【上映会】12/22映画で世界一周!〜ブルガリア編クリスマスアニメーション

2018年11月24日(土) 23時05分



親子映画会
映画で世界一周!ブルガリア編
クリスマスアニメーション



■1,はじめに

映画を通して、その国や地域の文化や社会を知る「映画で世界一周!」シリーズ。
今回は初めてブルガリアを取り上げ、6本の短編アニメーションを上映します。ヨーロッパ東部に位置し、黒海に面したブルガリアはヨーグルトやバラの産地としても知られています。普段、見慣れている日本やアメリカのアニメーションとも少し違った味わいを楽しんでください。上映会ではブルガリアに詳しい方を特別講師にお迎えして、子どもたちの生活やブルガリアのクリスマスについてお話をしていただきます。

子どもたちはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。
入場は無料。
ぜひ、お友達と一緒にご来場ください。

■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
後援:杉並区教育委員会
助成:子どもゆめ基金
フィルム提供:都立多摩図書館、杉並区立中央図書館

日時: 2018年12月22日(日) 14:00-16:15
会場:杉並区立中央図書館 視聴覚ホール(杉並区荻窪3-40-23)
    →JR中央線、地下鉄丸ノ内線「荻窪」駅南口から徒歩10分
   地図はこちら

定員:50名(入場無料・先着順)
対象:幼児〜高校生とその保護者

お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp
  *大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。


■3,上映スケジュール

【14:00 開始】

  14:00 映画の前のお話
  14:05 上映会 開始
    『ノッポとチビの冒険 ドン・キホーテ』上映(9分)
    『ウサギさんの夢 ウサギとライオン』上映(8分)
    『ばんじ休す』上映(6分)
    『ペンギンと白熊』上映(10分)
    『犬の写真屋さん 逆立ち写真』上映(8分)
    『夢の星座』上映(9分)
  15:20 休憩

  15:30 ブルガリアについてのお話(20分)
  15:50 上映会終了、おわりのあいさつ
  15:55 希望者のみ、クリスマス工作(20分)

【16:15 終了予定】


■4,上映作品の解説

『夢の星座』
(1965年/9分/ブルガリア/16mmフィルム/カラー/セリフなし)
北斗七星が天の川にそって動いていました。クリスマスが近づいた夜、星の一つが地球に落ちてきました。家の中では少年と妹がモミの木の飾りつけをしていました。落ちてきた星は、モミの木のてっぺんでおもちゃたちに人気者になります。ところが、星はだんだんさびしくなって、お家へ帰りたくなってきました。心のやさしい兄妹はもとの空へかえしてあげることにしました。


『ノッポとチビの冒険 ドン・キホーテ』
(1982年/9分/ブルガリア/16mmフィルム/カラー/セリフなし)
「ドン・キホーテ」の絵本を読んだノッポとチビは、ガラクタでよろいを作り、ノッポはブタに、チビはニワトリにまたがって旅に出ました。泣いている女の子のために、いじわるな男の子からボールを取り戻してやったり、アヒルの行列を怪獣と間違えたり、洗濯物が白い幽霊に見えて怖がったり、大騒ぎです。やがて風車の巨人があらわれ、ノッポとチビは突撃しますが……。


『ウサギさんの夢 ウサギとライオン』
(1982年/8分/ブルガリア/16mmフィルム/カラー/セリフなし)
ウサギがかごの中でおびえています。ライオンがいっぱいいる森に放されるからです。あちこちからライオンが飛び出てきますが、漁師に鉄砲で撃たれて倒れて行きます。ウサギは自分が強いのだと勘違いして、ライオンを使ってサーカスを始めます。やがてライオンがいなくなり、ウサギはかごの中で寝ています。どうやら夢を見ていたようですね。

『ばんじ休す』
(1969年/6分/ブルガリア/16mmフィルム/カラー/セリフなし)
小さな魚たちが大きな魚に追われています。その中の一匹が、仲間を助けるため、自分がおとりになりました。ちいさな魚はいっしょうけんめいに逃げますが、水の中では大きな魚に、陸の上ではねこに、空では鳥に追いかけられます。なんとか水の中に逃げもどってくると、さっきの大きな魚が待ちかまえていました。ばんじ休す、そのとき……。

『ペンギンと白熊』
(1970年/10分/ブルガリア/16mmフィルム/カラー/セリフなし)
やんちゃな六羽のペンギンが、クジラに出会いました。クジラは体に氷のつららがたくさんささって困っていました。ペンギンたちが抜いてあげたので、クジラは大よろこび。ある日、ペンギンたちは白熊に追いかけられます。困っているペンギンたちを見て、今度はクジラが大きな口の中に隠してあげました。


『犬の写真屋さん 逆立ち写真』
(1982年/8分/ブルガリア/16mmフィルム/カラー/セリフなし)
いじわるおばさんに追い出された犬の写真屋さんは、外でお店を開きます。ところが撮る写真はどれも逆さまに写り、森の動物たちはみんな逆立ちになってしまいます。いじわるおばさんが、逆立ち薬をこっそり入れていたからです。そこで、犬の写真屋さんはみんなを集めて写真を撮ることにしました。写真屋さんには、ある考えがあったのです。立体の人形がかわいらしいアニメ。


◎ブルガリアについて勉強しよう!

・ブルガリアって、どんなところ?
…気候、動物、どんなひとが住んでるのかな。有名な食べ物、飲み物、スポーツは?
・ブルガリア語であいさつ
…ブルガリア語で「こんにちは」「ありがとう」は、どう言うの?簡単なあいさつを覚えて使ってみましょう!
・その他、ブルガリアという国について、映画を通して楽しく勉強してみましょう!
  • URL:https://yaplog.jp/eigagakkou/archive/294
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新コメント