【上映会】7/19,20,21映画で世界一周!〜スウェーデン編「アストリッド・リンドグレーン特集」

2014年06月23日(月) 16時42分
親子映画会
映画で世界一周!〜スウェーデン編
アストリッド・リンドグレーン特集


■1,はじめに

ちいさなひとのえいががっこうでは映画を通して、その国の文化や社会を知る「映画で世界一周!」シリーズを2013年度より始めました。
2年目に入り、8カ国目となる今回はスウェーデンを取り上げます。
バルト海に面する北欧のスウェーデンは、ABBAやカーディガンズなどの音楽や、映画分野でもイングマール・ベルイマン監督、グレタ・ガルボ、イングリッド・バーグマンなどの女優は日本でもよく知られています。また、ノーベル賞は世界でもっとも有名な賞といえるでしょう。

夏休みの特別企画として、世界的な児童文学作家アストリッド・リンドグレーン原作の映画を中心に、3日間にわたる上映会を開催します。映画を通して、スウェーデンについて学んでみましょう。
上映会では、映画鑑賞とあわせて、スウェーデン大使館のアダム・ベイェさんを特別講師にお迎えして、スウェーデンの日常や芸術文化についてお話をしていただきます。

世界一強い女の子ピッピの活躍が痛快な「長くつしたのピッピ」シリーズ4作品の一挙上映や、この機会でしか観ることのできない、ビデオ化されていない貴重な作品や、劇場未公開作品も上映されます。また、この夏には「私たちの島で」を原作とする『なまいきチョルベンと水夫さん』が日本でも劇場公開されますが、その続編にあたる『小さなスクローラン』も特別上映します。

子どもたちにとっては、リンドグレーンの世界に映画を通して触れることで、原作本にも興味を持ってもらい、映画と本を比べることによって違った楽しみを味わい、夏休みの読書感想文に楽しみながら取りかかる、ひとつのきっかけとなることを期待しています。期間中には、自由研究にも役立つ視覚おもちゃ(絵が動いて見える仕組みを知るおもちゃ)の簡単な工作体験ワークショップも開催します。

子どもたちはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。
入場は無料。
ぜひ、お友達とお誘い合わせの上、ご来場ください。

■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
助成:独立行政法人国立青少年教育振興機構(子どもゆめ基金)
後援:杉並区教育委員会
協力:特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会
作品提供:都立多摩図書館

日時: 2014年7月19日(土)10:30〜19:00
   20日(日)および21日(月・祝)10:30〜15:30
  *各日、入退場自由

会場:杉並区立中央図書館 視聴覚ホール(杉並区荻窪3-40-23)
    →JR中央線、地下鉄丸ノ内線「荻窪」駅南口から徒歩10分
   地図はこちら

料金:無料
定員:50名(先着順)

お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp
  *大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。

■ 3,上映スケジュール

◎7月19日(土)
 10:30 『ピッピの新しい冒険』
 13:00 『長くつ下のピッピ』
 14:30 工作ワークショップ(1)(60分)
 15:30 『ピッピ船にのる』
 17:30 『ピッピの宝島』

◎7月20日(日)
 10:30 『いたずら天使ミッシェル』
 13:00 『小さなスクローラン』
 14:30 工作ワークショップ(2)(60分)

◎7月21日(月・祝)
 10:30 『小さなスクローラン』
 13:00 『小さなバイキングビッケ』
 14:30 トークイベント(60分)
       特別講師アダム・ベイェさん

*各日、入退場自由。

↓上映作品の詳細、講師プロフィールはこちら
最新コメント