じんましん 嘔吐

May 10 [Tue], 2016, 17:46
じんましんには、多種多様な種類が有るが、色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)の症状にかんして談じたいとおもう。
色素性蕁麻疹(しきそせいじんましん)とは、褐色調の色素斑である。
擦ると皮膚は赤くみみず腫れを起こし痒さを結びつくるのだ。

次にアレルギー性にかんして談じる。

アレルギー性じんましんの中で、一番よく認識されているじんましんの原因が食事性アレルゲンである。
食事性アレルゲンには2種類が実在する。
じんましんを誘発するヒスタミン等の物質が食物に入っていて、アレルギー反応を生じさせるケースの場合と、食物が直接アレルギー反応を生じさせるケースの場合が有る。
直接体にアレルギー反応を生じさせる物質が含有される食品は、以下の通りである。

★卵
★魚類(サンマ、サバ、カニ、マグロ、エビ、貝類等)
★野菜類(トマト、ジャガイモ、キャベツ等)
★肉類(牛肉、豚肉、鶏肉等)
★乳製品(牛乳、鶏卵、チーズ等)
★穀類(小麦、大豆、ソバ等)
★果物(リンゴ、メロン等)

ヒスタミン等のじんましんを誘発する物質が含有される食品は、以下の通りである。
チーズ、セロリ、タケノコ、ほうれんそう、バナナ、チョコレート、赤ワイン、食品添加物。
この中でも、食品添加物である保存料、合成着色料、酸化防止剤等は、じんましんの原因で気付きにくいものである。

これらのじんましんの抗原となる物質は、腸から吸収される。
腸はスパイスやアルコールを取る事で吸収が良くなり、じんましんが生起しやすいケースの場合もあるので注意して欲しい。
また体調にも関連し、腸に炎症がある人や、胆石、胃酸過多等の病気をもっていたりする人は、同じ食事でもじんましんを起こしやすい事が有る。

以下の症状の人は、コリン性じんましんの可能性が高いと云える。

★少量の汗でも、発疹が出現し、かゆみがでる。(大きさは1-2mmと小さい)

★少量の汗でもピリピリとした痛みを訴える事がある。(ケースの場合に拠っては、低血圧、腹痛、下痢を結びつく事もある)

★腕に現れやすく、全身に発症するが手には出ない。

★じんましんの発症期間は数分-30分以内で、数時間で消失する事が少なくない

アトピー性皮膚炎は、各種刺激物質により全身に拡大する可能性が有る。特徴点は、皮膚のきめが荒く、ゴワゴワした状態になり、肌が乾燥する事が症状によくみられる。アトピー性皮膚炎は、じんましんとは少しちがう症状に成る。
アトピー性皮膚炎は、じんましんと分類がつきづらい為、ドクターと対話しキッチリと治療に熱望する事が肝心である。



  • URL:https://yaplog.jp/e29ukd853cz9t/archive/1582