私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«{花} 「る」の映画 | Main | {花} 「ら」の映画»
DVD「猟奇的な彼女」 / 2006年10月17日(火)
強くて暴力的な彼女と付き合う羽目(?)になった青年。。。最初は、彼女の強さと暴力的な態度に観ていて戸惑いを覚えるのですがその裏に隠された悲しい過去を知るたびに強がる女の可愛らしさなんかが見えてきてどんどん魅力的で可愛く思えてしまうから不思議!ラストには、ホンワカした気分にさせてもらえました!

主演のチョン・ジヒョンは、写真で観るとそれほど綺麗だと思わないのですが動いている姿は本当に魅力的な女優さんだといつも思います。

 
Posted at 05:08 /  「り」の映画 / この記事のURL
DVD「隣人13号」 / 2006年02月16日(木)
とにかく小栗旬君が好きなんです♪
いまの若手の俳優の中で一番好きです!!

小学生の頃、虐めにあった十三は自分の中にもう一人の自分を創ってしまう。。。といった、二重人格のお話。多重人格とかもそうらしいですが、幼いころに辛い思いをするとそれを請け負うための人格を作ってしまうことがあるそうな。。。

善の部分を小栗旬、悪の部分を中村獅童が見事に演じております。何よりも、獅童の狂った演技は見もの!ラストなんてゾゾゾォ〜!2人の人格は、意識世界の中では廃墟のような建物の中にいます。この建物から出たものの人格が表に出ているようです。
「24人のビリー・ミリガン」では、サークルの周りにそれぞれの人格がいてサークルの中心にいるものが表に出るといった感じだったのを思い出しました。

虐めた人物への復讐劇かと思いきや、ラストでやや難解に。。。
これは、少年が思っていただけの出来事だったのか??

とにかく、子供のころに酷いいじめをしたヤツが大人になって幸せになっているなんてのは許せん!と思ってしまいました。。。

←読んだらクリックしてね♪

 
Posted at 22:53 /  「り」の映画 / この記事のURL
DVD「霊 リョン」 / 2006年02月16日(木)
ホラーって、アジアのほうが怖いと思うけど出てくる霊がだいたいストレートのロングヘアーで貞子っぽいんだよねぇ。。。あと、子供を出してくるところもみんな一緒。。。

日本のホラーに慣れてしまって怖さを感じなくなってしまった今、怖さは韓国映画に求めるようになりました。でも、この作品はあまり怖くなかった。貞子とキャラかぶっているからかなぁ。元々、私自身がロングヘアーなので夜中にトイレ行くときに鏡に映る自分の姿が貞子ちっくだからねぇ。。。

記憶喪失の主人公。高校生のときに仲の良かった友達が次々と謎の死を遂げ、自分の周りでも霊がチラホラ。記憶を取り戻すと共に霊の存在が明らかになっていきます。かなりベタなストーリーだと思いきやいきなりラストで難解に。

このラストは、私的にはなんだかスッキリしなくて嫌だなぁ。
これじゃ、死んだものとしては報われないじゃないかぁ〜〜!

主人公演じるキム・ハヌルは、なにげに青木さやかに似ています。彼氏(?)役のリュ・ジンは、なにげにヨン様っぽかったです。

←読んだらクリックしてね♪

 
Posted at 17:50 /  「り」の映画 / この記事のURL
DVD「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 / 2006年01月21日(土)
実話を元にして作られた作品です。

セールスマンをしている主人公だけど、お客さんに嘘をつきたくないという考えから当然ボスとはうまくいかない。セールスマンの「嘘」っていっても、原価と売値の違いだったりするからねぇ。。。それじゃ、仕事にならないよぉ。。。そして、当然のごとく家庭生活もうまくいかなくなりストーカーっぽくなっていく主人公。現実にこんな人いそうでチョット怖かった。

作風は違いますが、デ・ニーロの「タクシー・ドラバー」を思い出しました。

主人公を演じるショーン・ペン、だんだんと精神的に追い詰められていく様がやっぱり上手いですねぇ〜。妻役にはナオミ・ワッツドン・チードルジャック・トンプソンマイケル・ウインコットなどが出ています。

←読んだらクリックしてね♪

 
Posted at 15:43 /  「り」の映画 / この記事のURL
映画館「輪廻」 / 2006年01月12日(木)
最近、ホラーって見慣れちゃって怖く感じなくなってしまったのですがコレはなかなか良かったです!!
なるべくネタバレしないように書きますが、まだ観ていない、これから観るという方は念のため読まない方がいいかもです。

輪廻転生、生まれ変わりって私は信じないし、まったく興味もないのでそのてんではあまり怖く感じなかったのです。だって、生き物が生まれ変わるんだったらその前、その前、その前のことだって覚えていなくちゃねぇ〜。ま、今回の作品はそれに加え、アジアホラー十八番の恨みの念があるのでオドロオドロしい部分もあったのでゆるそう。

私が想像していたストーリーよりも、はるかに良かったです!
ラストの展開は、かなり良かったです!
それにしても、生まれ変わりの人たちはそれぞれの元自分に取り付かれちゃってチョット可哀想。。。あの後、どうなったんだろう??前の人が何していたのかなんて、いまの自分にはハッキリ言って関係ないですよねぇ。輪廻転生論を信じている人には怒られそうですが。。。

最後、やっぱり死んだ人間よりも生きている人間の方が残酷で怖いなぉ〜って思いました。それと、あの人形はやっぱり怖いね。今度、チャッキーと共演してくれないかなぁ。

優香、迫真の演技でよかったよ!
でも、一番嬉しかったのは小栗旬が出ていたこと♪どーでもいいような役だったけどねぇ〜。好きなんだよねぇ〜!小栗君♪

←読んだらクリックしてね♪

 
Posted at 17:38 /  「り」の映画 / この記事のURL
DVD「リジー・マグワイア・ムービー」 / 2005年10月04日(火)
TVシリーズの「リジー&Lizzie」の映画版。
TVシリーズは、見たことがないのですがヒラリー・ダフが観たくて観てしまいました!

ディズニー映画なので、チョットお子様っぽさもありましたがそれなりに楽しめました。絶対にありえないようなシンデレラストーリーで、ありきたりの展開ですが。ローマの観光スポットも楽しめました!ヒラリーの歌も良かったです!

TVシリーズを観ていて、ヒラリーの成長を見届けている人にはたまらない映画でしょうネェ!

 
Posted at 21:46 /  「り」の映画 / この記事のURL
DVD「リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い」 / 2005年03月06日(日)
ネモ船長、ヴァンパイア、透明人間、トム・ソーヤ、ジキルとハイドなどの名作の主人公たち7人が集まって悪と戦う物語。なんとなく、趣向が「ヴァン・ヘルシング」とチョット似ている感じ。それぞれのキャラクターが個性的で面白かった♪

特に、ジキルとハイドをやったジェイソン・フレミングが!この人、イギリス人俳優なのですがガイ・リッチー監督作品に出ていつもいい味出しています!もし、他の俳優さんがジキルとハイドをやったらこんなにもインパクトが出なかっただろうなと思いましたぁ〜!!

 
Posted at 15:13 /  「り」の映画 / この記事のURL
「リディック」 / 2005年01月06日(木)
「マッハ!」を観た後に観てしまったので、、、CGが凄いんだけど、それが仇になってしまったような、、、ストーリーもなんだ解り難くて。。。ヴィン・ディーゼルがカッコよかったけど。

 
Posted at 18:08 /  「り」の映画 / この記事のURL
DVD「リターナー」 / 2004年07月26日(月)
金城武が好きなので、劇場で見ようと思っていた作品。
前々から、友達に言われていたように「ターミネータ」「マトリックス」「E.T.」「レオン」をミックスしたような内容で、漫画ちっく。面白くないわけではないけれど、、、
最後のオチは良かったけどね。。。

 
Posted at 01:07 /  「り」の映画 / この記事のURL
映画館「略奪者」 / 2003年06月19日(木)
これまた招待券が当たったので見てきました。ジャン・ユーグ・アングラードが好きなので、楽しめました!話は、砂漠をひたすら走る逃亡トラック。警察が来たり、強盗で奪った砂金を奪おうとするヤツが来たりといろいろあるのですが、基本的にはひたすら走るトラック。。。乗り物酔いにすぐなる私にはチョット辛い映画でした。ジャンさんは、ナイーブな役か今回のようなキレちゃった役がとっても良いと思います。若い頃はナイーブ役が素敵だったけど、最近はキレ役が光ってますね!!

 
Posted at 15:07 /  「り」の映画 / この記事のURL
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS

 
Powered by yaplog!