私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 映画祭「ザ・リング」 | Main | 映画館「インソムニア」 »
映画祭「K-19」 / 2002年10月27日(日)
ついにやってきた、映画の祭典!東京国際映画祭でっす!!ハリソン・フォードが舞台挨拶予定だったのに、中止。。。監督のキャスリン・ビグロー、新人君のピーター・サースガード、クリスチャン・カマルゴの舞台挨拶でした。映画は、かなり良かったと思います。が、、、ソ連の潜水艦のお話なんだけど、ソ連人役なのにみんな英語。。。これが、映画始まってから終わるまで違和感がありすぎ!外国映画に出てくる日本人と同じくらいの違和感です。「スターリングラード」見たときも思ったんだけど、他の国の話を題材にハリウッドで映画化するのって、ちょっと。。。外国人がチャンバラやっているようなもんだと思うのは私だけかしら。。。狭い潜水艦の中で、でっかいリーアム・ニーソンが窮屈そうでした。。。撮影のあと、腰痛にならなかったかな〜〜??狭いところ苦手、泳げない、船酔いする私は絶対に潜水艦は乗れないだろうと思いました。。。

Posted at 20:37 /  「け」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/eigahiromi/archive/86
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!