猫と擬人化

2018年07月29日(日) 16時51分

新板猫乃狂言つくし



贅沢禁止令がたびたび発令され、
庶民が贅を凝らした衣装や調度品を持つことだけでなく、
歌舞伎や遊女も贅沢を促す存在として取り締まり対象になりました。



姿を絵にすることまで禁止され、浮世絵師たちは苦難を強いられました。



そこで考えられたのが擬人化。人の姿に扮した猫を実在の人に置き換えて描いたのです。



これらの浮世絵は、一見ただの猫のキャラクターのように見えましたが、
持ち物や仕草から連想する謎かけを解けば、
人気の芸妓や歌舞伎役者だとわかる仕掛けがあったのです。
反骨心あふれる絵師らは、この技法を用いて
時の政治家を茶化す浮世絵も発表されたのです。




彼らの努力とユーモアあふれるセンスで
誕生した人型の猫は人気が出て、
風刺目的から離れて使われるようになりました。




次回も素敵な絵葉書を紹介します。
お楽しみに!






次回は8月の予定です
  • URL:https://yaplog.jp/ehagaki-roman/archive/133
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ