世界のハート絵葉書展 紹介B〜ポストカードに隠れた恋愛と結婚事情〜

2010年07月02日(金) 21時09分


愛らしい天使たちが微笑む、
美しいグリーティングポストカードを見ていると、
ロマンチックな恋をしていたのだろうと想像してしまいますが、
現実は恋愛も結婚もなかなか難しかったようです。

庶民とは違い、上流階級になればなるほど恋愛に慎重になります。
グリーティングカードが誕生したイギリスでは、
法律的には身分差のある結婚も許されておりましたが、
上・中流階級にはまだまだ階級にこだわる習慣が残っておりました。



To My Sweetheart Mechanical
Valentine's Day



若い男女は社交界で交際相手を見つけ、
紳士は社会的身分や財産ともに合う
女性を紹介してもらいお付き合いします。
また女性も自分より身分の低く、
親の望む収入のない男性と結婚することが許されておらず、
魅力的な青年でも身分に差があれば決して応じていけませんでした。

たとえ親子ほど年離れた男性でも、
条件に合う人であれば愛情は二の次で結婚したそうです。
実際、年収の低さを理由に泣く泣く恋人の別れ、
33歳も年上の男性と結婚したと記された女性の日記があるそうです。


Fred Lounsbury Lady & Man
Cupid and Big Red Heart



親に反対され、それでも愛を貫きたいカップルは
駆け落ちという手段をとりました。
親族の同意なしに結婚はできないことになっておりましたが、
スコットランドでは証人2人の前で誓えば
結婚が成立するという伝統が残っていたため、
有利にことを運ぶために素早く結婚をしてしまうことができたのです。
結婚もせずに一緒になった場合は決して認められず、
時に酷い迫害すらうけることになるので、
当人たちも必死だったのでしょう。
その駆け落ち結婚でも甘いロマンスだけでなく、
常に持参金や相続などの問題が付きまとったそうです。



Valentine Aristocrat Couple
Cupid Flowers


絵葉書の甘い雰囲気とは違い、
全てが制約し縛られていた時代の中で
あえてこれほど手の込んだ美しいデザインがつくられたのは、
絵葉書の中だけでも夢のようなロマンスの世界に
浸ろうとしたからかもしれません。



次回も企画展の特集を致します。
お楽しみに!



次回は8月6日の予定です
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ