私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«{雷} 「や」の映画 | Main | {買物} 「め」の映画»
映画館「燃ゆるとき」 / 2006年02月15日(水)
インスタントラーメン、カップラーメン大好きな私としては、外せない作品!予告を見たときから「プロジェクトX」っぽいと思っていました。

アメリカなどでは、日本や韓国などのアジアに比べるとラーメンってそんなに食べないんだろうなぁ。きっと、それならファーストフードとかピザとかね。

話はベタだったけどテンポもよく、成功までのサクセスストーリーの部分と成功した後のエピソードなどもありなかなか楽しめました。ちょっとトボケタ感じの創業者の社長役津川雅彦、現地法人の社長役鹿賀丈史がすっごくいい味出していました!

何よりも、工場でカップラーメンが出来ていく様子を見ることができてなんだか嬉しかった♪あ〜〜、レモン&チキンのカップラーメンが食べたくなってきたぁ〜!

←読んだらクリックしてね♪

 
Posted at 22:03 /  「も」の映画 / この記事のURL
DVD「モータサイクル・ダイアリーズ」 / 2005年06月06日(月)
キューバ革命の指導者、エルネスト・チェ・ゲバラの若き頃の物語。実際に本人の日記が原作として使われているらしいです。

医学生だった頃のゲバラが、南米大陸を旅をし過酷な現実を知り最後には人格が変わってしまうほど。医学生だったゲバラがこの旅を通して、革命家に変貌していく過程をチラッと見れた感じがします。革命家になるまでのストーリーはないのですが、映画が終わるところからが革命家になっていくことへ続くんだろうということが分かります。

私も、以前オーストラリアを4ヵ月半かけて1人で1周しました。ゲバラの旅をした南米とは雲泥の差がありますが、旅の中での苦労などは「あんなことあったなぁ〜」などと思い出させるシーンもいくつかありました。そして、私もこの旅を終えたときには自分でも分かるほど自分が変わったと思いました。旅は自分探しのたびでもあるんだなと思います。(観光旅行は別ね!)

ゲバラを演じたガエル・ガルシア・ベルナル、良かったです。繊細な演技が素敵でした!

 
Posted at 15:37 /  「も」の映画 / この記事のURL
映画館「モーヴァン」 / 2003年03月27日(木)
彼氏がクリスマスの朝に、小説とミュージックテープを残して自殺。最初は、悲しい映画なのかなと思ったら。。。全く予想外れていました。モーヴァンは、彼の書いた小説を自分が書いたことにして出版社に売り込んじゃうの。その事によって、モーヴァンの人生感がドンドン変わっていく。友達の女の子が「楽しければいいじゃん」的な子で、モーヴァンと対照的だったのが印象的でした。

 
Posted at 20:17 /  「も」の映画 / この記事のURL
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS

 
Powered by yaplog!