【上映会】7/29映画で世界一周!チベット編『草原の河』

2018年06月10日(日) 21時40分



親子映画会
映画で世界一周!〜チベット編
『草原の河』


©GARUDA FILM
■1,はじめに

映画を通して、その国や地域の文化や社会を知る「映画で世界一周!」シリーズ。
今回は初めてチベットを取り上げます。中国やインドなどに囲まれ、世界最大級のチベット高原とヒマラヤ山脈を有しているチベット。チベット仏教や民族の文化は世界中の関心を集め、海外が製作する映画の舞台にもなっています。
今回はチベット人のソンタルジャ監督『草原の河』を上映します。上映会では日本に在住のチベット人のロディ・ギャツォさんを特別講師にお迎えして、映画の中に描かれているチベットの日常や子どもたちの生活についてお話をしていただきます。

子どもたちはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。
入場は無料。
ぜひ、お友達と一緒にご来場ください。

©GARUDA FILM
■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
後援:杉並区教育委員会
助成:子どもゆめ基金
作品提供:ムヴィオラ

日時: 2018年7月29日(日) 14:00-16:30
会場:杉並区立中央図書館 視聴覚ホール(杉並区荻窪3-40-23)
    →JR中央線、地下鉄丸ノ内線「荻窪」駅南口から徒歩10分
   地図はこちら

定員:50名(入場無料・当日会場への先着順)
対象:小学高学年〜高校生とその保護者
  (幼児でも参加できますが、日本語字幕で上映します)

お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp

*大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。

©GARUDA FILM
■3,上映スケジュール

【14:00 開始】

  14:00 映画の前のお話
  14:05 上映会 開始
        『草原の河』上映(98分)
  15:43 休憩
  15:50 チベットについてのお話(30分)
  16:20 上映会終了、おわりのあいさつ

【16:30 終了予定】

■4,上映作品の解説

『草原の河』
(2015年/98分/Blu-ray/カラー/日本語字幕
©GARUDA FILM
海抜3,000メートルを超えるチベット高原の厳しい自然の中で、牧畜と農業で暮らす家族。
母親が新しい命を授かったことを知り、生まれてくる赤ちゃんに母親を取られてしまうのではないかと不安になっているひとり娘。村人たちと接することなく暮らしている父のグルは、かつて家を出て僧侶になった祖父から十分な愛情を与えられなかったという思いが強く、自分の父親をいまも許せないでいた。家族三代の心を、チベットの雄大な自然が包み込んでいる。撮影当時の6歳だった娘役のヤンチェン・ラモは、上海国際映画祭で新人賞と最優秀女優賞を受賞した。名コンビの子羊ジャチャとの共演も見どころ。

監督・脚本:ソンタルジャ
出演:ヤンチェン・ラモ、ルンゼン・ドルマ、グル・ツェテン

※日本語字幕(吹き替えではありません)のため、小学校4年生以上のお子様にお勧めしますが、未就学児童のお子様も参加を歓迎いたします。

◎チベットについて勉強しよう!

・チベットって、どんなところ?
 …気候、動物、どんなひとが住んでるのかな。有名な食べ物、飲み物、スポーツは?
・チベット語であいさつ
 …チベット語で「こんにちは」「ありがとう」は、どう言うの?簡単なあいさつを覚えて使ってみましょう!
・その他、チベットという地域について、映画を通して楽しく勉強してみましょう!

★★★ 講師プロフィール ★★★

ロディ・ギャツォ。
東チベット出身。2007 年に来日後、日本の中学・高校で学び、 2016 年東洋大学卒業。
映画『ラサ への歩き方』、『オロ』、『ケサル大王』、『ラモツォ の亡命ノート』など多くのチベット映画を翻訳。チベットの映画『ぼくの村は天空にある』の製作者。
各地でのチベット文化紹介の講演などで活躍中。

©GARUDA FILM

『草原の河』予告編はこちら

【上映会】5/20映画で世界一周!イラン編『少年と砂漠のカフェ』

2018年04月30日(月) 12時11分


親子映画会
映画で世界一周!〜イラン編

『少年と砂漠のカフェ』



■1,はじめに

映画を通して、その国や地域の文化や社会を知る「映画で世界一周!」シリーズ。
今回は2回目の訪問となるイランを取り上げます。古代からの歴史を有し、ペルシアとも呼ばれ、現在ではイスラム国家となっているイランは、児童映画の名作が多いことでも知られています。
今回はイランのアボルファズル・ジャリリ監督『少年と砂漠のカフェ』を上映します。上映会では日本に在住のイラン人通訳者で映画プロデューサーのショーレ・ゴルパリアンさんを特別講師にお迎えして、映画の中に描かれているイランの日常や、『少年と砂漠のカフェ』の製作現場の裏側についてお話をしていただきます。

子どもたちはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。
入場は無料。
ぜひ、お友達と一緒にご来場ください。

■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
後援:杉並区教育委員会
助成:子どもゆめ基金
作品提供:オフィス北野、ビターズ・エンド

日時: 2018年5月20日(日) 14:00-16:30
会場:杉並区立中央図書館 視聴覚ホール (杉並区荻窪3-40-23)
    →JR中央線、地下鉄丸ノ内線「荻窪」駅南口から徒歩10分
   地図はこちら

定員:50名(入場無料・先着順)
対象:小学生〜高校生とその保護者
   (幼児でも参加できますが、日本語字幕で上映します)

お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp
  *大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。


■3,上映スケジュール

【14:00 開始】

  14:00 映画の前のお話
  14:05 上映会 開始
        『少年と砂漠のカフェ』上映(96分)
  15:41 休憩
  15:50 イランについてのお話(30分)
  16:20 上映会終了、おわりのあいさつ

【16:30 終了予定】

■4,上映作品の解説

『少年と砂漠のカフェ』
(2001年/96分/DVD/カラー/日本語字幕

14歳の少年キャインは、アフガニスタンとの国境に近いイランの小さな町、デルバランにやってきました。アフガニスタンでの戦争から逃げてきたのです。キャインはハンとハレーという老夫婦が開くカフェに住み始め、草むしりや水汲み、買い物やカフェの仕事など一生懸命働いて、本当の息子のように二人から可愛がられました。ある日、カフェにやってきたおまわりさんに、キャインがアフガニスタン人であることがバレて逮捕されてしまいます。怒ったハンの活躍により、キャインは釈放されました。やがて、新しい道路ができるという噂が聞こえてきました。このままではカフェのお客さんが減ってしまいます。困ったハンは街へ出かけますが・・。

監督:アボルファズル・ジャリリ
出演:キャイン・アリザデ、ラハマトラー・エブラヒミ、ホセイン・ハシェミアン
※日本語字幕(吹き替えではありません)のため、小学校4年生以上のお子様にお勧めしますが、未就学児童のお子様も参加を歓迎いたします。

◎イランについて勉強しよう!

・イランって、どんなところ?
…気候、動物、どんなひとが住んでるのかな。有名な食べ物、飲み物、スポーツは?
・ペルシャ語であいさつ
 …ペルシャ語で「こんにちは」「ありがとう」は、どう言うの?簡単なあいさつを覚えて使ってみましょう!
その他、イランという国について、映画を通して楽しく勉強してみましょう!

★★★ 講師プロフィール ★★★


ショーレ・ゴルパリアン。
Shohreh Golparian。
イラン西部のハマダン生まれ。
アッザーラ大学英語・仏語翻訳学科を卒業。イランの日本商社勤務を経て、'79年渡日。
貿易会社やイラン大使館の秘書を務めたあと、'91年よりフリーランスでペルシャ語の通訳・翻訳家として活躍。イラン映画や中近東映画の紹介に努めている。
映画製作も手がけ、主な作品は『アフガン零年』『CUT』など。

【報告】3/24映画で世界一周!カザフスタン編

2018年03月31日(土) 19時28分
(報告:オカザキ)

今年度最後の上映会は3/24(土)に映画で世界一周!カザフスタン編として開催しました。当日は親子合わせて14人の参加がありました。ぎりぎりまで、カザフスタン大使館にご協力をいただきながら、講師を務めてくださるカザフスタン人を探していたのですが、残念ながらみなさんご都合がつかず、講師なしでの上映会となりました。


上映したのは中編実写の劇映画と、短編アニメ。
『草原の子テングリ』は、ジブリなど多くの有名な作品で作画監督として大活躍されている大塚康生さんが演出した短編です。他にも著名なアニメーターたちが多数参加しているとあって、さすがにクオリティの高い珍しい作品でした。テングリや、友情をはぐくむ牛たちのダイナミックなアクションも見どころですが、中央アジアの人々にとって、牛や馬といった存在が家族と同等以上に強いきずなで結ばれていて、牧畜が生活に必要だということが強く感じられました。


『草原のわんぱくそうどう』は、久しぶりの16mmフィルムでの映写でした。やや褪色はあるものの、大草原に馬が駆け、子どもたちが走り回る画面を目にするのは気持ちのいい体験でした。原題はショックとシェル。友情を育む、馬と少年の名前です。実は、この上映会のあとにFacebookを見たカザフスタンの映画人の方々が情報をシェアしてくださって、この映画の監督の娘さんからもコメントをいただきました。こんなところで、日本とカザフスタンがつながって、とても嬉しい瞬間でした。


上映会のあとには、色画用紙やカラーペン、シールなどをふんだんに使って、見たばかりの映画の世界を表現してみました。折り紙で折った牛や馬も活躍し、子どもたちの個性が強く現れた作品がたくさんできました。



参加された方からのアンケートの声をご紹介します。

毎回楽しみにしております。開催の前にその国について事典で調べたり、本を読んだり、娘と知識を深めるのが楽しい日課になっています。ぜひ継続していただきたいイベントです。
-----
毎回、いろいろな国の映画やアニメを見せていただき、いつも楽しませてもらっております。貴重なフィルム映画、これからも続いてほしいです。
-----
いつも楽しみにしています。今回はその国の人がいらっしゃりませんでしたが、毎回その国の文化や言語を知るのが楽しみです。映画も普通では見れないもので興味深いです。特にカザフスタンはあまりよく知らない国なので、興味がありました。もう少し文化や暮らしを知りたかったです。映画音楽に口琴が使われているのが遊牧民を表していてよかったです。
-----
最後はショックが戻ってきて感動しました。また来たいです。(子どもの感想)
-----

【上映会】3/24映画で世界一周!カザフスタン編『草原のわんぱくそうどう』

2018年03月14日(水) 11時59分
カザフスタン人ゲストのご都合がつかなかったため、トークは中止となりました。代わりに折り紙を使って、草原に馬と牛を駆けさせます。

親子映画会
映画で世界一周!〜カザフスタン編
『草原のわんぱくそうどう』



■1,はじめに

映画を通して、その国や地域の文化や社会を知る「映画で世界一周!」シリーズ。
今回はカザフスタンを取り上げます。旧ソビエト連邦から独立したカザフスタン共和国は、中央アジアに大きく広がる国土を持ちます。遊牧民の文化でなじみがあり、日本人にも似た顔つきに懐かしさを感じるかもしれません。あるいはロケットの打ち上げなどでバイコヌール宇宙基地の名を耳にしたことがある人もいるでしょう。
今回は草原を舞台に、カザフの人の心とも言える馬と子どもの交流を描いた児童映画『草原のわんぱくそうどう』を上映します。また、中央アジアを舞台に遊牧民の生活を、日本が誇るアニメーターたちが描いた『草原の子テングリ』も上映します。
また折り紙を使ったワークショップも実施します。

子どもたちはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。
入場は無料。
ぜひ、お友達と一緒にご来場ください。


■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
後援:杉並区教育委員会
助成:子どもゆめ基金
協力:特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会
プリント提供:杉並区立図書館

日時: 2018年3月24日(土) 14:00-16:10
会場:杉並区立中央図書館 視聴覚ホール (杉並区荻窪3-40-23)
    →JR中央線、地下鉄丸ノ内線「荻窪」駅南口から徒歩10分
   地図はこちら

定員:50名(入場無料・先着順)
対象:幼児〜中学生とその保護者

お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp
  *大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。


■ 3,上映スケジュール

【14:00 開始】

  14:00 映画の前のお話
  14:05 上映会 開始
        『草原の子テングリ』上映(21分)
  14:26 16mm掛け替え、休憩

  14:30 『草原のわんぱくそうどう』上映(52分)
  15:22 休憩

  15:30 折り紙ワークショップ
        草原に馬と牛を駆けさせよう!
  16:00 上映会終了、おわりのあいさつ

【16:10 終了予定】

■4,上映作品の解説


『草原のわんぱくそうどう』
(1976年/51分/16mm/カラー/日本語吹き替え)
カザフスタン共和国に広がる美しい草原。少年シエルの家に子馬が生まれ、ショックと名付けられました。一年後、立派に育ったショックに乗って村の子ども競馬大会に出たシエルは、落馬してケガをしてしまいました。そしてシエルが入院している間に、お兄さんがショックを売ってしまいました。やがて退院したシエルは街へショックを探しに行くために、トラックの荷台にもぐり込みました…。
カザフの遊牧民族の家や衣服など伝統的な生活が写り、レースやショックを取り戻す場面のアクションは大迫力です。

『草原の子テングリ』
(1977年/21分/16mm/カラー/日本語吹き替え)
遠い昔、中央アジアの草原で少年テングリは、子牛のタルタルと兄弟のように暮らしていました。ある冬、食べ物のなくなった村で、村人たちがタルタルを殺して食べようと相談します。それを聞いたテングリは、吹雪の中、タルタルをこっそり逃がします。数年後、旅のお坊さんが“黄金の角”を持つ牛の話をし、村人たちはを牛を捕まえようと出発します。成長したテングリは、タルタルと再会しますが…。
『ルパン三世』『パンダコパンダ』『未来少年コナン』『じゃりン子チエ』などの作画監督を手掛けた大塚康生の初演出作品。原案は手塚治虫、原画にも宮崎駿や近藤喜文、小田部羊一といった日本のアニメーション界の才能が結集しました。キャラクターの愛らしさとダイナミックな動きが光る傑作短編です。

演出・作画監督:大塚康生/原案:手塚治虫/音楽:間宮芳生
声の出演:山内雅人、桂玲子、太田淑子、雨森雅司、市原悦子(ナレーション)

◎ 折り紙ワークショップ

・折り紙を使って馬と牛を作ります。色画用紙の草原に、たくさんの馬と牛を駆けさせましょう!

【報告】2/17映画で世界一周!スイス編

2018年02月28日(水) 19時08分
(報告:オカザキ)

2/17(土)、杉並区立高井戸図書館にて映画で世界一周!スイス編を開催しました。
アニメなどでおなじみの「ハイジ」の実写化ということで、定員を上回るお申し込みをいただき、満員となりました。
スイスの雄大な自然を舞台に、笑顔あふれるハイジやクララ、ペーターらの子役の演技と、アルムおんじにしか見えないブルーノ・ガンツの名演で、参加者の親子も映画の世界に引き込まれていました。


上映後には、スイスから留学中で現在スイス大使館でインターンシップとして働いているロレダナ・ファビエンヌさんのトークがありました。
ファビエンヌさんがあいさつする前に「スイスでは4つの言葉が話されていますが、私が育った場所はドイツ語だったので…」と話したところで、会場の子どもから「グーテンターク!」とドイツ語でのあいさつが飛び出て、会場はどよめきました。ファビエンヌさんは「よくドイツ語を知ってますね。確かにドイツ語で「こんにちは」はグーテンターク。でも、私たちはスイス・ドイツ語を話すので、「こんにちは」はグリッチといいます」と、教えてくれました。


大阪で1年間にわたり勉強して、東京に来てからはまだ1ヶ月ほどというファビエンヌさん。事前に作ってくれたパワーポイントのスライドショーを見ながらお話してくれました。
「スイスはヨーロッパの真ん中にある小さな国です。九州と同じくらいの大きさに、東京都と同じくらいの人口が住んでいます」
「スイスでは4つの言葉、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語が使われています。テレビでもチャンネルを変えると、いろいろな言葉が聞こえてきます」。


学校の始まるのは朝8時半頃。お昼ご飯は給食ではなく、それぞれの家に帰って食事をしてから、また学校に戻っていたそうです。そして宿題は少なく、夏休みや冬休みも宿題がなかったそうです。これを聞いて、子どもたちはみんなうらやましそう。休み時間にはサッカーやかくれんぼをしていたそうです。

続いてスイスの食べ物についてお話が移ります。「スイスで有名な料理はなんでしょう?映画の中で何を食べていましたか?」という質問に「チーズとかミルクとか」と答える子どもたち。「実はスイスには450種類以上のチーズがあるんです」と聞いて、みんなびっくり。チーズフォンデュとラクレットは有名ですね。映画の中でも、アルムおんじが美味しそうなチーズを火であぶっていました。


他にもスイスには美味しい食べ物が…とファビエンヌさんがチョコレートの写真を見せた途端に、会場の親子みんなが「おいしそう」とどよめきました。「チョコレート好きな人?」という質問には子どもたちみんな(と大人も)手を挙げていました。スイスのおいしいチョコレートをたくさん食べたいですね。ファビエンヌさんによると、日本人が年間に食べるチョコレートは平均で約2kgですが、スイス人はなんと約10kgも食べるそうです!


ここで、子どもたちからの質問タイム。「どうやったら4つも言葉を話せるようになるんですか?」「家族が使う言葉のほかに、学校では英語と、もうひとつスイスの言葉を勉強しなければなりません。私の場合は家族はドイツ語を使っていたので、学校では英語とフランス語を勉強しました」とのこと。やっぱり勉強をしないと言葉は話せません。

ファビエンヌさんは、首都であるベルンの近くの街に生まれ育ったそうですが、ちょうどドイツ語圏とフランス語圏の境目あたりなので、どちらの言葉もよく聞こえてきたそうです。また、スイスは飛行機で日本から約11時間もかかる、遠く離れた国です。


「スイスで知っていることありますか?」と聞くと、子どもが「山がある」と答えます。ファビエンヌさんによると、スイスは山が多く、有名なアルプスの他にもずっと山や丘が続くそうです。ただ、海はなく、そのかわりに川や湖が多く、自然はきれいなのでハイキングや森の中で遊ぶそうです。スイスでいちばん高い山は?という質問には「4,478mのマッターホルンです」富士山より高いですね。スイスにも春夏秋冬はありますが、夏は日本よりも暑くないので過ごしやすいとのこと。


最後にスイス・ドイツ語を教えてもらいます。
「こんにちは」は「グリエッツィ」
「ありがとう」は「メッシ」。フランス語にとても似ています。
「さようなら」は「チッス」
「わたしの名前は〜です」は「イッヒ ハイス〜」です。

みんなで大きな声で「メッシ!」とお礼を言って上映会が終わりました。


参加された方からのアンケートの声をご紹介します。

素敵な映像を大きな画面で観れてとても良かったです。スイスの方がいらっしゃって、色々お話が聞けて、映画を観るだけよりも、スイスへの理解が深まりました。
-----
いつも楽しませていただいています。ハイジは街の様子や山の美しさにとても癒やされました。子どもも、子どもが主役なのでよく分かったようです。先生のお話もとても分かりやすかったです。ありがとうございました。
-----
ハイジをちゃんと見たことがなかったので、とても感動したし、配役もすばらしいと思いました。チーズがおいしそう。毎回、子どもにとっても良い映画と、その国の講師の方がいらっしゃるので、とても興味がわき、その後に図書館でその国の小学校の生活が載っている本を借りて読んだりしています。毎回、楽しみにしています!
-----
自然と人間味のある良い映画だった。スイスの方とお話できる良い機会だった。
-----
昨年から参加させていただき、スイスで6回目になります。子どもはもちろんですが、私も大変楽しみにしております。映画もよく適切なのを見つけてきてくださるな、と感謝しています。感心しています。学校でもこのような授業をしてほしいものです。次回も楽しみにしています。
-----
子どもの頃、見ていたアニメを思い出しながら、あれから何十年、親になった今は違う視点で拝見しました。ハイジの気持ちを理解してくれる大人が何人もいてくれたことが嬉しかったです。アルムおんじの心が雪どけのように溶けていく様が(椅子を作るetc)素敵でした。もともと素直なハイジでしたが、おんじやクララのおばあさまの言葉に導かれ、自分の心を信じたハイジは自分自身も、そして周りの人をも幸せにしたのだと思いました。クララが歩けたシーンはやはり感動的でした。昔も今も。
-----
子どもも知っている物語だったので、子どもも楽しんで見ることができました。スイスの人の話も聞けて良かったです。
-----

【上映会】映画で世界一周!〜スイス編『ハイジ アルプスの物語』

2018年01月26日(金) 16時56分
2/17(土)の上映会は定員に達したため、申し込みを締め切りました。今後、事前申し込みがない方は、当日に空きがある場合にのみ、入場が可能です。


親子映画会
映画で世界一周!〜スイス編
『ハイジ アルプスの物語』


©2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH
■1,はじめに

映画を通して、その国や地域の文化や社会を知る「映画で世界一周!」シリーズを2013年度より始めました。
24カ所目となる今回はスイスを取り上げます。永世中立国として知られ、アルプスの雄大な自然など観光地として人気の高いスイス。チーズやチョコレート、ワインなどの食べ物や銀行などの金融、時計などの技術、デザイン分野などでも有名です。
今回は日本のアニメでも有名なヨハンナ・シュピリの「アルプスの少女ハイジ」を原作とした実写映画『ハイジ アルプスの物語』を上映します。
また、スイス出身のファビエンヌ・ローナーさんをお迎えして、スイスの文化や子どもたちの生活などのお話をお伺いします。

子どもたちはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。
入場は無料。
ぜひ、お友達と一緒にご来場ください。

■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
後援:杉並区教育委員会
助成:子どもゆめ基金
作品提供:キノフィルムズ
協力:特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会

日時: 2018年2月17日(土) 14:00-16:45
会場:杉並区立高井戸図書館(杉並区高井戸東1-28-1)
    →京王井の頭線「高井戸駅」から徒歩11分、「浜田山駅」から徒歩7分
   地図はこちら

料金:無料
定員:40名
(事前申し込みは図書館へ03-3290-3456 申し込みがない場合、当日に空きがあれば入場可能)
対象:幼児〜中学生とその保護者

お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp
  *大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。

©2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH
■ 3,上映スケジュール

【14:00 開始】

  14:00 映画の前のお話
  14:10 上映会 開始
      『ハイジ アルプスの物語』上映(111分)
  16:01 上映終了、休憩
  16:10 スイスについてのお話
   (講師:ファビエンヌ・ローナー)
  16:40 上映会終了、おわりのあいさつ

【16:45 終了予定】

■4,上映作品の解説

©2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH
『ハイジ アルプスの物語』
(111分/2015年/スイス、ドイツ/日本語吹替/カラー/Blu-ray上映)
アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだけれど優しいアルムおんじや、山のふもとに住むヤギ飼いのペーターと楽しく暮らしていたハイジ。ところがある日突然、大金持ちのお嬢様のクララの話し相手として、都会へ連れていかれることになりました。足が悪く車いす生活を送っていたクララは、明るく素直なハイジに励まされ、元気を取り戻していきます。すぐにハイジとクララは仲良しになりますが、ハイジは山の自然やおじいさん、ペーターやヤギたちが恋しくてたまりません。そんな時、お屋敷に幽霊が現れる騒ぎが起こります――。

・文部科学省特別選定作品(少年向き、家庭向き)
・文部科学省選定作品(幼児向き、青年向き)

■スタッフ
監督…アラン・グスポーナー
出演…アヌーク・シュテフェン、ブルーノ・ガンツ、イザベル・オットマン

■日本語吹替キャスト
花澤香菜、茶風林、早見沙織

◎ スイスについて勉強しよう!

・ スイスって、どんなところ?
…気候、動物、どんなひとが住んでるのかな。有名な食べ物、飲み物は?
・スイスの言葉であいさつ
…スイスの言葉で「こんにちは」「ありがとう」は、どう言うの?簡単なあいさつを覚えて使ってみましょう!
・ その他、スイスという国について、映画を通して楽しく勉強してみましょう!

★★★ 講師プロフィール ★★★

ファビエンヌ・ローナー(Fabienne ROHNER)

スイスのチューリッヒ大学で日本学を専攻中。現在は、在日スイス大使館の政治・経済・財務分野について、インターンシップをしています。またスイスでは、海外からスイスにやってくる観光客にスイスの文化をより知ってもらうため、ツアーガイドとしても働いています。ヨーロッパの中央に位置するユニークな国、スイスへの理解を深める手助けをしたいと思っています。

【報告】12/24映画で世界一周!ロシア編

2017年12月31日(日) 18時53分
(報告:オカザキ)

12/24(日)のクリスマスイブ当日、映画で世界一周!ロシア編が開催されました。師走のイベントシーズン真っ只中にも関わらず、大人と子どもあわせて42名の参加者にご来場いただきました。

上映された作品は、ちいさな子猫のチェグラーシャが迷子になって街中を冒険する『こねこ』。かわいらしい猫たちの活躍に、大人も子どももめろめろになっていました。映画の終盤にはロシアのクリスマスも登場して、トークへの興味も高まります。


今回、お話してくださるのは青木織雅(オリガ)先生。テレビがきっかけで来日し、日本で結婚したあとは、ロシア語講師として活躍されています。教員免許をお持ちということもあって、子どもたちへのお話も上手です。

まずロシアで人気があったり、有名な動物をお尋ねすると「この映画は初めて見ましたが、ロシアではとても猫が大人気です」。オリガ先生が小さな頃は映画のような様子で、懐かしさを感じたそうです。オリガ先生が「この中で猫を飼っている人は?」と尋ねると、3人の子どもが手を挙げました。「ロシアでは2人に1人が猫を飼っているそうです。世界でいちばん飼い猫が多いそうです」とびっくりの情報です。


オリガ先生が「ロシアで有名な食べ物は?」と尋ねると、子どもから「ボルシチとか」と声が上がりました。その他にもコロッケみたいな揚げ物のピロシキもありますね。ジャガイモやキャベツ、鶏肉や豚肉を使った料理が多いそうです。

ロシアの子どもたちはどんなことをして遊んでいるのかな。「少し前までは、ゲームをしている子どもが多かったのですが、最近はチェスとスポーツをする子どもが増えてきた」とのこと。プーチン大統領が柔道が好きなことも影響が大きいそうです。


オリガ先生が日本に初めてきたのは7月だったのですが、とにかく蒸し暑かったことにびっくりしたそうです。雨が降ってもあまり気温が下がらないのが大変だったとのこと。ロシアも最近は温暖化で気温は上がってきているのですが、日本ほど蒸し暑くないそうです。オリガ先生が生まれた町は内陸なので、36度から40度近くまであがることもあるそう。とにかくロシアは広いので、とても暑いところも、寒いところもあるんですね。

オリガ先生は日本人が電車の中で寝ていることにびっくり。でも、日本に長く住んでいると、オリガ先生も平気で寝るようになってきたそうです。

日本ではカラスの鳴き声はカアカアですが、ロシアはカアルルルゥゥ。犬は日本ではわんわん、ロシアはガフガフガフ。猫は日本ではニャーニャー、ロシアはミャオミャオ。鳴き声の聞こえ方も違うんですね。また、ロシアで猫を呼び寄せるときはクスクスクスと言い、100%の猫が寄ってくるそうですが、オリガ先生が日本の猫に試してみるとまったく知らんぷり。えー、なんで来ないの!とショックを受けたそうです。日本の猫にはロシア語は通じませんでしたね。


さて、次はロシアのクリスマスについてお話を聞きます。日本や他の国と一緒なのかな、違うのかな。
クリスマスと言えばなんでしょう?とオリガ先生の質問に、子どもたちがサンタクロース、プレゼント、ツリー、ケーキ、イルミネーションと答えていきます。でもロシアでのクリスマスのイメージは、教会、家族、ご馳走、お祈り、祝日、以上。少し雰囲気が違いますね。


ロシアにもサンタクロースは来るかな?というクイズに、子どもたちの意見は分かれました。実は来ます。でも違う日なんですね。
日本のサンタクロースは赤い服を着た、優しそうなふっくらとしたおじいさんが陽気に笑いながらやってきます。ロシアのサンタクロースは…オリガ先生が写真を見せると会場の大人も子どもも「えーっ!」と大きな驚きの声をあげました。
まず緑色のロングコートを着て、髭もたっぷり長いですね。プレゼントを入れる袋も緑色です。とても長い棒を手に持っています。彼の名前はサンタクロースではなくジェトマロウス。日本語に翻訳すると「氷点下のおじいちゃん」という意味です。日本のサンタクロースより少し怖そうな雰囲気もあります。ジェトマロウスは学校や保育園、幼稚園、寝ているところにも、家にもやってきます。

でも、一人では来ないんです。「トナカイ?」と答える子ども。実は若くてかわいい女の人と一緒にやってくるんです!この女の人は誰でしょう?奥さんかな?実は孫娘なんですね。名前はスヌイーグレーチカと言います。日本語に翻訳すると「雪娘」という意味だそうです。いつも二人セットでやってくるそうですよ。

ジェトマロウスは動物に乗せてもらってきます。なんの動物でしょう?子どもたちが自信満々に「トナカイ!」と答えましたが、違います。オリガ先生が「馬/クマ/犬」の三択クイズを出しましたが、みんなばらばらの回答でした。正解は3頭の馬、トロイカと言います。空を飛ばずに地面や氷の上を走ってくるそうです。


さて、次のクイズです。ジェトマロウスはいつくるのでしょうか?
24日ではありません。「おおみそか!」と大きな声で正解が飛び出ました。確かに映画の中でも、すぐに新年を迎えていました。
ロシアでは1月7日に教会でクリスマスをお祝いします。ということは、この上映会が終わってすぐにロシアにいけば、またクリスマスがやってきます。ロシアでは、大晦日とクリスマスと新年が一緒にやってくるので、とても楽しいイベントになるそうです。
オリガ先生によると、日本のお正月とロシアのクリスマスは、やっていることも、迎える側の気持ちの面でもすごく似ている、とのこと。クリスマスは「新しい年」という感覚だそうです。知らなかったことばかりですね。


最後にロシア語であいさつを教えてもらいます。
ロシア語で使うキリル文字は33個だから簡単だそう。オリガ先生によると「日本語はひらがな、カタカナ、漢字があって難しい!」。

「こんにちは」は「ズドラーストヴィーチェ」
「ありがとう」は「スパスィーバ」
「さようなら」は「ダスヴィダーニャ」
「わたしの名前は〜です」は「ウィニャーザ ウツ〜」です。

教えてもらったばかりの「スパスィーバ!」を大きな声でオリガ先生にお礼を言って、トークイベントは終了。

続いて希望者だけが残って、映画とクリスマスにちなんだ折り紙で遊びました。かわいいねことクリスマスのブーツをたくさん折って、これでお家のクリスマスツリーも賑やかになりますね。


参加された方からのアンケートの声をご紹介します。

クリスマスイブにぴったりの上映会、ありがとうございました。ロシアのクリスマスの様子など、先生のお話も聞くことができて、二本との違いに驚きました。『こねこ』の放浪の旅では人々の心の温かさに触れたり、過酷な大人社会も垣間見え、こねこのかわいらしさ、かしこさ、見どころも満載で最後まで飽きさせず、終盤では思わず涙してしまいました。山あり谷ありのハッピーエンドは名犬ラッシーのこねこちゃん版といった趣もあり、何度も楽しみたい作品です。
-----
とても心温まる映画でした。良い心は世界共通と思い、感激しました。今後も世界の良い映画が楽しみです。先生の話も盛りだくさんでした。
-----
ねこがとてもかわいい表情でびっくりした。演技派!ロシアの方は猫好きでびっくりした。スネグラーチカにびっくり。とてもよい映画でした!オリガ先生のお話もとても興味深く、楽しかったです。ありがとうございました。
-----
『こねこ』はとても面白かったです。幼児同伴でしたが、分かりやすかったと思います。友人が今ロシアにいるので、とても興味深くて、ロシアについて少し知ることができ、良い機会になりました。次回も楽しみにしています。
-----
とっても面白かったです!なんとも不思議な余韻の…。あたたかく、猫たちの演技もキュート。ソ連崩壊後の街、コカコーラやM&Msが象徴しているかのようで歴史の大切な区切り…(もう一度勉強しようと思います)。青木先生のロシア語講座も楽しかったです。サンタさんや国土の広さ、文字、知らないことが多く、ロシアが身近に感じました。この活動は平和的だな…とすばらしいと思います。スパスィーバ!
-----
ロシアっぽい音楽とこねこのかわいさが、よりファンタジックな世界を出していた映画でした。映画の他に国にちなんだ方のお話を聞けるので毎回楽しみにしています。
-----

【上映会】映画で世界一周!〜ロシア編『こねこ』とクリスマス

2017年12月13日(水) 18時20分
親子映画会
映画で世界一周!ーロシア編
『こねこ』とクリスマス



■1,はじめに

映画を通して、その国や地域の文化や社会を知る「映画で世界一周!」シリーズ。
今回は2回目となるロシアを取り上げます。ソビエト連邦体制が終了した直後のロシアを舞台に製作された『こねこ』。かわいらしい猫たちの演技と、心あたたまるエピソードはもちろん必見ですが、ひとつの国が大きく変わった直後の街が映し出されているのも見逃せません。終盤にはロシアのクリスマスも登場します。
また青木織雅さんを講師にお迎えして、ロシアの文化や、子どもたちの生活、クリスマスなどのお話をお伺いします。

子どもたちはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。
入場は無料。
ぜひ、お友達をお誘いあわせになってご来場ください。


■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
後援:杉並区教育委員会
助成:子どもゆめ基金
協力:特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会
作品協力:ロシア映画社

日時: 2017年12月24日(日) 14:00-16:20
会場:杉並区立中央図書館 視聴覚ホール (杉並区荻窪3-40-23)
    →JR中央線、地下鉄丸ノ内線「荻窪」駅南口から徒歩10分
   地図はこちら

定員:50名(入場無料・先着順)
対象:幼児〜中学生とその保護者

お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp
  *大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。


■ 3,上映スケジュール

【14:00 開始】

  14:00 映画の前のお話
  14:05 上映会 開始
      『こねこ』上映(97分)
  15:42 休憩
  15:50 ロシアについてのお話(30分)
  16:20 上映会終了、おわりのあいさつ

【16:20 終了予定】


■4,上映作品の解説

『こねこ』
(1996年/97分/Blu-ray/カラー/日本語吹き替え)
モスクワに住むお金持ちの家族。子どもたちのマーニャとサーニャは、一匹の可愛らしい子猫をもらってきて、チグラーシャと名付けました。やんちゃざかりのチグラーシャはいたずらばかり。カーテンを引き裂いたり、食器や花瓶も割ったりしますが、家族に愛されています。ある日、チグラーシャはお家の窓からトラックの荷台へ落ちてしまいました! そのまま、トラックで家から遠く離れた通りまで運ばれてしまいます。家族みんなでチェグラーシャを探しますが、見つかりません。一方、知らない町でまいごになったチグラーシャは、町に住むたくさんの猫たちに助けられながら、マーニャとサーニャの家を探すのですが…。

主役のチグラーシャを始めとした、数々の猫の名演技にはびっくり。たくさんの捨て猫の面倒を見ている心優しい青年のもとに集まる猫たちは、みんな芸達者です。この青年役のクズネツォフさんが、実際に猫サーカスを率いる猫使いだからこその演出です。猫の目線に寄り添ったカメラによる撮影もみどころです。

監督:イワン・ポポフ
出演:アンドレイ・クズネツォフ、リュドミラ・アリニナ、アレクセイ・ヴォイチューク

◎ ロシアについて勉強しよう!

・ ロシアって、どんなところ?
 …気候、動物、どんなひとが住んでるのかな。有名な食べ物、飲み物、スポーツは?
・ ロシアのクリスマスって、どんなクリスマス?
・ロシア語であいさつ
 …ロシア語で「こんにちは」「ありがとう」は、どう言うの?簡単なあいさつを覚えて使ってみましょう!
・ その他、ロシアという国について、映画を通して楽しく勉強してみましょう!

★★★ 講師プロフィール ★★★

青木織雅 (あおき おりが)

ロシアの国立大学で教員免許を取得。
たまたま目にしたテレビのニュースで日本に興味を持ち、留学生として来日。
上智大学大学院を修了後、外国語スクールにロシア語のマンツーマン講師をする傍ら、様々な企業のビジネスマンにもロシア語を教える。
結婚を機に日本に住み、今は日露関係の向上に関わっていくことが目標である。

【報告】9/16映画で世界一周!アイルランド編

2017年09月30日(土) 17時47分
(報告:オカザキ)


9月16日(土)に高井戸図書館で、映画で世界一周!のアイルランド編が開催されました。大人と子どもをわせて55名の参加です。とても早い段階から定員に達してしまうほどの人気でした。上映されたのは『ソング・オブ・ザ・シー』。美しい映像と、ケルトの伝統的な音楽に、子どもたちも最後まで集中力を切らさずに見ていました。終わったあとには、部屋の中に映画の余韻がただよっているように見えました。


今回はアイルランド大使館の文化・広報担当官のアッシュリン・ブレーデンさんを講師にお迎えしてお話を伺いました。


まず、「アイルランドはどこにありますか?」の質問に子どもたちから「ヨーロッパ!」の声があがります。世界地図を見ながら、イギリスの隣にあり、大西洋を渡るとアメリカがあることを確認しました。北海道と同じくらいの大きさの島国です。アイルランドではシャムロック(みつばのクローバー)が国の花で、お金はユーロを使うこと、街の中では路面電車が走っていて、地下鉄はないことなどが説明されます。自然が豊かで緑が多く、世界中から観光客が来るそうです。


また、緯度が高いため寒いと思われがちですが、メキシコ暖流の影響もあり、実は雪がめったに降らないそうです。冬は東京と同じくらいの寒さで、夏は25度くらい。牧場で飼われている羊や、石づくりのお城が多いそうです。また3つの世界遺産があり、その中でスケリッグ・マイケル島の修道院の写真を見せていただきました。この島はなんと、あの『スター・ウォーズ』のロケ地にもなったそうです。


続いて、アイルランドの食べ物について。じゃがいもが主食です。毎日じゃがいもですが、いろんな食べ方をするそうです。島国なのでお魚もおいしいですが、肉もよく食べ、子羊の肉を使ったアイリッシュ・シチューの写真はとてもおいしそうでした。牛肉やサーモン、牡蠣、タラ、乳製品もおいしいそうです。ソーダブレッドもおいしそう!残念ながら、日本でアイルランドのチーズは買えないそうです。


今日の映画もすばらしい音楽でしたが、アイルランドの音楽は世界中で愛されています。フィドル、バウロン、ハープなどの楽器を紹介して、アイリッシュ・ダンスの動画も見せてくれました。続いてケルト文化について、独特な十字架を写真でみました。
スポーツはハーリングとフットボールが人気です。スティックを持ってホッケーのようにスピード感あふれるプレーをする、ハーリングの動画をみんなで見ました。ちょうど上映会当日は大きな大会の決勝で、毎年8万人くらいの観客が集まるそうです。サッカーとラグビーにも似ていますが、サッカーやラグビーも大好きです。


アイルランドでいちばん大きなお祭りは聖パトリックデーです。3月17日は緑色に染まって、みんなが大盛り上がりです。もうひとつ、誰もが知っているアイルランド発祥のお祭りがあります。そう、ハロウィンです。ケルト民族から始まった、お盆のように亡くなった方をお迎えするお祭りでした。今回の映画の中でも、二人の兄妹が逃げ出したときに、街中がハロウィンのお祭りでした。

今日の映画にはセルキーという妖精が出てきましたが、アイルランドには代表的な妖精が2人います。レプラコーンという小人は緑色の服装で、アイルランドの道路には「レプラコーン飛び出し注意!」の道路標識があるそうです。またレプラコーンを手で捕まえると、虹の下に隠してあるお宝の場所を教えてくれるそうです。もう1人のクー・クリンは手にハーリングのスティックを持った英雄です。クーは犬のこと。また、アイリッシュ・ウルフハウンドはとても有名な犬の種類ですね。


最後にアイルランド語を教えてもらいましょう。「こんにちは」=「デア グイット」、「ありがとう」=「ゴ レブ マハアゴト」、「さようなら」=「スローン」、「わたしの名前は〜です」=「...イス アナム ドン」です。

難しい発音ですが、ブレーデンさんに「ゴ レブ マハアゴト!」と大きな声でお礼を言って、上映会は終わりました。

参加された方からのアンケートの声をご紹介します。

アイルランドはあまり馴染みのない国でしたが、アイルランドの映画を初めて観て、文化や音楽について触れることができ、良かったです。また、大使館の方のお話もわかりやすく興味深く聞かせていただきました。
-----
ありがとうございました。事前申し込みだと助かります。荻窪は2回くらい入れなかったので。アイルランドのスポーツ面白そう。動画がわかりやすかったです。

【受付締切!】【上映会】映画で世界一周!〜アイルランド編 『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

2017年08月27日(日) 14時15分
2017/9/13 修正
9/16(土)の上映会は、定員に達しましたため、鑑賞の申し込みを締め切りました。
次回の上映会へのご参加をお待ちしております。



親子映画会
映画で世界一周!ーアイルランド編
『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum
■1,はじめに

映画を通して、その国や地域の文化や社会を知る「映画で世界一周!」シリーズ。
23カ所目となる今回はアイルランドを取り上げます。北大西洋に浮かぶ島国のアイルランドは、紀元前からの歴史を有します。古代ケルト人の文化を受け継ぎ、ジョイスやワイルド、スウィフト、イェーツなどの文学者、エンヤやU2など世界的に活躍する音楽アーティストを輩出。映画でもニール・ジョーダン監督やコリン・ファレル、キリアン・マーフィなどの俳優が活躍しています。
今回はアイルランド神話を基に、幼い兄妹の大冒険と別れを描いた美しいアニメーション映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』を上映します。
また、アイルランドに詳しい方をゲストにお迎えして、アイルランドの文化や子どもたちの生活などのお話をお伺いします。

子どもたちはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。
入場は無料。
ぜひ、お友達をお誘いあわせになってご来場ください。

©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum
■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
後援:杉並区教育委員会
助成:子どもゆめ基金
作品提供:チャイルド・フィルム
協力:特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会
日時: 2017年9月16日(土) 14:00-16:30
会場:杉並区立高井戸図書館 (杉並区高井戸東1-28-1)
    →京王井の頭線「高井戸駅」から徒歩11分、「浜田山駅」から徒歩7分
   地図はこちら

料金:無料
定員:40名
(事前申し込みは図書館へ03-3290-3456 申し込みがない場合、当日に空きがあれば入場可能)

お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp
  *大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。

©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum
■ 3,上映スケジュール

【14:00 開始】

  14:00 映画の前のお話
  14:10 上映会 開始
      『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』上映(93分)
  15:43 上映終了、休憩

  15:55 アイルランドについてのお話
  16:25 上映会終了、おわりのあいさつ

【16:30 終了予定】


©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum
■4,上映作品の解説

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』
(93分/2014年/アイルランド、ルクセンブルク、ベルギー、フランス、デンマーク/日本語吹替/カラー/Blu-ray上映)

海辺の灯台の家で、幼いベンはお父さんお母さんと暮らしていましたが、妹が生まれた日にお母さんは家族を残して海へ消えてしまいました。
やがて6年の月日がすぎました。誕生日の夜に、シアーシャはアザラシの妖精・セルキーのコートを見つけ、海へ入ってしまいました。シアーシャも海へ消えてしまわないように、お父さんはコートを投げ捨ててしまい、おばあちゃんは嫌がる兄妹を町へ連れて行くのでした。町はハロウィンでお祭り騒ぎ。おばあちゃんの家から抜け出した兄妹は、愛犬クーとお父さんが待つ家へ向かいます。その途中、フクロウ魔女とフクロウたちに襲われ、シアーシャがいなくなってしまいました。はたしてベンは、妹のシアーシャを救えるのでしょうか?

・第87回アカデミー賞® 長編アニメーション映画賞ノミネート
・第28回ヨーロピアン・フィルム・アワード長編アニメーション賞受賞
・文部科学省特別選定作品(少年向き、青年向き、家庭向き)
・文部科学省選定作品(幼児向き、成人向き)

■スタッフ
監督…トム・ムーア
音楽…ブリュノ・クレ、KiLA(キーラ)
メインテーマ…リサ・ハニガン

■日本語吹替キャスト
ベン(本上まなみ)
コナー(リリー・フランキー)
ブロナー (中納良恵(EGO-WRAPPIN’))
シアーシャ/幼いベン(深田愛衣)
ダン/シャナキー(喜多川拓郎)
ディーナシー(水内清光、高宮武郎、花輪英司)
おばあちゃん/マカ(磯辺万沙子)

©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum
◎ アイルランドについて勉強しよう!

・ アイルランドって、どんなところ?
…気候、動物、どんなひとが住んでるのかな。有名な食べ物、飲み物は?
・アイルランド語であいさつ
…アイルランド語で「こんにちは」「ありがとう」は、どう言うの?簡単なあいさつを覚えて使ってみましょう!
・ その他、アイルランドという国について、映画を通して楽しく勉強してみましょう!

★★★ 講師プロフィール ★★★

アッシュリン・ブレーデン(Aisling Braiden)
アイルランド大使館 広報・文化担当官

ロンドン生まれ。ダブリン、マドリッド、バルセロナ、ブリュッセル、パリ、バンコクなどで幼少期を送る。ダブリンのトリニティ・カレッジにて学士号(英語、フランス語)、修士号(MBA)を取得。文部科学省のJETプログラムにて来日、三重県鈴鹿市の中学校で英語を教える。1999年より、駐日アイルランド大使館の広報・文化担当官を務めている。日本語およびヨーロッパの数言語に堪能。趣味は芸術観賞、教育、旅行、アウトドア。
最新コメント