私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« DVD「ファニーゲーム」 | Main | TV「東京タワー」 »
DVD「親指トムの奇妙な冒険」 / 2006年04月17日(月)
カメラマンとして「ウォレスとグルミット」のアードマン・スタジオでも働いていたデイヴ・ボースウィック唯一の長編作品。親指ほどの大きさの子供・トムが、グロテスクな機械や昆虫群の蠢くダーク・シティを駆け巡る。元ネタ童話「親指トム」。

イギリスの作品ですが、雰囲気的にはチェコアニメに近いですねぇ。
まず、トムがキモイ。おじさん化したオバサンのような顔に細っこい体。でも、観ているうちにキモ可愛く思えてもきます。そして、出てくる画像は子供が見たら夢に出てきて眠れなくなりそうなものもありますので子供とは一緒に観ない方がいいと思います。印象に残っているのは、十字架にはりつけられているサンタクロース、蛾を持ってクルクル回る手首、鼻と口だけの顔の皮など。なんともいえないシュールな世界観です。チェコアニメと違っているところは、チョッピリ悲しいストーリー。映像はグロテスクなのになんだかトムが可哀想になってしまいました。

クレイアニメの部分とストップモーションで撮られた実写の部分が上手く組み合わさっています。

特典映像として異色のメキシコのクレイ・アニメ「ノーブラ」も収録されていました。

94年 英アカデミー賞最優秀短編映画賞受賞
世界各国の映画祭で数々の栄冠を手にした。

←読んだらクリックしてね!

Posted at 06:04 /  「お」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/eigahiromi/archive/500
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!