日本の近代化と植物6〜バラ〜

2019年02月28日(木) 22時57分

夢二 薔薇



世界中に原種が数多く存在し、
百合や蘭と共に高い人気をほこる薔薇。
日本との関係も深く、万葉集に棘原(うばら)
または宇万良(うまら)と詠んでおりました。



日本では房咲きで白く可憐な花をつける
野茨が自生しておりました。
平安期に遣唐使が薔薇(そうび)を持ち帰りました。
濃厚な香りと鮮やかな色の薔薇は
貴族の屋敷や寺の庭園に植えられたそうです。



長らく愛でられ続けた薔薇にも、
開国と同時に新しい文化の風がふきます。
西洋で品種改良された薔薇は、
豪華で芳醇な香りで今までにない美しい花でした。



蕗路虹児 薔薇の柄ドレスの女性



絵葉書でもモダンローズは、
新しい女性モチーフとして大変もてはやされたのです。




次回は当館の企画展をご案内致します。
お楽しみに!






次回は1月の予定です
  • URL:https://yaplog.jp/ehagaki-roman/archive/140
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2019年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
月別アーカイブ