私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« TV「ヒューマンネイチュア」 | Main | 映画館「PROMISE/無極」 »
DVD「マラソン」 / 2006年02月13日(月)
自閉症を扱った実際にいた人物を元に作られた作品。障害者を扱った作品は、実はあまり好きではないです。過剰演出になりすぎてしまっている作品が多いと思ってしまうのです。でも、この作品は日常の些細な出来事などを描いている面ではとても良かったです。

自閉症の子が身近にいたことがあるので、その大変さはなんとなくですが分かるような気がしています。もちろん、当事者としての大変さはわかりませんが。一言で自閉症といっても、個々に症状も違うでしょうしこの作品だけを観て自閉症ってこうなんだぁ〜とは思えませんが、その家族の苦労、苦悩は少なからずとも同じものはあるのでは。。。

障害の子供にかかりっきりになるあまりに弟が寂しい思いをしたり、逃げ腰になってしまう旦那がいたり、母親は胃炎になってしまったり、、、天真爛漫に見える自閉症の子は、実は母に小さいころに迷子にさせられたと言うことを覚えていたり、家族それぞれがそれぞれの苦しみを抱えてしまうのには本当に切なくなりました。

俳優さんたちの演技もそれぞれとても良かったです♪
泣かせよう、泣かせようという感じではなく爽やかな感動を与えてくれる作品でした!

←読んだらクリックしてね♪

Posted at 21:56 /  「ま」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/eigahiromi/archive/447
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!