EPA看護師 国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)

March 31 [Wed], 2010, 13:10
 看護師国家試験の合格者が26日発表され、日本で研修中のインドネシア人男女各1人とフィリピン人女性1人の計3人が合格した。経済連携協定(EPA)に基づき来日した候補者として初の看護師誕生となる。だが、針の穴を通すような狭き門。多くが不合格で帰国すると国内外で批判が高まりそうだ。【有田浩子、岡田英、古賀三男】

 合格したのは、インドネシア人のヤレド・フェブリアン・フェルナンデスさん(26)=新潟・三之町病院▽リア・アグスティナさん(26)=同▽フィリピン人のラリン・エバー・ガメドさん(34)=栃木・足利赤十字病院。

 試験は先月21日にあり、両国の看護師候補者のうち約7割の254人が受験した。日本人を含めた看護師の全国平均合格率は89.5%だった。

 「すっごくすっごくうれしいです」。会見したアグスティナさんは両手を大きく広げて喜んだ。母国の弟と妹にメールで報告したという。フェルナンデスさんも「病院の人の応援があって合格できた」と話した。2人は母国で看護師を2〜3年経験し08年に来日した。午前中は仕事をし、午後に約4時間、病院スタッフ1人がついて試験勉強や日本語の指導を受けた。

 昨年2月の国家試験では受験した82人が全員不合格で、来日3年以内に合格できなければ帰国となる。第1陣(08年8月)のチャンスはあと1回だ。アグスティナさんは「みんな一生懸命勉強するので期限を延長してくれませんか」と話した。

  □   □

 EPAの受け入れをめぐっては、病院・施設まかせで「日本語支援が不十分」(平野裕子・九州大准教授)という指摘があった。インドネシアのマルティ・ナタレガワ外相も今年1月、岡田克也外相との会談で「漢字が難しい試験を改善してほしい」と求めている。

 ◇ことば・EPA

 2国間の経済連携を強化するための協定で、看護師・介護福祉士候補者の受け入れも含まれる。

 インドネシア人候補者は08年8月から、フィリピン人は09年5月から受け入れ、両国合わせ看護師候補者約360人、介護福祉士候補者約480人が来日した。半年間の日本語研修の後、日本の病院・施設で働きながら国家資格取得を目指す。介護福祉士は実務経験3年が必要で1回しか受験できない。

【関連ニュース】
赤松農相:EPA交渉早期再開を 韓国閣僚と確認
ドイツ:議会与党トップ「EVの規格標準化、日独連携で」
経団連:アジア・ビジネス・サミットで提言
日韓EPA:交渉、早期再開を 赤松農相、韓国閣僚と確認
アジア・ビジネス・サミット:鳩山首相が経団連初訪問 政と財、ジリジリ接近

テレ東、BSジャパンなどグループ3社が経営統合で合意(産経新聞)
ワインの時短テクニック
郵政問題などで閣僚懇談会開催へ 首相表明(産経新聞)
外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ−厚労省(時事通信)
桂宮さまが入院(時事通信)

福岡県知事、減給50%処分へ…町村会接待(読売新聞)

March 29 [Mon], 2010, 16:07
 福岡県町村会による前副知事・中島孝之被告(68)(収賄罪で起訴)ら県幹部への接待問題で、麻生渡知事は自らに対する処分として減給50%、6か月とする方針を固めた。

 県議会最終日の26日に関連条例案を提出し、可決されれば4月分の給料から適用する。

 知事は中島被告を副知事に抜てきし、10年余りにわたり、ともに県政運営にあたってきた。県議会からは知事の任命・監督責任を問う声が上がっており、厳しい処分が必要だと判断した。知事の給料は月額135万円。今回の処分により、計405万円が削減される。

 県の職員倫理調査委員会は10日、中島被告ら退職者2人と現役幹部職員3人の計5人が長年、飲食や旅行など接待を受けていたとの調査結果をまとめた。職員3人について知事は近く降格人事などを決める方針。

 26日の県議会には、副知事の規範を定めた倫理条例案、中島被告の後任の副知事人事案も提出される。

 条例案には、副知事が規範に違反した場合、退職後でも調査委員会に呼ぶことができると明記する。後任の副知事人事について、知事は25日、県庁内で記者団に対し、「私には(候補が)2人いる」と述べ、最終の絞り込み作業を進めていることを明らかにした。

<消費者庁>不当表示で化粧品輸入販売業者に措置命令  (毎日新聞)
<日韓歴史研究>「教科書」溝埋まらず 継続危うく(毎日新聞)
<幼児虐待死>夫婦の主張に差、夫の判決確定…戸惑う裁判員(毎日新聞)
<こいのぼり>春風に300匹 佐賀・嘉瀬川(毎日新聞)
<掘り出しニュース>警告カードを水増し 「上司にほめられたかった」(毎日新聞)

EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)

March 27 [Sat], 2010, 23:04
 厚生労働省は3月26日、今年度の看護師国家試験の合格者を発表し、日本との経済連携協定(EPA)に基づいて来日中のインドネシア人とフィリピン人の計3人の看護師候補者が合格したことを明らかにした。EPAで来日した看護師候補者が合格したのは初めて。今回の合格者は全体で4万7340人で、合格率は89.5%。EPA関連では、両国で合わせて254人が受験していた。

 合格した外国人看護師候補者は、新潟県三条市にある三之町病院のインドネシア人の男女2人と、栃木県足利市にある足利赤十字病院のフィリピン人女性1人。

 厚労省などによると、インドネシア人の男女は2008年8月に来日した1期生で、半年間の語学研修を経て、昨年2月から三之町病院で働き始めた。
 同病院の担当者の話では、2人とも当初の日本語能力は「小学3、4年生レベル」だったため、初受験はあえなく不合格に終わった。その後、午前中は臨床現場で看護助手の仕事をこなし、午後は国家試験に向けた勉強を続け、今では「方言を含めて違和感なく日常会話ができる」ほどまでに上達した。昨年末に行われた模擬試験では、合格ラインにわずかに届かなかったが、2月の試験当日までのラストスパートで見事栄冠をつかんだ。
 同病院では、日本人看護師と同様の対応は難しいと考えているため、先輩看護師がマンツーマンで教育指導を行う通常の「プリセプター制度」だけでなく、日本語のサポートを含めた手厚い支援を行う。4月には、日本人看護師と一緒に新人研修を受ける予定だ。

■日本語検定2級取得、国試も一発合格

 一方、EPAに基づくフィリピン人の受け入れは今年度にスタート。合格した女性は昨年5月に来日し、10月に足利赤十字病院で仕事を始めたばかりだったが、言葉の壁を乗り越えて一発合格を果たした。同病院の小松本悟院長によると、女性は昨年12月に日本語検定2級を取得。同月の看護師国家試験の模擬試験でも合格ライン上だったという。
 女性は先週から、同病院の新人看護師研修に参加しており、今回の合格を聞いて「フィリピン人合格者の第1号なので、大変喜んでいる」(小松本院長)という。


【関連記事】
インドネシア人介護福祉士候補者受け入れ施設に実態調査
准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少
国試で読み仮名「考えていない」−EPA看護師候補者などで
外国人看護師候補者受け入れで実態調査へ―山井政務官

<日米密約>文書「破棄」を第三者委で調査へ(毎日新聞)
野焼き3人死亡 安全性は感覚で判断 4団体代表が会見(毎日新聞)
水道止められ、激怒した男の言い訳 (産経新聞)
普天間移設 「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)
<ヒブワクチン>定期接種化を衆参議長に請願(毎日新聞)

【はてなは、はてなし】論説委員・坂口至徳 京の名花 バイオで守る(産経新聞)

March 27 [Sat], 2010, 11:54
 満開の桜が、目の高さで波のように何重にも横に広がり、花の海に埋もれながら、五重の塔や伽藍(がらん)を眺められる。京都市右京区の仁和寺境内に咲く名勝、御室桜(おむろざくら)は、全国でも珍しい低木の桜を目近にめでるぜいたくな花見だ。

 古くから桜の名所として知られ、江戸中期の俳人、春泥舎は「仁和寺や あしもとよりぞ 花の雲」と詠んだ。

 この桜は「御室有明(おむろありあけ)」と呼ばれる遅咲きの品種で、「八重」のほか「一重」の花もつく。樹高が2〜3メートルと低いのが特徴だ。

 ところが、最近になってめっきり樹勢が衰えはじめた。仁和寺では、元の桜から伸びた枝(萌芽枝)を接ぎ木し、次世代の苗をつくり、移植する。同じ美しい花を咲かせるには、遺伝子が変化しないように同じ細胞を増殖させる伝統のクローン技術を使う。

 それでも御室桜は360年を超える歳月を経ており、活発な苗が得られるか、不安が残った。

 そこで、仁和寺が庭園管理をしている住友林業に相談して、若返りの秘策として採用したのが「茎頂培養」というクローン苗づくりだ。新芽の先にある増殖力旺盛な若い組織(茎頂)を試験管内で培養して苗に成長させる。無菌状態なので病気にもならず、培養液を入れ替えることで保存も利く。

 ランなど付加価値の高い草花では行われている方法だが、樹木では経済効率の上から建材や製紙に使う材料が主な対象だ。それでも、同社は、ラワン材の組織培養の実績を生かし、京都・醍醐寺のシダレザクラなど名所の桜の茎頂培養にも成功していた。御室桜については平成19年から、千葉大学との共同プロジェクトを組み、ことしになって苗木ができあがった。境内に植えられるのは、2、3年後になるが、それまでにDNAや土壌の性質も調べる。低木なのは本来の遺伝的な性質か、土壌が粘土質で貧栄養なため成長が遅いせいか−など御室桜の長年の謎が明らかにされる。

 仁和寺では「温暖化の影響か、遅咲きの桜なのに開花時期が早くなっています。新たなバイオ技術の導入でできた苗が、美しい環境をつくるシンボルになればいい」と期待を込める。日本人がこよなく愛する桜の花はそれだけの力があるのは確かだ。

 こうした桜のバイオ技術では、日本製紙が、挿し穂を光合成のしやすい環境におくことで発根を促す方法を開発した。国立遺伝学研究所(静岡県)にある260種の桜の遺伝子源の保存などに導入されている。

 満開の状況を作り出すことについては、花咲かホルモン「フロリゲン」を発見した奈良先端科学技術大学院大学の島本功バイオサイエンス研究科教授は「桜は、花芽が開花の前年の夏に着くので、その時期に処理すれば、効果があるはず」と推測する。今後、花暦が少し変わるかもしれない。

 全国を席巻しているソメイヨシノは、もともと江戸末期に東京の植木屋が作り出した交雑種といわれる。美しく咲き誇る姿が気に入られ、接ぎ木など当時のバイオ技術が駆使されて広まった。クローンであるがゆえに、一斉に咲いて散る。寿命についても、60年など短命説が出ている。

 「散る桜 残る桜も 散る桜」(良寛)

 桜は日本人の死生観などに大きな影響を与えてきた。バイオ桜を楽しみながら、地球温暖化や生物多様性について思いをはせてもいいのではないか。

【関連記事】
東京で桜が開花 平年より6日早く
大阪で桜が開花  観測史上2番目の早さ
春分の日 季節の変化に心向けたい
風流を愛でるマジック 室町時代にも数学が
ウェザーニューズ、桜吹雪の頃を予想する「桜吹雪メール」
20年後、日本はありますか?

<日本芸術院賞>洋画の山本文彦氏ら9人 09年度受賞(毎日新聞)
郵政改革 亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承(毎日新聞)
どうしてる? 「下着を捨てる」女性の半数以上が不安(産経新聞)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
<鳩山首相>「北方領土」弁論最優秀の高校生が表敬訪問(毎日新聞)

郵政改革、24日に骨格発表へ=原口総務相らと詰めの協議−亀井担当相(時事通信)

March 26 [Fri], 2010, 19:50
 亀井静香金融・郵政改革担当相は23日夕、金融庁内で原口一博総務相、斎藤次郎日本郵政社長らと会談し、鳩山政権が進める郵政事業の見直しについて詰めの協議を行った。焦点となっている日本郵政グループに対する政府の出資比率や、現在1000万円となっている郵便貯金の預入限度額の引き上げを盛り込んだ郵政見直しの骨格について、亀井氏が24日午前に発表することを確認した。
 亀井氏は会談後、記者団に対し「(日本郵政グループの)非正規社員の正社員化や全国一律サービスの提供などに伴うコスト負担に耐える経営について頭に入った。そういうことを含めて決断する」などと語った。
 日本郵政グループは現在の5社体制を3社体制に再編する方向が固まっている。現在、グループ親会社に対する政府出資については、経営上の重要事項に拒否権を持つ「3分の1超」と人事権を握る「2分の1超」の両案に絞られている。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<皇太子ご夫妻>愛子さま学校問題「心を痛めております」(毎日新聞)
長谷川等伯展 29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)
<明石歩道橋事故>遺族「補充捜査を」 要望書を提出(毎日新聞)
<黒澤明財団>佐賀・伊万里市長が新たな契約表明(毎日新聞)
有事の核持ち込み、容認せず=岡田外相発言に不快感−平野官房長官(時事通信)

禁輸、本会議でも回避へ=EUで輸出許可制模索の動き−クロマグロ(時事通信)

March 26 [Fri], 2010, 2:54
 【ドーハ時事】ワシントン条約締約国会議が第1委員会で大西洋・地中海産クロマグロの国際取引禁止案を否決したことを受け、25日の全体会合でも禁輸が回避される見通しとなった。禁輸案を提示したモナコが本会議に当たる全体会合で議論を蒸し返さない構えのほか、同案を条件付きで支持した欧州連合(EU)も大差で否決されたことを踏まえ「同じ提案を再び出すことは不可能」とのムードが強いためだ。
 ただ、EU内ではフランスが禁輸措置から輸出許可制への切り替えを探っている。また、各国に大きな影響力を持つ米国は、自ら提案したホッキョクグマの毛皮などの禁輸案に続き、禁輸賛成に回ったクロマグロでも敗北を喫し、今回の会議で大きな成果を得られていない。
 このため「米国が終盤に向け、何らかの巻き返しの動きに出る」(会議関係筋)との観測もあり、波乱がないとは言い切れない。 

イラク戦争、検証が課題=政府答弁書(時事通信)
大阪中心部に親水ゾーン「僕も泳ぐ」橋下知事(読売新聞)
皇后さまが宮中祭祀ご出席(産経新聞)
白老バーガーの宣伝に一役=北海道物産展を満喫−首相(時事通信)
最高裁判事に岡部喜代子氏、歴代4人目の女性(読売新聞)

<広末涼子さん>前方不注意で接触事故 東京・環状7号線(毎日新聞)

March 25 [Thu], 2010, 3:47
 女優の広末涼子さん(29)が19日に東京都世田谷区の環状7号線で乗用車を運転中、前方の車両に接触する事故を起こしていたことが分かった。双方にけがはなかった。警視庁北沢署は広末さんの前方不注意が原因とみている。

 北沢署によると、広末さんは19日午前8時25分ごろ、世田谷区大原の環状7号線で乗用車を運転中、交差点手前で右折レーンに車線変更しようとした際、信号待ちをしていた男性会社員(40)の乗用車の右後部に接触した。【内橋寿明】

【関連ニュース】
広末涼子:部屋着とめがね姿に「ギリギリですよね」と 「からだ巡茶」キャンペーンイベント
広末涼子:明石家さんまと「幸せってなんだっけ〜」CM初共演 キッコーマン
FLOWERS:蒼井、竹内、広末ら「TSUBAKI」CMの女優6人が映画で共演
広末涼子:NHK大河「龍馬伝」 地元の英雄と「純粋でまっすぐで素直な恋」
広末涼子:西島秀俊といきなり入浴シーン撮影 「ゼロの焦点」初日舞台あいさつ

花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発−産総研など(時事通信)
<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
<国交省>ブレーキ優先、義務化を検討(毎日新聞)
新薬メーカー54社から受託製造―行政処分受ける大洋薬品高山工場(医療介護CBニュース)
センバツ 開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)

鳩山邦夫氏に酷評の嵐(産経新聞)

March 24 [Wed], 2010, 5:43
 ■何回離党されましたか/龍馬気取りに「はあ?」/10年遅かった

 自民党に離党届を出した鳩山邦夫元総務相に対して16日、野党や閣僚から厳しい声が相次いだ。

 共産党の穀田恵二国会対策委員長は記者会見で、「何回離党されましたか。ずいぶん数えきれないほどあったと思う」と、鳩山氏の“離党癖”を皮肉った。

 鳩山氏は衆院当選11回の政界有数のベテラン。昭和51年の初当選から今までに「新自由クラブ→自民党→無所属→改革の会→自由改革連合→新進党→民主党→無所属→自民党→無所属」と、所属する政党や院内会派を変えてきた経歴を持っている。

 一方、前原誠司国土交通相は記者会見で、鳩山氏が新党結成に向け坂本龍馬役になると発言したことについて、「私は坂本龍馬が大好きなので極めて不快感を持っている。自民党の古い、考え方の違う方々を薩長同盟になぞらえて一緒にするといわれても、『はあ?』という感じだ」と酷評した。

 仙谷由人国家戦略担当相も「はっきり言って、行動が10年遅かった。第三極論は相当色あせているのでは」と批判。枝野幸男行政刷新担当相に至っては、「興味も関心もない。昨日の(鳩山氏離党の)ニュースの視聴率は低かったんじゃないかな」と冷ややかだった。

<強風>壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)
妻と長女を殺傷 容疑の夫、遺体で発見 大分(産経新聞)
“泥棒目線”の防犯対策が重要 ベテラン刑事に聞く空き巣対策 (産経新聞)
山梨県副知事に小沼氏(時事通信)
<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)

沖縄ひき逃げ、女性米兵が県警に出頭へ(読売新聞)

March 23 [Tue], 2010, 14:20
 沖縄県名護市で起きた米軍車両によるひき逃げ事件で、在沖縄米軍は18日、容疑者として逮捕した海軍3等兵曹の女(25)に対する県警の出頭要請に応じることを決めた。

 県警は道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失致傷容疑で捜査しており、出頭すれば任意で事情聴取を始める。

 県警や米軍によると、3等兵曹は16日夜、同市辺野古の国道329号で海軍のジープ型車を運転し、近くの米軍基地従業員の日本人男性(45)の軽乗用車に追突。男性に首のねん挫、後部座席にいた小学4年の長男(10)と助手席にいた次男(2)に軽傷を負わせ、逃走した疑いが持たれている。

 ただ、米軍関係者が公務中に事件を起こした場合、第1次裁判権は米軍側にある。公務外なら裁判権は日本側にあるが、米軍側は「調査中」としている。

強風で交通ダイヤが大荒れ 都内ではけが人も(産経新聞)
<大阪大空襲65年>通天閣で犠牲者追悼のコンサート(毎日新聞)
“泥棒目線”の防犯対策が重要 ベテラン刑事に聞く空き巣対策 (産経新聞)
<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
両陛下と皇太子ご一家がご昼食(産経新聞)

<SFCG>債権額2900億円 破産管財人が集会で報告(毎日新聞)

March 19 [Fri], 2010, 21:36
 経営破綻(はたん)した商工ローン大手「SFCG」(旧商工ファンド)と大島健伸元社長(62)=いずれも破産手続き中=の第2回債権者集会が17日、東京地裁であり、破産管財人は査定した債権額を約2900億円(17日現在)と報告した。昨年10月の第1回債権者集会では届け出債権を3兆1000億円としていたが、金融機関が主張していた債権の重複部分を除外した結果、大幅に減額されたという。

 管財人によると、査定した債権の内訳は、金融機関などが約2284億円で、過払い金が約622億円。一方、取引先に貸し付けていた約23億円を回収したことから、回収できた資産は約38億円から約61億円に増加した。

 債権者集会には約200人が参加。大島元社長は体調不良を理由に欠席した。【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース】
改正貸金業法:借り入れ手続き緩和 資金繰り難を想定
改正貸金業法:借り入れ手続きを緩和 資金繰り難を想定−−金融庁検討
共に生きる・トブロサルダ:大阪コリアンの目/33 /大阪
クレジット・サラ金110番:あす実施 /福岡
県内在住弁護士申告漏れ:県弁護士会が調査 該当者見つからず /福島

激変緩和で返済猶予へ=貸金業法改正で借り手救済−政府検討チーム(時事通信)
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦(時事通信)
民公接近 与党から不満続出、連立に影響 小沢氏ダンマリ(産経新聞)
<佐賀大>ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
<公金横領>詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋(毎日新聞)