【報告】9/15映画で世界一周!フランス編

2018年09月21日(金) 21時15分
(報告:オカザキ)

今回は2回目の訪問となるフランス!
事前申し込みの予約段階では定員40名を超える申し込みをいただいていたのですが、当日はあいにくの雨。それでも親子合わせて33名が参加してくれました。
上映作品は日本で絵本もたくさん出版されている人気シリーズのアニメーション映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』です。愉快なドタバタに上映中も笑い声が上がり、クライマックスでは「がんばれ!」の応援の声も飛び出しました。

上映後にはガエル・フレネアルさんを講師にお迎えして、フランスについてのお話を伺いました。フレネアルさんは、フランスの文化を紹介するアンスティチュ・フランセにお勤めになり、18年間にわたり日本人にフランス語を教えています。


まずはフランスの地理から。フレネアルさんが生まれたのはパリの近くですが、育ったのは南仏にあるモンペリエという街の近くだそうです。フランスにはアルプスやピレネー山脈などの高い山があり、そのまま隣の国との国境になっています。南仏が面している地中海は赤道に近い暖かい海ですが、反対の北側は大西洋に面しています。山だけでなく海も多いというのがフランスの特徴かもしれません。

フレネアルさんは、長野冬季オリンピックが開催された97年に初めて来日しました。そして留学生として99年に再び来日して16年間、京都の大学院で学び、それから東京に移ってきたそうです。
日本に憧れたきっかけを「日本の山が見たかった。初来日時に見た長野の山と、温泉や花見で過ごした時間が夢のようで、自転車で街を走るのが楽しかった」と振り返ります。


ここで会場から質問をとりました。
「フランスで美味しい食べ物は?」という質問に対して、
「有名な食べ物は色々あります。フルーツも豊富で安いので、フルーツパイの人気があります。バターが美味しいので、クロワッサンやケーキも美味しいですよ」とのこと。

続いて
「フランスで一番高い山は?」という質問。
「モンブランという山が一番高いですね。フランス語でモンが山、ブランが白なので、<白い山>という意味です。日本ではモンブランといえば、ケーキを思い浮かべますね」と語ると、会場に笑いが起きました。さらに、モンブラン(ケーキ)は日本に来てから初めて食べた、と明かすとさらに笑いが大きくなりました。

スイーツも有名で、パティシエはフランス語です。マカロンやチョコも美味しいよ、と聞いて子どもも大人も嬉しそう。


「バレエは人気がありますか?」という質問には、
「人気はありますが、大きな都市じゃないと公演がなかなか見られません。でも、日本より安くチケットが買えるので、学生でも気軽に見に行けますよ」と教えてくれました。

「フランスで人気のあるスポーツは?」という質問には
「テニスは人気があり、全仏オープンという大きな大会があります。もちろん、サッカーはみんなが大好きですし、今年はW杯も優勝しましたよ」とにっこり。
フレネアルさんが育った南仏は、ラグビーも盛んで、最近は日本のチームも強くなったので楽しみだそうです。また、柔道も大変人気があるそうです。

「先生が子供の頃は、どういうことをして遊びましたか?」という質問。
南仏の自然が豊かな小さな村だったので、外で遊ぶことが多かったそう。日本の田舎は田んぼが多いですが、南仏では葡萄畑が広がっています。フランスには田んぼがないため、初めて目にしたときは、その美しさに感動したそうです。自転車やボール遊びなどもしていたそうです。


また、フランスの学校についても教えてくれました。日本の小学校は6年間ですが、フランスは5年間。日本の中学校は3年間のところ、フランスでは4年間。合計すると結局一緒になります。日本と違ってお掃除の時間がなく、掃除のスタッフがしてくれるそうです。フレネアルさんから見ると、日本の小学校はとてもいいと思うそうです。その理由を「掃除の習慣もつくし、給食も美味しい」と話してくれました。学校の給食室で作っているのがいい、とのこと。フランスだと大きな会社から送られてくるそうです。

フランスの学年は9月から6月の終わりまでです。つまり夏休みは7月と8月の2ヶ月間!子どもたちが思わず「いいなあ」と感想を漏らすと、フレネアルさんは「長すぎ!」と笑いながら答えました。宿題はあまり出ないそうです。日本とは全く違いますね。

最後にフランス語の挨拶も教えていただきました。
「こんにちは」=「ボンジュール」
「ありがとう」=「メルシー」
「さようなら」=「オーヴォワ」
「私の名前は…」=「ジュマペル…」

フレネアルさんに元気な声で「メルシー!」とお礼を言って、上映会は終わりました。


参加された方からのアンケートの声をご紹介します。

とても素敵な映画でした。フランスのことも知れて有意義なひとときでした。ありがとうございました。
ーーーーーーー
心あたたまるとてもステキな映画でした。胸がジワーと幸せな気持ちで満たされました。感動しました。今日は仕事で来れなかった夫が歯医者なので、治療の場面、おもしろかったです。バイオリン等、音楽もステキでした。(フランスは)18歳からお酒OKというのは、びっくりです。
ーーーーーーー
子どもも楽しかったと言ってました!
ーーーーーーー
ちょっと捕まりそうだったけど、最後しあわせに暮らしてそうで良かったです。
ーーーーーーー
とてもステキな映画でした。ルールは大切だけど、もっと大切なこともあって、それに対して一生懸命な姿は、たくさんの人の心を動かすのだと思いました。
7歳の娘も一喜一憂して見ている様子でした。内容も絵もとてもきれいでしたので、色々感じてくれたら嬉しいです。
ーーーーーーー
前回は高学年向けでしたので、「まだ早いかなぁ」と不参加にしたので、今回とても楽しみにしていました。優しいタッチの絵とハッピーエンドのお話の映画で、とても良かったです。
毎回思うのですが、そのお国出身の方が実際にいらっしゃってお話してくださるのが、子どもにとってとても良い経験、機会を与えてくださっていると感じています。
ーーーーーーー
楽しいところは楽しく、怖いところは怖く、子どもたちが反応しているところが良かった。
  • URL:https://yaplog.jp/eigagakkou/archive/298
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新コメント