ドロマイ作品の卸し販売開始&『アダムとイヴ』『HYKE』価格改定

December 11 [Tue], 2018, 12:00
『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分&なぞなぞ気分』、ご好評いただき感謝です!

実は新作発売を機に、ドロッセルマイヤーズ オリジナル商品の卸し販売を始めました。

『アダムとイヴ』『HYKE』『巨竜の歯みがき』など、過去作もひととおりラインナップしていまして、すでに

すごろくや
JERRY JERRY CAFE
ディアシュピール
ボドゲーマ


など各ショップ様でお取り扱いいただいております。

もし他のショップでドロマイ商品の仕入れにご興味ある方がいらっしゃれば、【shop@drosselmeyers.com】までお気軽にお問い合わせください。

雑貨屋さん、おもちゃ屋さん、ゲームカフェ、プレイスペースなどボードゲーム小売りの専門店でなくても構いません。
どうぞよろしくお願いします。


そして、良い機会だと思いまして、ドロマイ初期2作品の価格改定もおこないました!
かなりお買い得な設定になりましたので、この機会にぜひお試しください。

『アダムとイヴ』 従来価格2800円 → 新価格2000円
『HYKE』 従来価格4200円 → 新価格3000円


この2作はどちらも、ドロマイとしてはだいぶ思い入れの深いゲームなんですが、ここ数年ボードゲームを遊ぶようになった方はご存知ないかもしれません。あらためて簡単にご紹介させていただきます。


『アダムとイヴ』
2人プレイ専用の「協力型ポーカー」のようなカードゲームです。



お互いに相手の捨て札からその意図を推察して、同じ「役」ができるようにカードを揃えていくのですが、神様が邪魔だったり、雷が落ちたりして、なかなか思い通りにいきません。

カップルや夫婦で遊んで、互いの理解度を確かめてみるのも一興です。




『HYKE』
8人までワイワイ遊べるパーティーゲームです。



くじ引きで選んだ自分のテーマを5・7・5の俳句(というか川柳)を実際に作って表現し、他のプレイヤーに元のテーマを当ててもらうクイズゲームです。

ひとつの句に対して回答権は1人1回ずつしかないうえ、「不正解者の人数=出題者&正解者の得点」なので、わかるようなわからないような…というギリギリの線を狙うゲーム性があります。




少人数なら『アダムとイヴ』!多人数なら『HYKE』!と得意分野もわかりやすいので、ご自身の遊ぶシチュエーションにあわせてぜひ遊んでみてください。

どちらも少し前のゲームではありますが、内容は普遍的なものを目指して作ったので、けっこうイケるんじゃないかと思います。

(渡辺)

『ラウンドテーブル』サービス終了のお知らせ

December 01 [Sat], 2018, 18:37
ネットショップ『ドロッセルマイヤーズ・ラウンドテーブル』
2018年12月31日 お昼の12時
をもって、サービスを終了いたします。




2013年1月のプレオープンから、なんともう6年間…!



『ドロッセルマイヤーズ・ラウンドテーブル』は、「誰でも」「いつでも」「どこからでも」「どんなゲームも」販売することのできるインディーズ・ボードゲーム専門ネットショップとして、マイペースで運営してきました。



マイペースすぎて、それほど売れまくるショップというわけではありませんでしたが、最終的に77サークルものボードゲーム作者の方々に作品をご提供いただき、遊び手との橋渡し役ができたことは、私たちの誇りです。



この6年間で、日本国内でも、世界でも、ボードゲームを取り巻く状況は大きく変化し、ずいぶん多くの人がゲームを楽しむ環境が生まれました。これをうけ、『ドロッセルマイヤーズ・ラウンドテーブル』も一定の役割を終えたと考え、閉店を決意いたしました。



『ラウンドテーブル』は無くなりますが、もちろん『ドロッセルマイヤーズ』本体はこれからも運営を継続します。

ネットショップはもちろん、『ゆるゲー』シリーズをはじめとするオリジナルゲームの制作/販売やイベントの開催など、精力的な活動をしていく所存ですので、今後とも、ドロッセルマイヤーズをどうぞよろしくお願いいたします!!



追伸1)
閉店を記念(?)して、現在はベトナム在住の巨匠みなみよしたか先生が4年ぶりに『あいまいミープル』を描きおろしてくれました!みんな読もう! →マンガはこちら

追伸2)
閉店セールなどは特におこないませんが、順次、委託作品の撤収をご希望される作家さんもいらっしゃると思いますので、気になる作品がある方はお早めに! →ショップはこちら

ドロッセルマイヤーズ・ワークショップ特別編を開催します

November 10 [Sat], 2018, 18:53
新作『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分』&『なぞなぞ気分』発売記念(※前記事参照)ということで、ドロッセルマイヤーズ・ワークショップ特別編の開催が決定しました。



ドロッセルマイヤーズ・ワークショップ特別編

【とき】2018年11月18日(日)17:30開始〜21:30ごろ終了(17:00開場)
【ところ】グーニーカフェ(西武池袋線 江古田駅から徒歩1分)→地図

【イベント参加料】3500円(税込)
(11/13追記)当日、会場にて『法廷気分』の先行販売をおこなうことが決定しました!『法廷気分』(『なぞなぞ気分』セットで2500円)をお買い上げいただいた方は、イベント参加料3500円を無料にさせていただきます。

※事前にドロマイネットショップから『法廷気分』をご予約いただいている方も、もしお越しいただければこの会場で商品をお渡しすることができますし、イベント参加料は無料になります。(送料も返金します。)

【参加方法】
twitterアカウント:@Drosselmeyers_
Eメール:shop@drosselmeyers.com
のどちらかまでリプライ、DM、メールにてご予約ください。


※お名前(本名でなくても構いません)と参加ご希望の旨をお知らせください。当方からの返信をもって予約完了となります。
※メールの場合は件名を「ワークショップ予約」としてください。
※先着順で定員に達し次第、予約を締め切らせていただきます。



このイベントがどういう意味で「特別編」かというと、まず、いつものワークショップとは全く違う「講義形式」をとります。
そして内容は、『法廷気分』をサンプルとして、1作品のゲームデザイン過程を、ものすごーーーーーく具体的に説明します。

どのぐらい具体的というと、実は今回、『法廷気分』ゲームデザインの開始から完成まで、全てのルール変更を記録してあります。シンプルなゲームなので各変更点は1行メモ程度のものではありますが、それらの変更を、実際に遊んでみながら、

「このバージョンにはこんな問題がある」
「だからこういう意図で、こういう変更を加えました」
「そしてその結果、望んだ効果は得られたのか?得られなかったのか?」

…と、ゲームデザイン工程にいちいち解説&検証をおこなっていく…というマニアックかつ実践的なイベントです。



なかなかこれは前代未聞じゃないでしょうか。

なにせ1本のゲームのデザイン過程を、ちょっとした思い付きまで含めて、全て時系列で記録しておくということがわりと酔狂だと思いますし(実際に試作したバージョン毎には皆さん記録を残すと思うのですが)、しかもそれらのバージョンを実際に遊びながら検証するなんてことは、『法廷気分』ぐらいシンプルなゲームじゃないと不可能でしょう。

もちろん、イベント時間の許す範囲で…ということにはなるので、さすがに全バージョンは遊ばないと思いますが、重要な変更点をかいつまんでテストしてみるぐらいのことはできると思います。



そして、このようにマニアックなイベントではありますが、逆にこれほどに他人のゲームデザイン過程が詳細に情報共有される機会もなかなか無いと思います。

そういう意味で、現役のゲームデザイナーの方はもちろん、ゲームを作ってみたいけど最初の一歩を踏み出せていない方、作り始めたはいいけど完成しない方など、ゲームデザイン初心者の方にもオススメです。(もちろん、そういう実用性とは関係なしに、ちょっと変わったトークイベントとして遊びに来ていただいても全然OKです。)



ちなみに普段のドロマイワークショップでは、渡辺はあくまでファシリテーターに徹し、「ゲームの作り方」の講義はできるだけ控えるようにしていますので、そういう意味でも珍しい機会です。

『法廷気分』&『なぞなぞ気分』先行販売会としてもかなりお得ですので、皆さま、お気軽にご参加ください!!

(渡辺)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drosselmeyers
読者になる
こんにちは。
ドロッセルマイヤーズ ボードゲームマートなどを運営する、株式会社ドロッセルマイヤー商會です。


Drosselmeyer's
Board Game Mart

↑ネットショップもやってます



◆メンバー◆

 渡辺範明
株式会社ドロッセルマイヤー商會 代表取締役
ゲームプロデューサー
ゲームデザイナー
ドロッセルマイヤーズ店長

アナログからデジタルまで幅広い「遊び」をプロディースする独立系ゲームプロデューサー。世界の「遊び」紹介のためドロッセルマイヤーズを開業。

元(株)スクウェア・エニックス プロデューサー

代表作:
『巨竜の歯みがき』 『HYKE』 『アダムとイヴ』 『Stamps』 『嘘つき村の人狼』 『嘘つき村の収穫祭』

Twitter: Drosselmeyers_


 真城七子
株式会社ドロッセルマイヤー商會 役員
作家
ドロッセルマイヤーズ マネージャー/世界観コンセプト

遊びとフェティッシュをテーマに西洋史を収集/解釈/編纂する特殊作家。

代表作:
『アントワネットの玩具箱』 『媚薬のレシピ』 『紳士のかつら』 『宮廷マダムの作法』

サイト:http://nanakomashiro.com/
Twitter: nanakomashiro

Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/drosselmeyers/index1_0.rdf