エルゴメータ負荷心電図

February 18 [Mon], 2019, 19:49

少し前の事になるが、以前の記事で書いた 造影剤CT検査 の結果を怖々聞きに行った。
心臓血管へのカテーテルによるステント留置手術後1年目の検査である。
心臓血管の細くなった個所を広げる金具が上手く収まっているか?
ずれていないか?などをチェックするのだが、
手術の個所は良好とのことで安心したら、
「別の個所が細くなっている可能性があり、
正確な判断には心臓血管にカテーテルを挿入する検査が望ましく、
三日間の入院検査となる」
とのこと。
「必要に迫られて、手術で三日入院するなら諦めもつくが、何とかならないか?」
と戸惑っていると、医師から
「エルゴメータ負荷心電図を撮ってみましょうか」
ということになった。
「マラソンなども控えているので、強めの負荷をお願いします。」
と自ら申し出た。
tontonは生まれつき心臓が大きいらしく、
脈拍も50を切ることすらあり、普段から なかなか脈拍が増えない。
心臓肥大、良く言えば スポーツ心臓 らしい。

先日、この検査を受けに病院へ。
エルゴメータ負荷とは、自転車型の装置でサドルに跨り、胸に心電図の電極をつけ、
ペダルをこいで心電図の変化をみる。



心電図以外に血中酸素濃度、血圧なども測るために、
体に一杯の電極などを付ける。
ペダルを踏む抵抗を増やして、心臓への負荷を強めて行く。
脈が めったに経験しない100を越えたあたりから、
心臓が パクパクし、足がややだるくなって来る。
医師が 次々に出て来る心電図を観ながら、
「もっと強めます。大丈夫ですか〜?」
こっちも意地がある。
「大丈夫で〜す!」
このやり取りを数度繰り返して脈が144まで上がり、
足に乳酸がたまって、体から汗が噴き出しかけた時、
「は〜い。終了で〜す」

借りたタオルで汗を拭いていると、
「一度不整脈は出たが、今見た限りでは、大きな異常は無さそう。」
とのことで一安心。

きちんとした解析結果は、医師とtontonの都合で 今週後半に聞きに行くことになった。

上方落語をきく会

February 11 [Mon], 2019, 11:12

朝日放送が主催する「上方落語をきく会」も 今年で 既に117回を迎える。
第一回目が開催された昭和30年当時は、
浪曲と漫才の勢いに押されて衰退しかけていた上方落語であったが、
奮起した大御所噺家達を、放送局と落語ファンが後押しして
その後に盛り返して、さらに成長し、今日の上方落語がある。



大人の遠足でも、毎年 「ABC上方落語をきく会」に参加してきた。
去年から会場を梅田から尼崎アルカイックホールに移しはしたが、
昼の1時から夜の9時まで、ぶっ通しの生中継放送は変わらない。

<昼の部>


(以下では、敬称略)
上の写真の演者紹介には写っていないが、
実は、放送開始前の前座に朝日放送アナウンサーの桂紗綾(さあや)が特別出演。

彼女が入社した2008年の5月に初出演してニュースを読んだ経験を踏まえた
創作落語「初鳴き」の出来の良さに驚く。
ネタの面白さに加え、アナウンサーならではの活舌の良さと絶妙の間の取り方で
客席を沸かせた。
伝統ある この「上方落語をきく会」の高座はプロでも なかなか上がれないが、
実は、tontonの地元近くの池田市で昨年末に開催された全国社会人落語選手権
での好成績(池田市長賞)から、この大抜擢となったらしい。
ちなみに 名字の桂は 本名。

司会は いつもの『ドッキりハッキリ!』の三代澤康司と伊藤史隆アナに加えて、
先の桂アナ

さて、落語会の一番バッターは鶴瓶の弟子 鉄瓶



この後、登場した噺家と出し物を紹介したいが、
暫く省略させて頂き、後ほど 追記したい。


<夜の部>






ロマネスコを食す

February 10 [Sun], 2019, 10:14

不思議の野菜ロマネスコの記事、第三弾。
数学的 幾何学的形状に 惚れ惚れしながら
昨夜、小分けにほぐした房を蒸して、食べた。



ネットでは「見かけはカリフラワーに近く、味はブロッコリーに近い」
とのことだったが
口に入れると、実に甘い! 
水分気を適度に含みパサパサしていなくて、
カリフラワーが更に食べ易くなった感じ。
しっとり甘い!



用意したマヨネーズを掛ける必要もない、
いや、余計な味を足すと勿体無い! そんな美味しさ!
感激だ。

余談だが、これにも驚き。
この鮮やかな紫色。



この紫色の皮のサラダ大根をおろすとこうなる。



そこに庭で獲れた ゆずを絞った汁を掛けると、
あっという間に、真っ赤に変色



恐らく柚子汁の酸による酸化化学反応であろうが、
数学に次いで、今度は 化学も体感した食卓であった。

ロマネスコの不思議

February 09 [Sat], 2019, 16:16
前記事の続きです。


tonton畑では初収穫の大型ロマネスコ



今日、初めて食べてみるために、分解作業





驚くのは その 幾何学的な形状と数段階の自己相似形

円錐状のつぼみ群の配列が螺旋形状を示す。
これをサンゴに見立て「黄緑サンゴ」とも称されるらしい。



個々のつぼみが規則正しい螺旋を描いて円錐を成しており、
その小さな円錐は、さらにそれ自体が螺旋を描いて配列し、
これが数段階繰り返される。

数学を少しかじったtontonは 
この配列の数がフィボナッチ数列に一致することを知っている。



ちなみに、フィボナッチ数列というのは、
0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233・・・・・と続く数列であり
初の二項は 0, 1 であり、以後どの項もその直前の2つの項の和となっている。

フィボナッチ数は自然界の現象に数多く出現する。



そもそも、花びらの数はフィボナッチ数であることが多い。
(ユリ、アヤメ、オダマキ、サクラソウ、野バラ、コスモス等々)
また、植物の花や実に現れる螺旋の数・形もフィボナッチ数であることが多い。
ヒマワリの螺旋の数や 巻貝の形はフィボナッチ数列とされる。



一粒の種から こんな複雑で かつ 規則正しい形状が生まれることに感嘆!
自然界は ワンダーに満ちている。

驚きのロマネスコ

February 06 [Wed], 2019, 19:51

今シーズンのtonton畑におけるカリフラワーの豊作ぶりは前掲の通りだが、
今日 満を持して これを収穫。



ロマネスコ



この巨大な葉っぱも観てほしい。



ロマネスコという名前はイタリア語で、ローマで作られ、食べられてきた野菜で、
ブロッコロ・ロマネスコと呼ばれている。
分類上はカリフラワーの仲間だが、
見かけはカリフラワーに似て、味はブロッコリーに似ているらしい。
この形から「サンゴ礁」とも呼ばれているらしい。



先が尖った螺旋状の模様を描いていて、まさに自然のアート作品





何故か、tontonはカメレオンを思い出す。




雨上がりの梅

February 06 [Wed], 2019, 19:21

昨夜から降りしきった雨が正午になってやっと止んだ。
この間、気温は高く、急に開いた庭の紅梅を、
待ち兼ねて、外へ出て、カメラに収める。



この水滴とともに撮りたかった。





晴れてからどんどん気温も上がり、
梅観に行こうと万博公園に向かって車で家を出る。
走りながら、
「待てよ! 今日は水曜、ひょっとしたら万博公園は休みだったのでは?」
スマホで調べると、やはり休み。
急遽、行き先を西宮の甲東園に180度変更。
甲東公民館の梅林は 未だ一分か二分咲き









公民館から 少し歩くと関西学院がある。



まさに入学試験の真っ最中





春は、もう直ぐそこまで来ている。

春の予感

February 01 [Fri], 2019, 19:41

耕し肥料を埋め込んだ畑に、遅ればせの スナップえんどう(第二弾)を植えた。

畑の他の場所も整理していると、「ふきのとう」が出ていた。



フキノトウはキク科フキ属の多年草の山菜で全国の山野に自生。
ふきのとうはつぼみの部分にあたり、
この花が咲いた後には地下茎から伸びる葉(ふき)が出て来る。
山菜として日本料理には欠かせない食材で、
独特な芳香と、苦味を、香辛料として使用したり、
早春の食材として、てんぷら、和え物に、広く利用されている。

 フキノトウの自生している天然物は、雪が解け始める頃に出て来るため、
毎年春を告げるニュースとして取り上げられることも。

暖かい日のtonton畑

January 31 [Thu], 2019, 11:17
 
昨日は 気温が暖かく、風邪も ようやく すっきりして来たので、
久しぶりに本格的? な畑仕事。
温室で芽が出揃っている スナップえんどうと 空豆の苗を植えるための、
土地を耕し、買ってきた肥料を入れた。

狭い畑なので、次の物を植えようとすると、
どうしても植えてあるものを収穫しなければならぬ。

今年は 前掲したようにカリフラワーが豊作。



高菜もたくさんできた。



3本目の芽キャベツ



早生のホーム玉ねぎ



サラダ大根は 以前記事でもご紹介したが、
レモンは初めて。
というより、一個しかできていないのだから 後にも先にもこれっきり。
1年前は結構の数が獲れたので、
柑橘類は年によって随分出来高に差があるものだ。





心臓造影CT検査

January 28 [Mon], 2019, 20:48

早いもので、2月1日で 
心筋梗塞の心臓カテーテル ステント留置手術を受けてから1年になる。
経過観察と言うことで、今日、心臓造影CT検査を受けて来た。



これが 思ったより大変な検査だった。
はっきりとした画像を撮るために点滴で腕の血管に入れる造影剤が 曲者。
腎臓に負担がかかったり、極く稀に副作用で最悪死亡に至るケースもあるという
説明書に予め承諾印を押す。
このCT装置に足や腹を縛り付けられて動けないようにしてから、
舌の裏に心臓血管を拡張させる薬を吹きつけられる。
これが えげつない味。



そして、息を完全に止め、腹 胸 を微動だにさせない練習。
その後、とうとう 造影剤の注入。
太めの針が腕に刺さり、そこから造影剤が入ると 腕から胸が焼けるように熱い。
事前に看護師さんから
「ビックリする位熱いですよ!」
とは聴いていたものの、
体の内部に熱湯が入るどころか 焼いた鉄火箸を入れているような熱さ!
そして息を止めろ、目を開け、と言われ、まるで拷問のよう。

「これは もう耐えられない」
と思った瞬間 「はい、楽にして〜」
と言われて検査が終了し、熱さも引いていく。

1週間後に 結果を聴きに行き、
結果によっては 再びのカテーテル手術もあり得るとのこと。

ただ、これでも医療技術の進歩で検査負荷は軽くなっているらしいし、
心臓血管が詰まれば即 死に至る事を考えれば、
誠にありがたい検査ではある。

下の右の画像は、ステント留置後のCT観察で、
ステントの端の部分が再狭窄していることが分かった事例。(ネットより)






tonton畑に初雪

January 27 [Sun], 2019, 10:19

この冬初めての雪
tonton畑も うっすら雪化粧



最近、風邪気味で畑は、収穫のみで放ったらかし。



セロリーの種の発芽を待つ簡易温室は屋根で雪を受け止めてくれて、
温室の値打ちが出た?






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dr.tonton
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク(大型)・ 自動車-ツーリング歳時記
    ・写真-ツーリング先、イベント報告、花発見、お店など
    ・家庭菜園-初心者ですが・・
読者になる
ツーリング歳時記としてスタートしましたが、
最近は 近辺散策、野菜作り、お店巡りなど身近なテーマからも色々採り上げて「雑多煮写真ブログ」化しています。
原則 毎日更新を目指していますが、ついつい滞りがちです。
それでも、生きている痕跡として何とか続けています。 

2019年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像mirapapa
»  エルゴメータ負荷心電図 (2019年02月18日)
アイコン画像ゆめ
» ロマネスコを食す (2019年02月12日)
アイコン画像ガスオヤジ
» ロマネスコを食す (2019年02月10日)
アイコン画像dr.tonton
» 驚きのロマネスコ (2019年02月09日)
アイコン画像dr.tonton
» 驚きのロマネスコ (2019年02月09日)
アイコン画像dr.tonton
» 驚きのロマネスコ (2019年02月08日)
アイコン画像kaze
» 驚きのロマネスコ (2019年02月07日)
アイコン画像mirapapa
» 雨上がりの梅 (2019年02月06日)
アイコン画像mirapapa
» 驚きのロマネスコ (2019年02月06日)
アイコン画像ガスオヤジ
» 雨上がりの梅 (2019年02月06日)
最新トラックバック
アイコン画像生駒山で初日の出 (2017年02月08日)
アイコン画像venushack.com (2017年01月07日)
アイコン画像宇治抹茶カレー (2015年03月19日)
アイコン画像万博公園 (2013年11月04日)
アイコン画像「完全試合」を喰らう。 (2011年11月11日)
アイコン画像腹筋くんの効果と口コミ (2011年03月28日)