世界のハート絵葉書展 紹介@〜愛の天使の仕事〜

2010年05月07日(金) 14時00分


本日紹介するのは企画展の中心となる
モチーフの一つである、キューピッドです。
キューピッドはローマ神話の
愛の女神・ビーナスの息子であり、恋愛を司る神でもありました。




Valentine Cupid Catching Hearts Net 1908

彼は小さい子どもの姿をしており、
特徴として背中に小さな羽根と弓矢を背負っています。
その弓矢には恋愛に関する不思議な力が宿っており、
心臓を射止められると例え神でも、
恋の炎を燃え上がらせることになります。
彼のいたずらが引き起こした数々の恋の事件が,
神話にも語られております。



Cupid Letter


恋人たちの守護神であったキューピッドは、
欧州諸国にて愛の使いの天使として一般に広まりました。
グリーティングカードにもイメージは受け継がれ、
真心を伝えたいカードには
必ず天使が登場するようになりました。

ヴァレンタインカードなどに登場する天使たちが、
みんな小さな子どもの姿をして弓矢を携えているのは、
キューピッドをモチーフにしているからでしょう。
彼の手に射られた心臓は恋心で赤く染まり、
溢れる想いを伝えております。




Valentine's Day Heart Cupid Artist


可愛らしい幼い姿のキューピッドたちは
恋心を伝えるメッセンジャーとして、
美しい絵葉書の中で大活躍することになったのです。



次回も企画展の特集を致します。
お楽しみに!



次回は6月4日の予定です
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ