華麗な絵葉書2〜お姫様ヘアースタイル〜

2008年05月30日(金) 12時09分
本格的に梅雨入りし、
空気もなんだかどんより重たいですね。
湿っぽい毎日が続くと外出しにくいですが、
こういう時こそ美術館に行くことをお勧めいたします。
涼しくて快適な美術館で一日のんびり過ごすと気分もリフレッシュしますよ!


前回に引き続いてお姫様ファッション特集。
ドレスよりも個性的だったヘアースタイルを紹介いたします。


フランスの女王、マリー・アントワネットが贅沢な毎日を送っている頃、
ヘアースタイルはドレス以上に重要なおしゃれポイントでした。

 
Silhouette Deco
Couple on Couch Steen

 


カリスマ美容師は礼服に身を包み、
馬車でお宅まで訪問します。
ご婦人の髪を前にじっくりイメージを膨らませて、
おもむろに櫛を取り出し……

髪にパッドを仕込んでつけ毛をたっぷり使い、
芸術品ともいえる奇怪な建築物を作り上げるのでした。

              
なかでも豊富なヴァリエーションで人気があったのが
「オセンチ・プフ」と呼ばれるヘアースタイルです。



依頼主の心を表現するために、
蝶の舞う庭園やドールハウス、牧場、生の果物や花など、
あらゆるものを頭に乗せ、さらに羽で飾り立てたのでした。


他では類を見ないあまりにも奇抜なヘアースタイルは、
貴族を批判する風刺の標的になり、
巨大な髪型のせいで馬車の天井を突き抜けるという、
コミカルな風刺画が描かれるようになりました。


ちなみに18世紀は貴族でも
何日もお風呂に入らないのが当たり前だったため、
相当痒かったそうです。


ファッションが時として、美しく見せることより目立つことに先走ってしまう、
いい例ではないでしょうか?


絵葉書資料館では、企画展の絵葉書以外に、常設でたくさんのコレクションを展示しております!可愛い絵葉書もたくさんありますよ!!



次回はお姫様のファッションをひきたてた小道具を紹介いたします。
お楽しみに!




次回は6月6日の予定です
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ