私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«{雷} 「よ」の映画 | Main | {雷} 「や」の映画»
DVD「夢のチョコレート工場」 / 2005年09月14日(水)
現在公開中の「チャーリーとチョコレート工場」のリメイク元の作品。1971年の映画です。

この映画を観ると、ティム・バートン監督がリメイク元のこの映画を元々スッゴク好きでかなり忠実に作っているなぁ〜と感じました。もちろん、時代が違うのでチャッチイところも沢山ありますが、このチャチさが良かったりもしますね。バートン監督の作品では、主人公の少年チャーリーが住んでいる町さえもファンタジーの要素がたっぷりの感じでした。「シザーハンズ」もそうでしたよねぇ。それに比べて、この作品ではチョコレートに執着する人々やチョット変な教師以外はなんとなくありそうな町って感じでした。、両方ともチョコレートを製造しているシーンから始まるのですがバートン監督のほうのオープニングシーンは「シザーハンズ」に出てきた製造過程に似ていますね。

バートン監督作のほうで歌を歌うのはウンパ・ルンパだけですが、この作品では結構いろんな人が歌うのでミュージカルっぽいです。ウンパ・ルンパの歌のレパートリーが少ないのでチョット残念。それと、ウンパ・ルンパの見た目が違いました。この作品では、オレンジの顔、緑の髪、白い眉毛でした!

バートン監督作は、シュールですねぇ。この映画にバートン監督の独特の世界観をプラスしたのが今の「チャーリーとチョコレート工場」(そのまんまですが)ですね。

この作品を観てから、リメイク作を観た人の感想を聞きたいです。

 
Posted at 19:11 /  「ゆ」の映画 / この記事のURL
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS

 
Powered by yaplog!