内村、28年ぶり個人総合「金」!田中和は6位…体操

August 02 [Thu], 2012, 11:45

ロンドン五輪体操▽男子個人総合決勝コーチ 長財布(1日・ノースグリニッジ・アリーナ) 24人で争う男子個人総合決勝は、世界選手権3連覇中で予選9位の内村航平(23)=コナミ=が全6種目でただ一人、15点以上の高得点をマーク。合計92・690点で1984年のロサンゼルス五輪の具志堅幸司以来となる、28年ぶりの金メダルを獲得した。


 内村は予選では落下したあん馬、コーチ ポピーさらにつり輪でもほぼノーミスの演技を見せると、コーチ マディソン跳馬では着地をピタリと決め、16・266の高得点をマーク。合 計46・665点のトップで折り返した。4種目の平行棒は15・325点。5種目の鉄棒ではF難度のコールマンをあえて省き、着地を決め、15・600点 をマークした。最終種目の床では一度手をつくミスも15・100点にまとめた。


 負傷した山室光史(23)=コナミ=に代わって出場した予選22位の田中和仁(27)=徳洲会=は、床とあん馬のミスが響き、合計89・407点で6位だった。


 内村航平「表彰台に上がった時は夢かと思いました。やっと、ここまで来たという思いといろいろなものがこみ上げてきました。チームのため、日本の皆さんのためにも気持ちだけ強く持ってやりました。(金メダルは)一番重たいし、一番輝いています」


 田中和仁「悔しいです。(山室)光史がけがして、光史のためにも、自分のためにも、団体の悔しい気持ちを晴らしたかった。まだ(種目別の)平行棒が残っている。しっかり調整して、気持ちを切り替えたい」


 冨田洋之コーチ「盤石の試合運びだった。ハードなスケジュールを乗り越え、内村はよくやった。知らず知らずにプレッシャーは感じていたはず。ねぎらいたいと思う」


 具志堅幸司氏「早く後継者がほしいと、ずっと思っていた。ようやくできたという気持ち。28年ぶりの金メダル、おめでとうのひと言しかない。体操ニッポンの強化は6種目が基本。ようやく金メダルが取れた」



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:e7103114700
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/e7103114700/index1_0.rdf