文明開化と西洋時計

2019年04月26日(金) 20時34分

1492年コロンブス使用の時計


日本が西洋文化を積極的に取り入れたのは、
生活水準の高さを国内外にしめす目的がありました。



そのため舶来品の日用品や贅沢品などが次々と紹介され、
物珍しく高価な西洋時計は富裕層に熱狂的にもてはやされ、
紳士淑女は懐中時計を持ち、置時計は応接間のシンボルになりました。



供給が追いつかず、仕入れた商品を店へ運ぶ間に
売り切れてしまったこともあったそうです。
それだけ人気のあった時計ですが、西洋式の機械時計について
国内の技術はまだ追いついておらず、輸入販売が中心でした。



今では世界有数の時計メーカーとして名を馳せているセイコーも、
輸入販売から始めたそうです。




東京や大阪を中心に輸入時計商が開業し、
販売ノウハウや修理技術が向上しました。
経験を積んだことにより、日本でも本格的な時計製造工場ができました。
そこから日本の時計産業は急速に発展するのです。




次回も素敵な絵葉書を紹介します。
お楽しみに!






次回は5月の予定です
  • URL:https://yaplog.jp/ehagaki-roman/archive/142
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2019年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ