profile

« Shiespa | Main | 報告 »
ひろがるせかい  2006年03月12日(日)
 昨日は、うちの会社でシステム開発を担当している方を紹介していただき、人事の姐御を交えて三人で飲みに行ってきた。外資系コンサルティング・ファーム出身の彼は、昼間はうちの会社でバリバリ働き、夜は、新しい教育のあり方を模索して自宅で独自の実験的な塾を開いているという、何ともエキサイティングな人だ。私は以前、就職情報誌に載っていた彼の紹介記事を読んで感動し、思わず切り抜いて周囲に読ませて回ったことがある。それほどに憧れている社員さんだったので、お会いできて感激だった。
 
 3時間ほどの会合は、もう本当にエキサイティングだった。一夜明けた後も、まだ興奮が冷めやらない。恐らく機密事項だろうから書けないけれど、彼の塾の試みも、うちの会社の最前線も、面白くて仕方がなかった。彼らの人生観も、仕事観も、実に刺激的で、こんな人たちのいる会社で働ける自分は幸せだと思った。
 
 彼らは、二十一の小娘に過ぎない私の意見を、現場からの意見としてしっかりと聞き、取り入れようとしてくれる。時間講師の採用・新人研修について話をしていたときに、私の出した意見で、今後の方針が変わったり新しいプログラムが作られたりするような感覚があった。自分の発想から何かが生まれていく。会社が変わっていく。そんなダイナミックな昨日の会話は、今、思い出してもワクワクする。
 
 ありがたいことに、彼らは、好奇心旺盛な私に、
「今度のプロジェクトのメンバー、あと一人入れて良いって言われてるんだけど、来る?」
と次々、チャンスをくれるのだ。これまで一校舎の時間講師の立場では想像すらできなかった全社規模の壮大なプロジェクトに、誘いをかけてくれるのだ。…すごい。
 
 そう、駅に向かう道で、システム開発の社員さんに、
「あなたみたいな人が入ってくれて本当に良かった。」
と言ってもらえて、感動して、泣きそうになった。
 
 ここには私を待ってくれている人たちがいて、背伸びをする私にめいっぱいのチャンスをくれる。さっき、各種の就職サイトから退会した。何だかすごく身軽になった。さぁ、これで心置きなく跳べそう。

Posted at 10:08 / すてきなできごと / この記事のURL
コメント(0)
 
この記事のURL
https://yaplog.jp/dynamite_7/archive/90
 
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
COMMENT
アイコン画像こけし
喧嘩上等 (2008年10月18日)
アイコン画像ぷるん
喧嘩上等 (2008年10月04日)
アイコン画像汁大臣
喧嘩上等 (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
喧嘩上等 (2008年09月26日)
アイコン画像隙間男
喧嘩上等 (2008年09月24日)
アイコン画像はらしゅん
マワルソラ (2006年03月24日)
アイコン画像ひろみん
My Birthday (2006年01月10日)
アイコン画像ヨシダユウコ。
My Birthday (2006年01月08日)
アイコン画像ひろみん
My Birthday (2006年01月07日)
アイコン画像???
My Birthday (2006年01月07日)
   
GMO MadiaHoldings, Inc.