小田和正コンサート

January 09 [Wed], 2019, 15:23

年明け早々、拙ブログの更新が滞りがちである。
ブログ非更新は、毎日が平々凡々で書くことが無いか、さぼりか、
次々に書くべきこと、非日常が続いて、更新が追い付かないか、
の三通りがあるが、今回の場合は後者。

アップしたい事が沢山溜まっているが、とりあえず 生々しい昨日のことから。

3時過ぎに家を出て、鶴橋まで出て、半ば行きつけの居酒屋 さくら へ。
明るいうちから呑むのは気が引けるが、
昨日は早めに晩飯の腹ごしらえをしておく必要があった。

先ずは、生ビールと、いつもの さくら盛り。
卸売市場が近いので、造りが新鮮プリプリで安い。



さくら名物の 揚げ牛蒡。
牛蒡の土の香りと歯応えが残ったまま、上手く揚げてあって 病みつきになる。



珍しく熱燗の日本酒を頼んで、わけぎの ぬた。
普通は 烏賊くらいが入っているが、大きなホタテ貝がふんだんに入っている。
酢味噌に ゴマがこんなに合うとは知らなかった!



鶴橋に来たら やはり これっ!
キムチ三種盛り。白菜、キュゥリに加えて 大根が旨い。



神戸牛コロッケも 鶴橋には意外で ホクホク熱々で美味しい。



1時間余り呑んで、これから、と言う時に、この日は「アカンあかん!」と
「おあいそー」

再び、環状線に乗って、大阪城公園駅へ。
駅のトイレは長蛇の列、改札付近は人人ひと。
待ち合わせの人、帰りの切符を買う人など 中高年が目立つ人だかり。





1万6千人が大阪城ホールを目指して急いで行く姿は 異様で物凄い。



ごった返す入口



入口近くのテントでは昨年5月のニューシングルCDが販売されている。



 

この日のコンサートは実は 昨年6月20日に予定されていたもの。
2日前の18日に 大阪北部を襲った地震によって、早々に延期が決まり、
半年後のこの日まで大阪のファンが待ちに待っていたものだけに、
観客は熱い。





揚水、こうせつ などのフォークファンだったtontonは、
小田和正さんのコンサートは初めて。
通常は、静かに、淡々と 小田さんの美声とともに時が流れていくらしいが、
この日は違った。
自身で引くピアノに合わせた物静かな中に、優しさを訴える曲ではハンカチをで涙を拭い、
リズミカルな曲では、総立ちで手拍子。
tontonの後ろの席の女性は「おださーん!」と黄色い?声で何度絶叫したことか!
そんな中、tontonは冷静に
「71歳を超えて 何故に こんなにも高い声で 伸びやかに歌えるのだろうか?」
「歌詞の中に 何度 君 という言葉が出てくるか数えてみようか」
などと考えつつ2時間半が経ち、そして アンコールの嵐
二度目のアンコールで 突然 小田さんが 「若い者が来ているので紹介します」
「スキマスイッチでーす」
場内は、もうホール全体が興奮の るつぼ と化す。
「このコーナーだけ撮影自由でーす」で 又 大騒動



それまでひっそりと佇んでいたtontonも立ち上がって、
持参の愛用のデジカメで最大ズームアップ





大きな風船が場内に解き放たれて、皆の手で送って行って、
又、際限なく盛り上がっていく。







tontonは いい曲をしっとりと聴かせて貰って満足するとともに、
全曲の歌詞を覚えていて一緒に歌うファンの姿に圧倒されるとともに
ちょっと言葉が悪いが「小田和正教」教祖を囲む集会かも、
と ひねくれ者の皮肉的感想も 少し持った。

しかし、総じて言えば、前向きで 人への優しさ、日々への感謝を
静かに訴える小田さんは やはり ヒーローであり、
更に元気に活躍して頂きたい存在だ。

  • URL:https://yaplog.jp/drtonton/archive/8895
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
かんままさんへ

  まさに その透明感と言う表現がピッタリですね。
  生だと 声だけで感激です。
  コンサートの お決まり 色々あるんですね。
  そういえば 演奏が始まるやいなや
  一斉に立ち上がったり 手をたたいたり 
  まるで打ち合わせているようでした。
January 12 [Sat], 2019, 10:42
71歳であの透明感ある歌声はすごいね!
今のライブは色々とお約束があって、この曲でタオルを回す!この曲でこのかけ声!など一体感も楽しめたりします。
松田聖子ちゃんのコンサートでは赤いスゥイトピーのイントロがかかると 一斉に赤い花の造花が咲きました。
コアな私は乗り遅れた(^_^;)
January 10 [Thu], 2019, 22:53
kusakabe-dcさんへ

   オフコース派かチューリップ派かときかれれば
   私もチューリップ派ですが、
   今回初めて小田さんのコンサートへ行って
   あの高音の美声を聞くと 小田教徒が大勢おられるのは
   良く分かりました。
   森高さんは 生では聴いたことがありません。
January 10 [Thu], 2019, 20:46
mirapapaさんへ

 生で見る小田さんは、とても71歳とは思ないほどに
 元気でした。
 ジムに週二程度通っておられるそうで、
 あの美声維持のために喉も相当ケアされているようです。
 正直言うと コンサートに行くまでは
 どの歌も 似たように感じていたのですが
 生でじっくりと聞くと それぞれの歌に込めた小田さんの想いが
 伝わってきました。
January 10 [Thu], 2019, 20:42
この頃、オフコース派とチューリップ派があって、自分はチューリップ派なんです。
「虹とスニーカーの頃」なんか聞くと、もう昔を思い出して。
スニーカーなんてもう死語ですけどね。
小田教ですか。自分は森高教でしたね(笑)。
人それぞれ、いろいろな思いがあるもんです。
January 10 [Thu], 2019, 5:52
小田和正さん、すごいですねぇ
いや〜、うらやましいです、ホンマに
生はやっぱり違うでしょうね
テレビCMで、♪ときをこぉえてぇ〜…、を聞くと、反射的にウルっとしてしまいます。
71か…
10年後の自分は今と同じくらいに自分の出来ることを精いっぱいやってる自分でいたいです。
January 09 [Wed], 2019, 22:17
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dr.tonton
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク(大型)・ 自動車-ツーリング歳時記
    ・写真-ツーリング先、イベント報告、花発見、お店など
    ・家庭菜園-初心者ですが・・
読者になる
ツーリング歳時記としてスタートしましたが、
最近は 近辺散策、野菜作り、お店巡りなど身近なテーマからも色々採り上げて「雑多煮写真ブログ」化しています。
原則 毎日更新を目指していますが、ついつい滞りがちです。
それでも、生きている痕跡として何とか続けています。 

2019年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像dr.tonton
» 服部緑地公園 (2019年01月16日)
アイコン画像ゆめ
» 服部緑地公園 (2019年01月16日)
アイコン画像dr.tonton
» ボヘミアン ラプソディー (2019年01月12日)
アイコン画像dr.tonton
» ボヘミアン ラプソディー (2019年01月12日)
アイコン画像dr.tonton
» 小田和正コンサート (2019年01月12日)
アイコン画像mirapapa
» ボヘミアン ラプソディー (2019年01月11日)
アイコン画像味覚会
» ボヘミアン ラプソディー (2019年01月11日)
アイコン画像かんまま
» 小田和正コンサート (2019年01月10日)
アイコン画像dr.tonton
» 小田和正コンサート (2019年01月10日)
アイコン画像dr.tonton
» 小田和正コンサート (2019年01月10日)
最新トラックバック
アイコン画像生駒山で初日の出 (2017年02月08日)
アイコン画像venushack.com (2017年01月07日)
アイコン画像宇治抹茶カレー (2015年03月19日)
アイコン画像万博公園 (2013年11月04日)
アイコン画像「完全試合」を喰らう。 (2011年11月11日)
アイコン画像腹筋くんの効果と口コミ (2011年03月28日)