私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« DVD「人食い人魚伝説」 | Main | WOWOW「ブルドッグ」 »
「キャット・ウーマン」 / 2005年01月17日(月)
アメコミだ好きの私は、当然「バットマン」シリーズはすべて鑑賞済み。この映画は「バットマン」の中の悪役キャラクターキャットウーマンを映画化したものです。ハル・ベリーのキャットウーマンはとってもカッコよくてセクシーで良かったのですが「バットマン リターンズ」でのキャットウーマンと解釈が違うので少し戸惑いました。この映画は「バットマン」とは別物としてみなければいけないですね。

「バットマン リターンズ」でミシェル・ファイファーが演じたキャットウーマンは、もっと心に傷を負い孤独感や悔しさ、恨みなどを秘めた感がありました。そして、キャットウーマンになる前の野暮ッたい女からキャットウーマンに変わってからの素晴らしさは、ファイファーの方の勝ちかな。だって、ハル・ベリーってキャットウーマンになる前から綺麗なんだもん。。。「X-MEN」のストーム役は、ぴったりだったけどね。

Posted at 15:50 /  「き」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/eigahiromi/archive/133
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!