対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)

May 14 [Fri], 2010, 16:30
 【ワシントン=佐々木類】共産党の志位和夫委員長は7日夕(日本時間8日朝)、ワシントン市内で産経新聞との単独インタビューに応じ、「米国は日本の隣国であり、手法は違っても核なき世界の実現に向けて大局的に協力できる」と述べ、今後、オバマ政権や議会との交流を深めていく考えを示した。

 志位氏は、初の訪米について、米下院議員や国務省のメア日本部長らと会談したことを明らかにし「多角的な意見交換ができた。ささやかな一歩となった」と強調。米国について、「反共の壁が崩れた結果、訪米が実現した。『反米』とか固定的にとらえる必要はない」と語った。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関しては、「無条件撤去が必要だ」との持論を展開。一連の会談を通じて米側に対し、共産党の立場を説明したことを明らかにした。

 一方、普天間問題で鳩山由紀夫首相が沖縄県内への移設を検討していることについて「責任は重い。県民の怒りは頂点に達した」と批判、国会論議を通じて責任を追及していく考えを表明した。

【関連記事】
県内移設の政治責任重い 志位氏がNYで首相批判
核なき世界が社会の潮流 NYで志位共産党委員長
共産党の志位委員長が渡米 NPT再検討会議出席へ
志位氏、「沖縄県民大会を軽く見るな。県内移設は不可能になったのだ」
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」

戸別訪問を解禁=「通年国会」も−民主公約案(時事通信)
踏切作動せず列車通過=別の駅ではオーバーランも−JR九州(時事通信)
局部長にも専門スタッフ職=国家公務員の退職管理方針−総務省案(時事通信)
漫画家協会賞大賞に安部、鮎沢両氏(時事通信)
信長と義元像、因縁の桶狭間古戦場に登場(読売新聞)
  • URL:https://yaplog.jp/e9ezj0rs/archive/68
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。