Elvin Jones 命日

May 19 [Sat], 2018, 23:59
昨日 5/18 はドラマーの Elvin Jones の14回目の命日。
Elvin は私のジャズ人生において避けては通れない存在だ。
ライブハウスで定期的にライブをやるようになり、私の音楽活動が本格的に始動したのが 2003年頃からで、
その頃は自分の中でかなり激動の時で、それまでとは生活も人間関係も大きく変わっていた。
その頃に縁会って出会ったのが、寺下誠(p)氏、高橋知己(ts)氏、山崎弘一(b)氏といったミュージシャンで
今日に至るまで多大な影響を受け関わりを持たせて頂く事になるのだけど、
彼らが直接的に影響を受け、共演し 愛してやまない共通のドラマーが Elvin Jones だった。

Elvinについては もちろん名前は知っていた。
田端のドラム教室時代、熱狂的なファンが同じクラスにいたしドラムマガジンなどの雑誌でも 複合リズムだとかポリリズムだとか、情報としては難解で複雑なイメージが先にあった。
あるライブでW.Shorterの「Black Nile」をやる事になり、「Night Dreamer」 を買って聴いて、なんてシンプルでストレートなドラム!とグッと身近に感じたのを覚えている。
これがElvinのドラムを自発的に聴いた最初だったと思う (コルトレーンと一緒にやってる My Favorite thingsやGreen sleeves はそれ以前に絶対どこかで聴いている事が後に判明)。

それから2001年だったか2002年に渋谷のKEYでElvinのドラムクリニックがあった。
会場までの階段はドラマー達の長蛇の列で、私達が並んでるその横を 奥さんのケイコさんと一緒にElvinが白い歯と金のペンダントをキラキラさせながらのっそりと歩く後姿が大きくて、神々しかった。
それがElvinを直接見た最初。
そのクリニックの中で質問コーナーがあり、今思えば不思議なのだけど私は挙手してないのになぜかスタッフの人にステージに上げられ、Elvinのドラムに座らせてもらったりした。
何を質問したのかよく覚えてないけど、私が左手に持ったスティックはElvinが思い切り引っ張るとすぐ抜けてしまうのに、Elvinが握っているスティックは私がいくら引っ張ってもビクともしなかった。
そして何より今も印象に残っている事は、Elvinの身体が触れていないのにストーブのように熱かった事だ。
あれ以来、私は人のオーラとかエネルギーというものを信じている。

そして2004年、Elvinが亡くなる年の新宿ピットインでの新年のライブ。
4日間あるうちの2回、聴きに行った。
Elvinをライブで聴くのはそれが最初で最後だった。
本当に素晴らしく、とても言葉にするのは難しいけれど、あの時から自分のジャズが始まったと思っている。
これが私とElvin の 数少ないけど濃い関わり。
その年の5月にElvinは亡くなった。
私の大好きなミュージシャン達に尊敬され、愛され、ジャズを伝えてくれたElvinは、今も生きている。







4ge4




Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:4ge4
読者になる
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31