私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«{ハイヒール} 「わ」の映画 | Main | {花} 「れ」の映画»
DVD「ロスト・ソウルズ」 / 2006年01月07日(土)
元、悪魔に取り付かれたことのある女がこれから悪魔が取り付こうとするのを阻止するという話。

悪魔祓いのお話ではありますが、悪魔が取り付ついている人や悪魔祓いのシーンはあまり多くありませんでした。悪魔が取り付くまでの過程、近親相姦で生まれた子が33歳の誕生日にという設定はなかなか良かったです。変に悪魔とかの存在がCGとかで出てきちゃうとチープな感じがしてしまうのですが、これは悪魔という存在はありますが形が出てこなかったのでそれがまた不気味でよかったかも。

ラストシーンは、これで納得しない人も結構いるんじゃないかなとは思いましたが変にハッピーエンドにするよりかは良かったと思います。
日本人には、宗教的な怖さってチョット伝わりにくいのが残念。。。

ウィノナ・ライダーは、闇を背負ったようなこういった役が似合いますねぇ。やっぱり、キーラ・ナイトレイに似ている。。。神父さんのジョン・ハートもいい味出していました!ベン・チャップリンなどが出ていました。

←読んだらクリックしてね♪

 
Posted at 16:22 /  「ろ」の映画 / この記事のURL
映画館「ロード・オブ・ウォー」 / 2006年01月01日(日)
実際にあった話を映画化したという、武器商人のお話。

悪いことがはびこる世の中、でもそれで儲かる人がいるっていうのも事実。最近話題になっているマンション問題を思い出しちゃいました。スケールは違いますが「人が死のうが生きようが私には関係ありませぇ〜ん!」という姿勢がね、なんだか似ているよねぇ。

麻薬王なんかもそうだけど、一時的に大金を得ていい暮らしが出来たりするんだけど結局、晩年は家族には見放され寂しい老後を迎えるんだよ。こういう人は。

インターポールのジャックとユーリーの会話の「最大のお得意様は、、、」というシーン。このシーン、予告で流して欲しくなかったなぁ。知らなければ「なんですとぉ〜!」って衝撃があったのに。。。

ニコラス・ケイジのズラは高いのを使っているんでしょうねぇ。全然、分かりません!イーサン・ホークも老けましたネェ。妻役のブリジット・モイナハン、ドラマ「SATC」でも凄い美人!って役でしたが私的には??外国人と日本人の好みの差かしら?「コヨーテ・アグリー」のときは確かに素敵だったけどね。ジャレッド・レトイアン・ホルムも出ています!

←読んだらクリックしてね♪

 
Posted at 22:08 /  「ろ」の映画 / この記事のURL
映画館「蝋人形の館」 / 2005年10月31日(月)
題名とパリス・ヒルトンが出ているってだけで、B級ホラーの匂いがプンプンしていたのですが、なかなか面白かったです♪

80年代のホラー界の帝王、ジェイソンやフレディ、ブギーマンなんかを思い出させる感じがとても気に入りました!殺人鬼って大体必ず悲しい幼少期があるんですよねぇ。。。それと、男が殺されるときはあっさりしているに女が殺されるときはジワジワジックリねぇ〜。

ラストのドロドロシーンは圧巻でしたぁ!!

 
Posted at 17:42 /  「ろ」の映画 / この記事のURL
映画館「ロボッツ」 / 2005年08月15日(月)
本当は、字幕版が観たかったのですが吹替え版を観て来ました。コレ系の映画では、字幕、吹替えはそれほどこだわりは無いのですが、今回はユアン・マクレガーハル・ベリーによる声の出演だったので字幕版が観たかったのです。ですが画面に集中できたので吹替え版の方で良かったです。

あまり期待をしないで観にいったのがよかったのか、話のスピード感がとても良かったです。コレ系の映画は、善と悪が見事にはっきり分かれているので観やすいですねぇ。脇に出ているロボット達も、なかなか個性的で良かったです!途中に入る、パロディもそれほど強すぎず面白かったです。ロドニーの声は草g剛さんなのですが、映画を観ているとロドニーが草g君に見えてくるから不思議。なんとなくキャラが似ているんですよねぇ〜!

ただ、難点をいうと動きが早いので目が疲れる。

 
Posted at 14:30 /  「ろ」の映画 / この記事のURL
DVD「ロジャー&ミー」 / 2005年01月26日(水)
「ボーリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」の監督、ロジャー・ムーアの第1作目の作品。自分の生まれ故郷のミシガン州フリントはゼネラル・モーターズ(GM)で栄えた町だったが会長ロジャー・スミスによって工場は閉鎖さされ失業者が溢れ犯罪が増加してしまう。ロジャー・ムーアが映画監督になるきっかけともなった出来事。アポなし取材や徹底した調査など、今と変わらず昔からすごいエネルギー。鋭い突っ込みと行動力には感激です。普通の生活をしている私にとっては、ムーア氏のような全力投球で打ち込む姿が羨ましくもあります。私の生活の中の小さな出来事でも全力投球で頑張ろうと思わせてくれる監督の作品に感謝!

 
Posted at 22:14 /  「ろ」の映画 / この記事のURL
DVD「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」 / 2004年08月22日(日)
前々作、前作は、劇場で観たんだけど、最後の王の帰還だけはDVDでした。アカデミー賞も受賞した今作はとっても期待してみたのですが。。。1、2、は、ドキドキワクワクでとっても楽しかったのですが、この手の冒険ものって絶対にハッピーエンドだし主要人物は絶対に無事だし、途中からワクワク感が無くなってしまいました。観終わった後は、楽しみと期待の喪失感が残った感じがしました。

 
Posted at 00:56 /  「ろ」の映画 / この記事のURL
試写会「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」 / 2003年02月09日(日)
観てきました〜〜!1年間待っての続編!予習をしないで観てしまったので。。。でもでも、とっても良かったです!「第1部は序章でしかなかった。」って書いてあるのが分かる!見ごたえ十分で、3時間の時間があっという間に過ぎた。エルフは本当に美形ぞろいで、エルフだけの映画も作ってほしいくらい〜!ガンダルフ復活も嬉しかったよ〜〜!!早く3部作続けて観たいな〜

 
Posted at 20:24 /  「ろ」の映画 / この記事のURL
試写会「ロード・トゥ・パーディション」 / 2002年09月18日(水)
国際フォーラムで観てきました!
はじめはマフィア映画かなと思っていましたが、これは家族愛映画だな〜〜。出ている俳優人がいいので、引き込まれましたね〜やっぱ、ポール・ニューマンはカッコイイ!トム・ハンクスは、ちょっと太りすぎ?!ジュード・ロウ、出てくるシーンは少ないのに強烈な印象を残しました〜。観ている時は気がつかなかったけど、トム・ハンクスの妻役ジェニファー・ジェイソン・リーだったのね〜〜最近、父親と息子の映画って多い気がする。「海辺の家」とか「父よ」とかね〜

 
Posted at 20:46 /  「ろ」の映画 / この記事のURL
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS

 
Powered by yaplog!