オオアリクイだけど金野

June 16 [Sat], 2018, 2:35
赤ちゃんを産みたいと思って妊活を始めた時点から葉酸を摂るようにする事が良いといわれています。
赤ちゃんを授かる前に体内に十分な量の葉酸が蓄積されている事がお腹の中の赤ちゃんの先天性奇形の予防においてとても効果があるのです。



もちろん、妊娠3ヵ月頃までは続けて摂取する事が重要です。妊活の結果が長らく出なければ、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。ストレスがあることにより生殖機能が低下させられますので、ずっと続けていると悪循環になってしまうかもしれません。



ですので、思い切って妊活を中断することを決めた方がベターな場合もあるでしょう。


現実に、妊活を休んですぐ妊娠できたという場合も多いです。
自身の年齢も考慮に入れ、担当医ともよく話し合ったうえで、一時的に休んでみることもいいかもしれません。


妊娠は母体の過ごし方や精神状態に変化を与えるので、その変化が身体にとってストレスとなり、自律神経がバランスよく働かないこともありえます。
いわゆるつわりは、妊娠初期のホルモンバランスの変動、もしくは毒素の排除によって生じるというのが定説ですが、自律神経の働きが影響している場合も少なくありません。


葉酸は、ストレスへの耐性を高めるために役立っており、つわりの軽減も期待できるわけです。



友人は妊活中によく漢方を飲んでいたと思います。彼女によると体質から変えたい、と考えているようでした。漢方だったら安全に服用できると思います。彼女は漢方を続けていたようです。
その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠できたので、みんなでお祝いを計画しています。

赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、体を温めるには適しています。

また、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの夏が旬である野菜に多く存在しています。

また、果物はデザートとして少しの量を摂るだけならいいですがスムージなどで大量に飲むとやはり体を冷やすので飲み物は温かくして飲むことをお勧めします。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。その理由は、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。


この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。思うんですが、私に赤ちゃんができたのは、葉酸を服用したおかげです。


テレビで私は葉酸サプリの重要性を教えられました。

妊活に励んでいる人が一番に飲むサプリだと思います。私は結婚をしてから三年、一度も妊娠できませんでした。



それで、試してみようと飲んでみたところ、ちゃんと妊娠できました妊活をしている間はつらさを感じることも多いので、心も体もダメージに弱くなっています。
もしも結果がずっと出ない場合は、うつ状態になってしまう場合もあります。
不妊の最大の原因はストレスだとも考えられています。



不妊治療をやめた途端に、ストレスがなくなり間もなく妊娠することが出来たという人はよくいます。
妊活をしたことによってつらいことが多くなってしまうということを避けるためにストレスを解消しつつの継続が大切と言えるでしょう。



赤ちゃんがほしいと妊活を継続している方は、お守りを持ち歩くのをおすすめします。
具体例として、鎌倉にある長谷寺は子宝と縁のあるお寺で、そこにおいてあるお守りは、大変な妊活の緊張を和らげて落ち着かせてくれます。
また、パワーストーンなんかも妊活中の女性に人気があるのでさまざまなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。

その中でも適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は最も重要なポイントだと言えます。こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸をしっかりと摂取することがおススメです。

例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単だと思いますから、おススメですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛
読者になる
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる