなることか。誰も知らぬは誰も生きぬゆえ。目覚めたカリダは鬼のよう。決して3つの鐘は鳴らすまい』…。」

記憶の片隅でほこりをかぶったおとぎ話を金比虎は慎重に開いた。
そこには−舌なめずりをする魔獣カリダが立っていた。
「3つの鐘はならすまい…」
独り言のように、願いのように、なよ竹は何度も何度も繰り返した。
目覚めた獣は目覚めた魔を携え、あたりを見回す。
「ドこ、ダ…?」
鳴き声にもうなり声にも似た言葉をカリダはこぼし、ゆらりと探す。

なよ竹は、ただひたすら魔獣がこのまま疲れ果て眠りにつくことを祈った。
「3つの鐘はならすま…」
ぶううううううううううううう。

鳴り響く轟音。
立ちこめる悪臭。
その中心に小さな男。
米作。

「いいいいいいいいいいいいいいい!?」
響き渡る絶叫。
立ちつくす二人。
なよ竹と金比虎。

ぶおおおぉおおおぉぉぉ…
吹き荒れる咆吼。
地面を舐める狂気。

3つの鐘はならすまい。

狂鬼カリダがそこにあった−



つづく

ひろがれ!芝居の輪

2008年12月19日(金) 1時33分
どうも侍えれkぐつbyち…侍代表の森です。
今まで言えた試しがありません。

というわけで、今回は少しあるサイトをご紹介。
その名も『コリッチ舞台芸術』
http://stage.corich.jp/

舞台芸術やってるひと、みてるひと、手伝うひと。
色んな人が集い、盛り上がってるサイトです。
このサイトがもっと盛り上がっていけばなあ、と思います。
興味ある人は是非☆
ただし、色んなネットのマナーは守りましょうね★

空海夜行レポート6

2008年12月19日(金) 1時04分
いよいよ公演まであと1ヶ月となりました!
空海夜行風流談!

お久しぶりのレポート!いってみましょう!



音響打ち合わせ中の空演出森と音響村上。
スタッフワークも少しずつ形になってきた!?
演出違えば音響も違います!
二つとも見られる方はそこにも注目、かも★



侍ルーキー溝部係長とお馴染み門脇さん(背中)。
係長のアップ。
う〜ん…ルーキー?
いや、良い意味でルーキーとは思えない、良い意味で(笑)



楽しげな一枚★
今回も笑って泣いて汗かいて…芝居作りの醍醐味です!
そして、その気持ちをお客さまにぶつけ、劇場で一緒に遊びたいです!!

皆々さま、ご来場お待ちしております★


注意!
よくある質問で「空の巻」「海の巻」について

今回の公演は「空の巻」前売り800円・「海の巻」前売り800円です。
なので前売り800円チケット1枚ではどちらかの巻しか見られません。
更に今回は客席数が少ないため、日時指定となっており、売り切れ次第、その時間はご入場いただけません。
上演作品は、どちらの巻も同じですが、演出キャストが異なります。
どちらかを見て楽しむもよし。両方見て違いも含めて楽しむもよし!
なお…両方のチケットご購入の方には特典がついてるとか…☆

小説版・和風!オズの魔法使い(14)

2008年12月13日(土) 22時16分
『和風!オズの魔法使い』


2・5「+ひこ」



「5億だ!」と、店主。
「500!」と、なよ竹。
「五目ごはん!」と、米作。
言い争う事30分…。

なよ竹には限界が訪れはじめていた。
いっこうに体力の衰えを見せない店主。
「5憶5憶5憶5憶5憶5憶5憶5憶5憶!!!!」
ふらつくなよ竹。弱音がこぼれる。
「なんで…なんでここまでがんばれるの…?」
しかし、そのなよ竹をかばうように現れた頼もしい男。
「米作!」

米作は、大地を踏みしめ叫んだ!
「五目五目五目五目五目五目五目ごはん!」

…なよ竹は崩れ落ちた。
「ふっ…よく頑張ったがここまでのようだな!金に関して俺に勝てると思うな!この辺じゃカネーの虎と呼ばれている…!」
店主の背後で金色の虎が吠えた!…ようになよ竹には見えた。
店主に出された五目ごはんをむさぼる米作と崩れ落ちたなよ竹をせせら笑い、店主は金を持って去ろうとした…と、その時!

がしっ!

「何…?」突然、足をつかまれ驚く店主。
そこには…震える足で必死に立ち上がるなよ竹の姿が!
「な、めるな…!あたしは…あたしは…地元じゃ『つるピカなよ竹』と呼ばれていたのよおおおおおお!」
なよ竹の背後で焼き肉の匂いだけで食べる米の匂いだけでお腹を膨らませる少年が光った!…ように店主には見えた。

「まさか…お前がうわさの節約王なのか!?…ひとかけらのビスケットで世界を一周できる女『ワンピース』の女なのか!?」驚愕する店主。
「その通り!輪ゴムを口の中でくっちゃくっちゃして3日間生き残った女!最強のゴム人間とはあたしのことよ!」なよ竹の後ろで麦藁ぼうしをかぶった少年がのびた!…ように店主には見えた。
「すげええええええええ!」驚愕する米作。
「すげえええええええええ!」驚愕するあやかし。

「「「え?」」」と、なよ竹・米作・店主。
「あやかし!?」

3人が振り返ると、そこには、派手な羽織を着た背の高い男がいた。
しかし、その男は人間ではなかった。
なぜなら、女と間違えそうな真っ白な雪のような肌その白い額には1本の角がはえていた。

「しまった!ばれた!」と、男。
「何?あんた誰?!」なよ竹はすぐに臨戦態勢をとる。
「ふっふっふ…レディーに聞かれちゃあ答えないわけにはいかないだろう★私の名はカリダ!けがらわしいけだもののようなあやかし達の中で燦然と輝くシューティングスター!それが私!カリダ!ちなみに番号は…」

と、自己紹介を延々とはじめるカリダ。
「にげよっか?」なよ竹。
「んだ!」米作。
そして、トトを抱えなよ竹が逃げようとした瞬間。
「う!!」
倒れる米作。
「米作!!!」
なよ竹が駆け寄ると米作はもの凄い汗をかき苦しそうにうめいていた。
「まさか…あのあやかし…米作に何か!?」
「で〜、好きなタイプはどちらかと言うと髪の短い子。あ、でも、基本的にどっちも好きで…」カリダは喋り続けていた。
「じゃあ、新たな敵!?」なよ竹は周囲を見回す。
そこには!
「ふっふっふ!俺の仕業よ!」
そこには!

店主。

「あんたかよ!」なよ竹。
「さっきの五目ごはんに強烈な下剤をいれておいたのだ!さあ、これ以上この小説を下品にしたくなければ金を払え!」
店主は、青い小瓶を見せつけながらなよ竹に言い放った。
と、そこに一陣の風!
「さ〜あ、自己紹介もすんだし、そろそろ、君達をやっちゃうよ★」
水分補給の為、小粋にカクテルを飲みながらカリダが近づいてくる。
右手にはカクテル。左手には…身の丈ほどの巨大な剣。
まるで小枝で道ばたの草を刈るように、木をなぎ倒すカリダ。
「う…」硬直するなよ竹。
「仕方ない…」諦めたように呟き、店主は、カリダと正対し構えをとる。
「ちょっとあんた!」あわててなよ竹は店主を止めようとすると…
「おい女!金を払いたくなければなんとかしろ!」
恐ろしい速さでなよ竹の背後に回りに御願いした!
「あんた何とかしなさいよ!」
「金にもならんのに戦うか!」
「じゃあ、米作なんとかしてよ!こいつが元に戻れば、あの男のバカ力にもなんとか!」
「この薬がいくらすると思ってるんだ!」
「バカかー!」

「ふっ…よそ見してていいのかい?」
なよ竹がカリダの声の方向に向くとそこには大きな刃。
「!」

なよ竹に吹き付ける風。
それを追うようにくろがねの刃!

刃はきまぐれを起こしたか、なよ竹の顔を撫でるだけで去っていった。

そして、もう一陣の風。
店主がどこからかとり出した棒が起こした風。

ガキン!

あまりの一瞬の出来事に音が忘れていたかのように鳴り響く。

店主の棒が刃をはじいたのだ。
事態を飲み込めたなよ竹がなんとか口を開く。
「あ、あのあんた…ありがとう」
「ちゃんとラーメン代を払ってもらわねばならんからな。あと…あんたなんて呼ぶな。ちゃんと名もある。」
「え?」
「カネーの虎。金で比べる虎、と書いて金比虎。鰤木金比虎だ。」




つづく

空海夜行レポート5

2008年12月03日(水) 3時31分
さてさて、いよいよ12月に入り、緊張感も漂い始めた今日この頃ですが、昨日は稽古でした!

が!

残念ながら…写真がありません。
というわけで、文章で少しご紹介★
昨日は、海の巻の稽古中心でした!

森・小林による楽しげなシーン…というか、台詞あやしい…(汗)
演出佐藤の顔がひきつっておりました。そして、的確な指示がとんでおりました。
ただし、アドリブマシーン森とファンタジスタ小林が揃うと何が起こるか分からないワクワク感があります。
(某RPGドラゴンクエス○の○ルプンテ的ワクワクヒヤヒヤ感ですが…汗)
この二人の掛け合いシーンは乞うご期待です!

そして、森・門脇・村上の稽古!こちらは徐々に積み重なっていく感が見えました。
なかなか熱の入った演技。
ルーキー村上にも成長が見えます☆
侍ではもうベテラン(?)門脇も流石といったところ★
ラストシーン付近の稽古で全体像が大分見えてきたようです。


そして、稽古後、何人かでジョイフ○で食事をしていたときのこと…海演出佐藤が「あまりおなかはへってないけれど甘いものが食べたい」状態になり、注文。
「いちごパフェを和食セットで。あ、和食セットのごはんをミニ玉子丼で。」
一瞬、止まる店員さん。が、すぐにかしこまり去っていく。
そして、ドキドキしながら待つこと数分。
「お待たせしました。」



何とも不思議な光景…。
そびえ立つパフェが何かを悟っていました…。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:侍エレクトリカルパレード(代表:森)
  • アイコン画像 現住所:広島県
読者になる
こちらは、
芝居空間
「侍エレクトリカルパレード」
の公式ブログです。

芝居空間「侍エレクトリカルパレード」とは?
広島大学がある学園都市東広島市西条より演劇を発信させようという熱き演劇集団である。

次回公演!

ひがしひろしま音楽祭

時間
6月14日15:05〜15:20

場所
東広島市西条 中央公園 野外ステージ(中央公民館正面)

入場
無料!

タイトルは
「小林達之丞のひがしひろしま音楽祭!」
芝居空間侍エレクトリカルパレードがおくります歌って踊って騒いで戦うエンターテイメント!
今年1月「空海夜行風流談 空の巻」で主演を演じた
「小林達矢」が「小林達之丞」となり、悪を斬ります!
ちょっと間抜けでおバカな悪党一味に
代表「森新太郎」、空海出演「溝部淳紘」、オズ出演「平川貴大」!
また、脇を固めるは、
「佐藤綾子」「横澤千秋」「三根侑己」「井手口理子」
と強力な女性陣!
音楽祭にて劇団大暴れです!
乞うご期待!

問い合わせ
anti-harakiri@hotmail.co.jp
最新コメント
アイコン画像侍ブログ担当
» 稽古報告☆ (2009年06月09日)
アイコン画像さんご
» 音楽祭詳細! (2009年06月09日)
アイコン画像。。。。。。。。。
» 稽古報告☆ (2009年06月08日)
アイコン画像侍ブログ担当
» 稽古報告☆ (2009年06月08日)
アイコン画像。。。。。。。。。
» 稽古報告☆ (2009年06月04日)
アイコン画像サトウ
» 5月下旬の侍たち (2009年05月25日)
アイコン画像さん
» 侍の歴史〜侍剣〜 (2009年05月18日)
アイコン画像サトウ
» 侍の歴史〜侍剣〜 (2009年05月17日)
アイコン画像代表・森
» 代表の雑談 (2009年04月18日)
アイコン画像たんぽぽ
» 代表の雑談 (2009年04月17日)