モダンな流行生活6〜カチューシャの唄〜

2016年10月28日(金) 21時11分

芸術座員松井須磨子一派
実演 復活 カチューシャの唄




大正時代の流行歌の特徴とて、
新しい女をテーマにした歌詞が多く発表されました。
その背景に婦人解放運動に立ち上がり、
平塚らいていを中心に青鞜社をたちあげがあります。



彼女たちは活動の一つとして、演劇に力をいれました。
それまで演劇や映画の世界では、
男優が女役を演じることが常識で、
女優は賤しい仕事とされ、
不良か商売女と同一視されておりました。



青鞜社は女優を専門職として地位を向上するため、演劇を企画・上演につとめました。



「カチューシャの唄」も、島村抱月が須磨子のカチューシャの劇中でうたわすために
作詞島村抱月と相馬御風、作曲を中山晋平で制作しました。




日本の民謡のメロディに
西洋のメロディを折衷したものを、
と依頼され随分苦心したようですが、
完成した「カチューシャの唄」は
日本作曲家による、
はじめての洋風メロディの流行歌として、
全国的な名声と人気を獲得したのです。




次回も素敵な絵葉書を紹介します。
お楽しみに!






次回は11月の予定です
  • URL:https://yaplog.jp/ehagaki-roman/archive/118
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ