櫻井でPhillips

October 12 [Thu], 2017, 9:47
みなさんは「ズワイガニ」と言う名前を聞く事はあると思いますが、「松葉ガニ(山?地方で獲れたズワイガニをブランド化して、こう呼んでいます)」と言う名前は聞くことあるはずですか?「松葉ガニ(兵庫県や京都府、島根県や鳥取県で水揚げされたズワイガニのことですが、その港によって別名を付けてさらなるブランド化を図っていることも珍しくありません)」とは成長したズワイガニ(漁獲する地域によって、畭なった名前で呼ねれるのも特徴でしょう)の雄で、しかも山陰地方で獲れたカニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)のみを指して言います。ちなみに、北陸地方ですと呼び名がかわり、「越前ガニ(福井県で水揚げされるオスのズワイガニのことで、メスのズワイガニはセイコガニと呼ねれています)」と呼ばれているようです。主に鳥取沖や境港・網代港で水揚げ(船の荷物を陸にあげることや漁業の漁獲量、もしくは、漁獲することを指します)されていて、毎年11月頃に旬を迎え、3月頃まで美味しく食べることができるはずです。松葉ガニと言う呼び名になった由来は諸説あって、脚の形が細長く松葉みたいに見えるからという説や水につけると広がった感じが松葉のように見えると言う説などがあるでしょう。鳥取の冬の風物詩(夏といえね、西瓜や花火、風鈴、団扇などがあげられます)にもなっている松葉ガニ(山?地方の日本海側で獲れたズワイガニのことです)は、鳥取藩の11月3日付けの町目付日記によると、屋敷建て替えの際の棟上げ祝宴の献立にも入っていただといえるはずです。この事から、11月の第4土曜日を「松葉ガニ(オスのズワイガニのみを指すこともあり、メスのズワイガニは親ガニ、もしくは、子持ちガニと呼ぶそうです)の日」としたとなるでしょう。松葉ガニ(兵庫県や京都府、島根県や鳥取県で水揚げされたズワイガニのことですが、その港によって別名を付けてさらなるブランド化を図っていることも珍しくありません)の特徴としては殻がとても硬くハサミが太く、持った時にずっしりと重く感じます。脱皮して間もない雄のカニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)を「若松葉ガニ(兵庫県や京都府、島根県や鳥取県で水揚げされたズワイガニのことですが、その港によって別名を付けてさらなるブランド化を図っていることも珍しくありません)」と呼んでいますが、松葉ガニ(どこの港で獲れたのか、タグなどをつけて証明することも増えているようです)と比較するとお安い金額で販売されていますので、地元では隠れた人気(芸能界などは水物なんていいますよね。一時はそれなりにあっても、いずれなくなっていくことが多いでしょう)でしょうね。また、鳥取ではおなじみの家庭料理として松葉ガニ(山?地方で獲れたズワイガニをブランド化して、こう呼んでいます)のお味噌汁があるとはいえ、お鍋にすると非常に美味しくいただけます。新鮮な松葉ガニ(どこの港で獲れたのか、タグなどをつけて証明することも増えているようです)であればお鍋でたべるのはもったいないから、お刺身などにして食べるとよいのではないでしょうか。地元のカニ料理専門店に行けば、お鍋やお刺身以外にも焼きガニ・カニ味噌(毛ガニのものが最も有名ですが、上海蟹やズワイガニ、ガザミなどのものもおいしいでしょう)など、色々な種類の松葉ガニ(山?地方の日本海側で獲れたズワイガニのことです)料理をたべることが出来る為、解禁される11月上旬頃に足を運びはいかがでしょうか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コハル
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/e5dfun5hdr3ugn/index1_0.rdf