ミュシャと装飾パネル〜夢想空間へ誘う連作〜

2013年03月01日(金) 14時00分
商業デザインの第一線で活躍していたミュシャは
あらゆるデザインの依頼を受けました。
名声はポスターで高まりましたが、
ポスター以上に多く依頼を受けたのが装飾パネルです。
装飾パネルとはポスターと同じカラーリトグラフで製作された、
レストランや宝石店などの店内を飾るインテリアの一つでした。
鏡板を用いて壁を装飾するもので、華々しい彩りを与えます。
新進気鋭の店舗は当世流行のアール・ヌーヴォを
起用することで話題を作り、客足を向かわせました。




Music


ミュシャは優れたデザイナーであると同時に、
クライアントに忠実な職人でもありました。
彼はクライアントの求めに応じて様々なものをデザインします。
店内に華麗な調和と甘美な非日常的空間を演出するため、
テーマに沿った内容を4枚ないし2枚一組で製作。
季節の花々や時の移ろいなど自然的なモチーフや、
音楽や宝石など芸術的なテーマを表現しました。




Dawn



複雑な曲線や円に植物のパターンを
織り込んだ縁取り。夢のような美女……
世間に求められた、ミュシャスタイルを
前面に押し出したデザインを、これらから見ることができます。
これらの装飾パネルは連作ということもあり、
人気シリーズはカレンダーに転用。
ポストカードにも使用されるなど、
様々なバリエーションで何度も再販されました。





Brightness of Day


時代はアール・ヌーヴォの絶頂期。
紙媒体を駆使した
グラフィック・アートだからこそ成し得る、
近代的な商品展開と成功こそ、
彼の絶大なる人気を裏付けております。








次回も素敵な絵葉書を紹介します。
お楽しみに!






次回は4月5日の予定です
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ