雲雀丘100年浪漫委員会と住宅群

May 27 [Sun], 2018, 20:53

地元宝塚市の東の端に 雲雀丘地区と言う閑静な住宅街がある。

雲雀丘地区は大正時代実業家の阿部元太郎が自身の理想を求めて
住宅開発に取り組んだ住宅地。
ここは日本で初めて山麓部地形をそのまま生かし、
“緑の中に赤い屋根” の理念の下に建てられた当時の近代建築が
16軒の群として残る国内でも希少な地域と言われている。



昨年 宅地開発100周年を迎えたのを機に、
住民などでつくる「雲雀丘100年浪漫委員会」が発足し、
歴史を生かしたまちづくりに取り組んでいる。

五月の花と緑の季節に合わせて、主要な建物と庭が公開されていて、
tontonも訪れてみた。

中でも 大正7年1918年に建てられた正司邸は、
NHK朝ドラの二人っ子の舞台として使われ、
国の重要有形文化財にも登録されていた。









この日は庭園のバラも真っ盛りで、演奏会も開催され、
お茶とお菓子のサービスも提供された。














箕面滝から シャクナゲの勝尾寺

May 07 [Mon], 2018, 10:52

5月5日
やっと新調したデジカメの画素数設定法を覚えて、
ブログに収まる規模に設定して、箕面へ向かった。
(ちなみに写真右下の日付は設定をAMとPMを間違えていたため、
誤って表示されている)



まさにもみじの新緑の中を歩く。





去年の台風でいつもの滝道は途中から閉鎖されていて、
川向の険しい山道を使って滝を目指す。



それでも大勢の人が滝のもとに集まる。







勝尾寺まで歩くつもりで家を出たが、
自宅から川西あたりまで走った疲れが足に出て、
滝の上まで上がって見下ろして帰路に就く。








翌日、リベンジとして、シャクナゲが綺麗という勝尾寺へ再挑戦。
といっても、卑怯にも、千里中央からバスで行って、
帰路を箕面滝経由で歩こうという企て。
勝尾寺は広い。



本堂などがある上方への階段の脇にシャクナゲが咲いている。
既に枯れているもの、まだ蕾のもの、見頃のものが混在していて、
品種にもよるのだろうが、今年の花は鑑賞時期が難しい。





























いよいよ ここから箕面に向けて歩きだす。
下りだし、自動車道を歩いたため、歩行は至って楽ちん。
4キロ弱の行程も直ぐに、滝の上に到着。








娘と孫と桜、そしてラーメン

April 01 [Sun], 2018, 19:44


例年より1週以上早い自宅近辺の満開の桜



午後からの風で散りかけた花びらで遊ぶ孫達?
「えっ?」 tontonは独り者じゃなかったの?
いえいえ去年の晩婚で突然できた娘と孫なんです。



子供の扱いを知らないtontonは ぎこちないが少しづつだが慣れてきたかも。





自宅近くの料理屋からの満開桜の絶景



小高い丘の上にあったtontonが通っていた小学校が生まれ変わって出来た料理屋は
阪神平野を一望する絶景が売り





地元の池田インスタントラーメン発明館



パッケージに独自のデザイン画を描く



チキンラーメンとカップヌードルを発明した安藤百福氏の工夫は、
カップに麺を詰めずに、麺にカップを被せて、底に空洞を作ること。



スープを選び、トッピングを4種選ぶ。





透明の薄いピニール袋に入れてから、真空状態にする。







地元池田は落語の町でもあるが、
インスタントラーメンの町でもあり、この日も朝早くから観光客が押し寄せていた。





今年10月から安藤百福氏の物語がNHKの朝ドラとして放映されるらしい。

早々と開花

March 27 [Tue], 2018, 20:11

tonton自宅の周りの桜がついに開花。
暖かいので昨日開花したのに、一気に五分咲き。



実は、昼間買い物の帰りに池田の五月山公園のほぼ満開の桜を見に行ったのに
カメラを忘れて撮影できず。
家に帰って夕方から自宅付近を散策した次第。
カメラを探したら、実は昼間に担いでいたリュックに入っていたというオチ付き。



太い幹から いきなり手毬の様に咲くこの花は 毎年この状態なのが不思議だ。





夕刻の空を背景に、下から見上げる黒い桜も またおもしろい。



お月さんが加わると なおさらおもしろい。
いとおかし!



毎年決まって、雪柳と同時に咲くのも不思議だ。





散策から戻って 上からtonton畑を撮る。
近辺の住宅街の中に突如として畑が現れるのは 此処だけだ。



暇にまかせてホームセンターへ行くたびに
安い花の苗を買ってくるとこうなった。



tonton地方 間もなく開花

March 24 [Sat], 2018, 18:17

tontonは阪神の北、いわゆる北摂地区でに位置し、
さらに少し上った小高い丘に住んでいる。
昨日、坂を下りた阪急線のあたりの桜が開花した。



今日はもう二分か三分咲き





去年も紹介した ど根性桜



老木の切り株の隅っこから若い木が伸びて花を咲かせている。



ただ坂の上の我が家の周りはまだ蕾





これだけ暖かいと、もう明日か明後日には開花か?

行ってきました宝塚北SA

March 22 [Thu], 2018, 18:14

久しぶりに雨が止んで、朝からBBQコーナーや畑の
不要な木片や腐った丸太を燃やしたりして片付けたあと、
白菜全てを抜き去り マルチをはがし、土を耕して、
肥料を入れた。
午後から、市の西谷地区にある緑のリサイクルセンターで
熟成チップを貰いに行くついでに、今話題沸騰の新名神宝塚SAに行ってきた。
高速道路に入らずに、地道からSAに入れるのが有難い。

この3月18日に開通した新名神;高槻・神戸間に出来た西日本最大のサービスエリアだ。



同じ考えの人が多く、駐車場には少し待機が必要だったが、
SAの宝塚らしい建物が美しい。





館内も宝塚モダンを意識した造りになっている。



真っ先に、話題のトイレへ直行



落ち着いた色調で、広くて収容人数が多い。





男子便器はニュートンの卵、
手を洗った水が下に落ちて便器を洗うようにできている。



女子トイレは更に格上で、シャンデリアがぶら下がっているというが、
流石に、入ることは出来ず、此処にだけ潜入
親子、さらに赤ちゃんも一緒に入れるトイレ





トイレはこれくらいにして館内のグルメや土産店を見て回る。












病み上がりマラソン 池田猪名川

March 18 [Sun], 2018, 17:41

今日、好天の下、猪名川マラソンに出てきた。
心臓血管にステントを入れて退院の際に医師に確認したら
「フルマラソンは避けた方がよいが、それ以下なら宜しい」
との回答に支えられての出場。
病気発覚以前に申し込んでいて、キャンセル返金がないというのも理由。



猪名川の河川敷を利用してのファミリー向けのマラソン大会



開会宣言の後、ブラスバンドの演奏



最初のクロスカントリーリレーのゴール



2年前のリフォーム工事の間に走りからすっかり遠ざかっていたので
体がなまってしまって、お恥ずかしい結果に終わったが無事に完走できたのは有難い。

帰路、自宅まで歩いて帰る途中に早咲きの桜
ソメイヨシノの今年の開花も もうすぐそこまで来ているようだ。


早春の伊丹空港

March 02 [Fri], 2018, 18:04

地元近くの伊丹空港の端にある 公園へ。


池田市、豊中市、伊丹市の三市に接する地点
特に、飛行機の離陸がほぼ真上に見える。





もう梅が開いていて、春の到来を告げている。





満願寺から多田神社ハイキング

February 13 [Tue], 2018, 19:10

4日前の2月9日、まだ走るのは早いし、さりとて運動もしなければ、
ということで、自宅から裏山にある満願寺へ。


      (画像はhpより)

奈良時代の創建で、
「信者すべての願いは必ず聞き届けるという満願の仏の功徳をもって大衆を救おう」
と発願され、その名がついたらしい。
その後、全国に満願寺建設をすすめられた聖武天皇の命により、
勝道上人が摂津国の満願寺として千手観音を本尊に開基したという。
のちの安和元年(968)源満仲が多田に館を構えて以来、
国家安泰を祈って帰依し、源氏一門の祈願所になった。



ここの霊園の父母のお墓に 今回の快復のお礼参り。



ここからゴルフ場の脇のちょっとした峠を越えて、多田へ下る。
住宅地湯山台の教会



途中 西多田の金毘羅うどんで軽い昼飯後に、
多田神社に到着。



多田神社は、天禄元年(970)に創建され、
元多田院とも、また、多田大権現社とも言われ、
関西日光の称ある大社。
御祭神は、第五十六代清和天皇の曾孫将軍源満仲公をはじめ、
頼光、頼信、頼義、義家の五公をお祀りしていることから、
源氏発祥の地と言われていて、満願寺と縁の深いお寺だ。







能勢電鉄多田駅まで歩いて、帰宅。
ざっと6キロ程度の軽いハイキングだが、退院後の体試しにはなった。

宝塚巡礼街道

January 06 [Sat], 2018, 20:23

正月3日間は来客で忙しく、5日は雪模様、今日6日にやっとゆっくりと初詣。
先ずは電車で清荒神駅へ。



駅から参道両脇の古いお店や露店を冷やかしながら長い参道坂を登る。





数十年前に母とお参りしたのが懐かしく 当時にタイムトリップしてしまった。





台所の神様 荒神さんとあって、1年間台所を守って頂いたお礼に
お札を返し、新たなお札を授かる。





神社の次は、お寺にもお参り。



このびんづるさんは 自分の体の悪い場所を摩ると御利益があるという。



長い行列に並んだ末に やっと触ることが出来る。
年年触る箇所が増えて行くのが悲しい。



清荒神から巡礼街道を歩いて、売布神社へ。
親爺が服地関係の仕事をしていたせいで、
子供時代は毎年ここにお参りしていて、
小さい神社でお参りも少ないが鄙びて落ち着い雰囲気が良い。



恒例の焚火も何か家庭的で懐かしい。



売布神社から更に巡礼街道を中山寺まで歩く。



中山寺は元々は安産祈願のお寺として有名だが、
お産の縁で七五三参りや合格祈願と幅を広げて、
若い人中心に子供連れの参拝客が多い。



経営改革に熱心で、階段代りのエスカレーターも大胆だ。



正月とあって秘仏千仏が公開されていた。





この後、更に阪急宝塚線に沿って山本駅まで歩いて電車で帰宅。
自宅までの急坂を含めて、7キロ程度だが、
三が日の運動不足の解消に少しは役立った。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dr.tonton
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク(大型)・ 自動車-ツーリング歳時記
    ・写真-ツーリング先、イベント報告、花発見、お店など
    ・家庭菜園-初心者ですが・・
読者になる
ツーリング歳時記としてスタートしましたが、
最近は 近辺散策、野菜作り、お店巡りなど身近なテーマからも色々採り上げて「雑多煮写真ブログ」化しています。
原則 毎日更新を目指していますので、出来不出来の波は有りますが、何とか続けています。 

2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ゆめ
» ブログ非更新のお詫び (2018年08月15日)
アイコン画像グティパパ
» ブログ非更新のお詫び (2018年08月15日)
アイコン画像mirapapa
» ブログ非更新のお詫び (2018年08月14日)
アイコン画像まゆちゃん
» ワンダー君は太陽 (2018年07月30日)
アイコン画像dr.tonton
» 野菜の花 (2018年07月24日)
アイコン画像まぁメイド☆
» 野菜の花 (2018年07月24日)
アイコン画像dr.tonton
» おっさんのワンコインTシャツ (2018年07月22日)
アイコン画像dr.tonton
» 大玉スイカ (2018年07月22日)
アイコン画像dr.tonton
» 大玉スイカ (2018年07月22日)
アイコン画像ゆめ
» おっさんのワンコインTシャツ (2018年07月22日)
最新トラックバック
アイコン画像生駒山で初日の出 (2017年02月08日)
アイコン画像venushack.com (2017年01月07日)
アイコン画像宇治抹茶カレー (2015年03月19日)
アイコン画像万博公園 (2013年11月04日)
アイコン画像「完全試合」を喰らう。 (2011年11月11日)
アイコン画像腹筋くんの効果と口コミ (2011年03月28日)