モダンな流行生活3

2015年12月15日(火) 19時20分

「今日は帝劇 明日は三越」という
キャッチコピーで有名な百貨店・三越。
日本で初めてデパートを開業した三越は、
買い物に来た客をより楽しませるため、
様々な工夫と挑戦を続けました。




三越呉服店中央階段


現代は娯楽施設や商業施設も多彩になりましたが、
昭和までデパートは家族全員が
一日かけて楽しむ、一大商業施設の代表でした。
デパート戦略の基礎をつくったとされている、
フランスのデパート『ボン・マルシェ』は、
施設内に入ってもらうことを目指し、
クラシックコンサートや無料飲料スペース、
レストランの併設など買い物以外の魅力も打ち出していきました。





三越も独自のサービスを心掛け、庭園や音楽堂、
食堂も完備した巨大商業施設を東京の真ん中に登場させました。
普段なかなか味わえない洋食が食べられる大食堂は、
三越だけでなく、すべてのデパートの象徴の一つとなりました。






京都大丸食堂の一部




昭和6年に日本橋三越の食堂で、
「子どもたちに夢を」のコンセプトのもと、お子様洋食が登場しました。
のちに松阪屋にて「お子様ランチ」と
名付けられた日本らしい心づかいの料理は、
すぐに他の百貨店でも取り入れられ、
子どもたちの憧れる新名物となったのです。




次回も素敵な絵葉書を紹介します。
お楽しみに!






次回は1月の予定です
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ