ヨーロッパと猫〜Helena Maguire〜

2017年08月07日(月) 17時19分

Cats Lover
Flower Present



ヘレナ・マグワイアは、画家一家の娘として育ち、
動物や子どもを題材にしたポストカードを数多くてがけました。
猫はヨーロッパでも可愛がられ、イラストやグッズもたくさん登場しました。
しかし猫は長い間、魔女の使いとして不遇の時代を送っていたのです。



中東の商人により、飼い猫はヨーロッパに伝えられました。
それまで野生の山猫を飼いならすことのできなかった
ヨーロッパの人々は、家猫を丁重にあつかいました。



しかし15世紀の終わりの頃、
魔女が作物の不作や疫病の原因と信じられ、
闇の中で動ける生き物を使い魔にしていると考えられていました。

その代表が猫だったのです。



Kitten Checking
Its Apparence in Mirror




瞳孔を自由に変え、夜に目を光らせて足音もなく動き回る姿から、
人目を忍んで悪しきことをすると信じられました。
魔物と決めつけられた猫は、魔女と一緒に火あぶりにされました。
この痛ましい出来事は、狂信的な魔女狩りがおさまる18世紀まで続いたのです。




迷信が下火になると同時に、
猫への恐怖も薄れていき、
犬と並ぶ人気のペットとして地位を獲得しました。
その影響により、
可愛らしい猫のモチーフが登場するようになったのです。




次回も素敵な絵葉書を紹介します。
お楽しみに!






次回は9月の予定です
  • URL:https://yaplog.jp/ehagaki-roman/archive/124
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ