ブログ非更新のお詫び

August 14 [Tue], 2018, 19:39

7月25日を最後に、拙ブログhを非更新状態のまま放置してきてしまった。
今日、先輩や同期友人から電話やメールで問い合わせを頂き、
「暑い中、体調を壊していないか? 」
もっと端的に言えば「生きているか?」
とのご心配をおかけしている事を知った。

お陰さまで、tontonは元気にしておりますことをご報告させて頂くとともに
この間の怠惰をお詫びいたします。

-----------------------------------------------------------------------

実は、日々相変わらず色んなことがあって、ブログネタには事欠かないのだが、
鬱陶しい事の連続に見舞われて、ついついブログにまで手が届かなかったのが実情。

・自宅の携帯電波不良対策の数々とauの対応への戸惑い
  総務省への申請にまで発展

・5日間の北海道旅行で撮った600枚の写真の不備
  画素数超過によるブログへの登載不可
  無料画像圧縮ソフトをネットからダウンロードしようとするも
  一度に圧縮できるのは5枚までとか
  関連するパソコンプログラムの更新が必要でそれにかなりの金がかかるとか・・
  もういい加減してほしい!


それでも、不撓不屈の精神でこの難局を乗り切っていきたいと思っています。

ワンダー君は太陽

July 25 [Wed], 2018, 11:19

最近映画づいている。
最大の理由は     猛暑!
畑仕事が朝の早いうちしか出来ず、
暇つぶしと 涼しさを求めて 映画館に入る。
とうとう東宝のマイレージ会員になった。
6回行くと一回ただになる。

今回は「ワンダー 君は太陽」



10歳の少年オギーは、生まれつきの障害により、
人とは違う顔をもっていた。
この世に生まれて来た時に祝福を受ける代わりに、
医者や周りの人、母親までもが顔を背ける惨さ。
限界まで20度程も形成手術を受けながら、
幼い頃からその外観ゆえに ずっと外へ出られず、
母イザベルと自宅学習をしてきた。
その彼が、親の強い勧めで意を決し
小学5年生になって初めて学校へ通うことに。

はじめのうちは同級生たちからじろじろ眺められたり避けられたりするオギーだったが、
オギーの行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。



全世界で800万部以上を売り上げたベストセラー小説「ワンダー」を、
映画化したヒューマンドラマ。

tontonの感想
顔が醜い、他の人と違う、ただそれだけの理由で人を差別する子供たち。
親もかばって隔離しようとする。
理屈では「あってはならないこと」と分かっていても、
外観、人種・生れ・宗教・個性 色んな差別は無くならない。

生きとし生けるものそれぞれの命への尊厳、
自身も生かされている身、ということへの謙虚な気づき、
そんな人生観が大切だろう。

しかし、この映画は そんな難しい理屈ではなく、
子供たちの間の自然なやりとりや 経験の積み上げの中で、
次第に差別することの無意味さ、理不尽さに気付いていく。 
しかし、実際には、
オギーがイジメに負けかけた時の母親の強い態度、
イジメた生徒への校長の毅然とした指導、
一人ぽっちのオギーに声をかけてくれる女生徒、
等々 暖かい周りの人々の存在が大きい。
校長先生の次の言葉が今もtontonの記憶に残っている。
「オギーは顔を変えられないんだ。
周りの我々が変わらないと」



涙線の弱いtontonは勿論、観客の多くが泣いている。
しかしただの御涙頂戴映画ではなく、
誰しも思い当たる記憶を思い起こしてくれる映画。
家族のあり方や、子育てについても考えさせられる。
地味な映画だが、絶対おお勧め。

おっさんのワンコインTシャツ

July 20 [Fri], 2018, 16:17

いつも写真のプリントに行くイオンで ワンコインでTシャツが買えるというので
膨大な種類の柄の中から探し出したのがこれっ!



どうしても捨てきれないバイクへの未練を せめてTシャツで。



おっさんには相応しくないお洒落な色合いも気に入った。
(ゆめさんのブログを拝見して、ブログに登載する気になった。
ちなみにワンコインは大きい方)

万引き家族

July 08 [Sun], 2018, 21:02

映画「万引き家族」を観た。
映画評記事が続くが、実はこの映画を観たのは先月下旬のこと、
カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したという実績に対して
ミーハー的好奇心から 「どうしても見ておかなくては!」と考えた次第。



鑑賞前は
是枝監督の作品は難しい、
エンディングは絶対ハッピーでなく、考えさせる筈などと
ちょっと身構えて始まりを待った。

いきなりの万引きシーン
その後の寄り合い所帯の様な奇妙な家族達の生々しい生活ぶりが
大写しされ続けて、観る方は圧倒される。



現代社会が抱える諸問題が これでもかと提示される。
本当の家族でもない者たちが 狭いあばら家の中に身を寄せ合って生きている姿、
どういう いきさつで一緒に住むようになっていったのかが次第に分かって来る。
近付き過ぎない人と人との間の愛情
そもそも家族って何なんだろう、
色んなことを考えさせる。



演技陣が凄い!!
安藤サクラの何とも言えぬ不気味な存在感、
松岡茉優の演じる謎の女子高生?
これに、外から拾ってきた5歳くらいの女の子りんが入る、
そして何と言っても 樹木希林の ゆるいような、裏があるような人物の演技



本当の夫婦、本当の親子を越えた繋がりがそこにある、
と言えば綺麗事になる。
実際は 裏に色んな利害も絡んでの寄り合い家族



この映画は、恐らく一回観ただけでは、監督が言いたかったこと全てまでは
とても理解できないと思う。

また、この映画は好き嫌いが分かれるのではないか。
万引きや車の窓を破るピッキングは犯罪であり、
それを繰り返す主人公たちに拒絶感を抱く方も当然おられるだろう。

天の邪鬼のtontonは、正直言うと、
賞を得た作品にケチをつけたい位の気持ちで観に行ったののだが
エンドロールのときには完全にこの映画の虜になってしまっていた。

空飛ぶタイヤ

July 07 [Sat], 2018, 20:09

雨続きで畑も出来ず、暇つぶしに話題の映画「空飛ぶタイヤ」を観た。



ヒット作を連発している池井戸潤の同名小説の映画化。

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。
整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、
車両の構造的な欠陥に気づき、無実を証明するために
製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・
沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。
同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、
グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、
独自の調査を開始する。
それぞれが突き止めた先にあった真実は・・・・・



tontonの感想
大企業の不正を暴く、社会派エンターテインメントで典型的な勧善懲悪で
スッキリ感を味わえる作品。
テンポも良く、2時間が長く感じない。
ひと時代前のエゴ丸出しの大企業の恐ろしさを感じる一方、
そんな企業や融資銀行の組織の中に、
正義感溢れる主人公達が居るのが頼もしくもあるが、
やや現実味が薄く、豪華でイケメン揃いの俳優陣の顔ぶれと相まって
如何にもドラマだなあと時折感じてしまう。





大げさにいえば、人間としての生き方を問う作品とも言えるが、
その意味ではやや深み 突っ込みが不足の様な気もする。

絶賛しお勧めしたいのは、最後のエンドロールで流れるサザンの主題歌
映画の主張全てを訴え、聴く者に 得も言われぬ感情を湧き立たせる。

地震 無事です

June 20 [Wed], 2018, 14:39

18日に起こった大阪地震、
震源地は比較的tonton宅の近隣ではありますが、
家屋の内外とも被害はありません。
阪神大震災の時にもコケシ一つ倒れなかった強固な地盤のお蔭かと。
それどころか、偶然、15日から19日まで東京経由で尾瀬に旅していて、
暫く地震のことすら知らなかったほどです。
皆様には、旅立ちの報告すらしておらず、
色々とご心配をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。

ただ、友人の中には自宅の食器類や本が散逸したり
怖い思いをした者が何人も居るようですし、
未だ余震にも要注意です。

東京鎌倉に始まった尾瀬の旅は 後のブログで報告させて頂きます。

終わった人

June 14 [Thu], 2018, 14:38

「終わった人」とは 何ともむごい表現だ。
世は本格的な高齢化社会を迎え、団塊の世代が定年を迎えつつある。

「定年って生前葬だな…」
衝撃的な書き出しで始まる内館牧子のベストセラー小説「 終わった人」が映画化され、
6月9日(土)に封切られた。
主演:舘ひろし、黒木 瞳、そして周りを固める面々も豪華な配役。



終わった人の一人 tontonも早速、観てきた。

映画館でチケットを買って、その座席に着いたら 他の人が座っていたので、
目で「失礼ですが・・・」と伝えると、
「何を〜!」と不機嫌な顔をされ、再度自分のチケットを見直すと、
tontonの席は隣で、
「これゃーほんまに終わった人になり果てたな〜」
と実感&落胆。

余談はこれくらいにして、映画の感想だが、
一言で言うには 複雑!

主人公は東大卒、メガバンクの支店長経験と超エリート、
それが関連会社役員への出向で落ちこぼれたと落胆し、
定年で 「自分は終わった」と意気消沈する様は、
ちょっと贅沢過ぎないか? 余りにも単純過ぎないか?
さらに、(ネタバレになるので具体的には書けないが)
舘ひろし演ずる主人公の身に次々に起こる出来事が
余りに現実離れしていて、主人公の恰好の好さと相まって、
いまひとつ 入りきれない。
ただ、定年後のおっさん達で溢れる図書館、公園のベンチ、
若く元気な美容師の奥さんに疎ましく思われる姿等々、
身につまされる画面には苦笑いし、
主人公夫婦が最後に辿り着く人生設計には 賛同し 感動も覚えた。

最後にアドバイスを。
この日も年配ご夫婦での鑑賞が多くみられたが、
旦那さんはご自身の定年後の生活ぶりに 余程の自信が無い限り、
同伴での観賞はお勧めできない。

何故か 広島県神石高原

June 05 [Tue], 2018, 19:27

突然ですが、広島県神石高原町(じんせきこうげん)へ行って来た。
家内の実家の法事、義父の三回忌参列のためだが、
自宅から250キロ余りのなかなかの距離の山奥。
車で中国道を東城ICで降りて、地道に入ってからナビに従った道は
踏み外せば崖下に転落する恐ろしく細い山道、
対向車が来たら終わりやな、と ヒヤヒヤしながらも 何とか無事に到着。

神石高原町の家家からは 有名な? 米見山が見える。





何度かテレビでも採り上げられている標高663mの米見山、
山頂にそびえ立つ高さ26mのタワーは、
紙ヒコーキを飛ばすためにつくられた世界でも珍しい施設。
このタワーの15mの位置には360度を見渡せる展望台があり、
遠くに大山や道後山、比婆山連邦なども望める。
初盆で行ったときに、車で連れて行ってもらって登ったが、
下で折り紙を呉れて、それで紙飛行機を自分で折って、
タワーの頂きから飛ばす。
恐らく周囲の風の具合が飛行機を飛ばすのに向いているのだう。



実家には、義母が得意とするグランドゴルフ場があり、
緑の芝が朝露に輝いていた。



来月87歳になるのに、地元大会で優勝し、
全国大会にも出場し選手宣誓した経験があるというから驚きだ。



法事の朝、早くに目覚めて一人で近辺を散歩。









こんな山奥の村に 立派な介護施設



ここに 神雷 という地酒があり、
tonton自宅近くの料理屋の広島名酒祭で 
メニューに入っていたのに驚いたことがあった。



米見山へ登るには時間が足りず、登山口を通過





実家に戻ると、玄関は思い出の写真がびっしり飾られている。



身内だけ集まったというのに子供を入れて30人ほどの賑やかな法事に、
亡き義父も喜んでおられることだろう。
法要後の食事は、義父が実家横に造ったというカラオケ道場で。





ビッシリと壁に貼られた演歌歌手のポスター



tontonでも、それなりに知っている歌手がここに来られてサインされたというから
又 驚きだ。


姉兄集う---健康に感謝

April 22 [Sun], 2018, 20:45

記事が前後するが、先日 姉兄達が両親のお墓参りを兼ねてやってきた。
持参してくれた庭に咲いていたという牡丹を神棚へ。



まめだの いなり寿司と 自宅で取れた野菜などで昼飯



ふき、アスパラ、スナップえんどう、ホウレン草、木の芽などが自宅産







食後にtonton畑で野菜の収穫祭をした後、
BBQコーナーの端に作った喫茶コーナーでケーキとお茶
兄貴は自治会の会合に出掛けてこの場は欠席



少し今のtonton畑の模様をご紹介










電柱の恐怖!

April 16 [Mon], 2018, 9:02

「殿 電柱でござる!」
自宅の上の道の曲がり角にある電柱がこんなん!



電線に加えて、電話・ケーブルテレビのケーブル類がたわわにぶら下り、
角にあるものだから力ベクトルの和として一定方向に引っ張る力がかかる。



その一定方向がtonton宅なのだから、たまったものではない。



2年ほど前だったか、電柱の管理会社に「危険だ」と言ったのだが、
「測量検査の結果 許容範囲です」
とのことだった。
それが、二日ほど前に急に下請け会社が電気工事に来てこれっ
巨大なドリルで穴を掘り、新たな電柱を立てて帰った。



垂直な新電柱との傾きの差は明らかだ。



後日、電線・ケーブルの移転工事に来るようだ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dr.tonton
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク(大型)・ 自動車-ツーリング歳時記
    ・写真-ツーリング先、イベント報告、花発見、お店など
    ・家庭菜園-初心者ですが・・
読者になる
ツーリング歳時記としてスタートしましたが、
最近は 近辺散策、野菜作り、お店巡りなど身近なテーマからも色々採り上げて「雑多煮写真ブログ」化しています。
原則 毎日更新を目指していますので、出来不出来の波は有りますが、何とか続けています。 

2018年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ゆめ
» ブログ非更新のお詫び (2018年08月15日)
アイコン画像グティパパ
» ブログ非更新のお詫び (2018年08月15日)
アイコン画像mirapapa
» ブログ非更新のお詫び (2018年08月14日)
アイコン画像まゆちゃん
» ワンダー君は太陽 (2018年07月30日)
アイコン画像dr.tonton
» 野菜の花 (2018年07月24日)
アイコン画像まぁメイド☆
» 野菜の花 (2018年07月24日)
アイコン画像dr.tonton
» おっさんのワンコインTシャツ (2018年07月22日)
アイコン画像dr.tonton
» 大玉スイカ (2018年07月22日)
アイコン画像dr.tonton
» 大玉スイカ (2018年07月22日)
アイコン画像ゆめ
» おっさんのワンコインTシャツ (2018年07月22日)
最新トラックバック
アイコン画像生駒山で初日の出 (2017年02月08日)
アイコン画像venushack.com (2017年01月07日)
アイコン画像宇治抹茶カレー (2015年03月19日)
アイコン画像万博公園 (2013年11月04日)
アイコン画像「完全試合」を喰らう。 (2011年11月11日)
アイコン画像腹筋くんの効果と口コミ (2011年03月28日)