『KAIJU ON THE EARTH』 シリーズ始動!!!

May 25 [Sat], 2019, 17:00


ようやく発表までこぎつけました…!
アークライトとドロッセルマイヤーズの共同プロジェクトです。

『KAIJU ON THE EARTH』シリーズとは?

共通の世界観をもつ
全くゲームシステムの異なるボードゲームを
作品ごと異なる作家が
定期的にリリースしていく

まったく新しい
連作ボードゲーム・シリーズ。



2019/5/25(土)ゲームマーケット会場にて制作発表をおこなわせていただきました!



SEASON1のゲームデザイナーは

第1作:I was game 上杉真人さん
(2019年秋 発売予定)

第2作:かぼへる 金子裕司さん
(2020年春 発売予定)

第3作:OKAZU brand 林尚志さん
(2020年秋 発売予定)



どうですかこのヤバいメンバー…
しかもこの後もSEASON2へと続いていくわけです。
(SEASON1が売れればですが…)

今後、どんな作家さんが参加してくれるのかワクワクしませんか。
僕はめっちゃ楽しみです。

あのゲームデザイナーさんにはこんな怪獣のゲームが似合うなあ…
みたいな妄想が捗ります。


さらに、怪獣のデザインは「ガッチャマンクラウズ」のスーツデザインなど、センスと実力がほとばしる中北晃二さん。


ゲームに付属する怪獣のフィギュア製作は、日本ボードゲーム界でミニチュアフィギュアといえば!のジャイアントホビーさん。

※画像は製作段階の仮モデルです。


グラフィックデザインはほとんどのドロッセルマイヤーズ作品を手掛けてくれている宇佐美詠子さん。


そしてなんと…最強のレジェンド怪獣絵師 開田裕治さんが…
イメージビジュアルを描いてくださいました!!




この最高のメンバーで、何を実現したいのか?

それは

日本から世界へ発信する
オリジナルIPの
大作ボードゲームシリーズ
を成立させる。


これです。


日本にはたくさんの実力あるゲームデザイナーがいるのに、どうしても輸出作品より輸入作品の方が多い現状。
マンガやアニメを原作に作られるボードゲームは多数あるが、ボードゲームを原作とした他メディアへの展開はあまりない現状。

こういう状況に対し、発信力&突破力のある作品を実現するため、日本のボードゲーム関係各社、各クリエイターが力を結集することのできる「基地」として、この企画を考えました。


プロデュ―スは『未来逆算思考』でもチームを組んだ戦友アークライト野澤邦仁さん。

そしてシリーズの総合ディレクションをドロッセルマイヤーズ渡辺範明が担当させていただきます。



どうなるかな〜
なにせチャレンジなので、完全にスベる可能性もありますが、すごいことが起きる可能性もあります。

結果はやってみなければわかりませんが、とにかくこのお祭りのようなプロジェクトを通じ、情熱や才能の化学反応と、おもしろいゲームがいっぱい生まれるといいなと思います。

これから長丁場になりますが、みなさまどうか、応援&ご参加よろしくお願いします!

(渡辺)

つくば市 科学マイスターカード

February 15 [Fri], 2019, 11:04
もう1ヵ月ほど前になってしまいましたが、つくば市役所でこんなイベントが開催されまして

未来のつくば市 創造会議
https://edtechzine.jp/article/detail/1770


「体験型科学教育推進事業のトライアルイベント」ということで、科学教育について新しいアイディアに基づくグループワークなどがいろいろおこなわれました。

その中で、ドロッセルマイヤーズは株式会社ロフトワークさんと一緒に、こんなカードの作成をお手伝いしております。



(デザインはいつもドロマイ作品を一緒に作っている宇佐美詠子さんです!)

トレーディングカードゲーム風…の科学者カードなんですが、実際の用途はゲームではなく、「つくば市の研究者や研究施設などを地域の子供たちに知ってもらうための入り口」として制作されたカードです。

つくば市は研究施設がひしめき合う「科学の街」なので、地域の子供たちに向けたワークショップなども盛んにおこなわれているのですが、せっかくワークショップで現役バリバリの研究者に指導してもらっても、子供たちの中に「なんかの科学者の人」みたいなボンヤリしたイメージが残るだけだともったいないですよね。

ところが、このカードがあればちょっと具体的な研究テーマや専門分野が一目でわかって、さらに子供たちの中でコレクションされ、情報として蓄積されていく可能性があるわけです。


しかも、それぞれ「研究者本人からもらう」ところも面白いですよね。
いわば名刺みたいなものですが、名刺文化のない子供たちからしたら、トレーディングカード風というのは馴染みやすい形式のはずです。

さらにこのカードには、その研究者となんらかの繋がり(師弟関係とかライバルとか)のある他の研究者の情報も記載されているので、カードを集めていくことで「あ、この人は先月のワークショップの人の共同研究者なんだな」等わかったり、そういう「点と点がつながって、興味が広がっていく」ような工夫を盛り込んであります。


「なんとなくゲームっぽい雰囲気にすれば子供にウケるだろう」という安易なやり方ではなく、こういう「ゲームそのものではないが、ゲームデザインの技法を活かした」試みは面白いですよね。

今回はあくまでトライアルイベントということで、当日現場で配布するカードだけしか印刷されませんでしたが、今後なんらかのかたちで広がっていくといいな!と思いました。

つくば市周辺にお住いの方など、もし接する機会があればぜひぜひ。

(渡辺)

ブロックチェーンゲーム『Cipher Cascade』

February 12 [Tue], 2019, 18:10
先日発表されたこちらのゲームに、ドロッセルマイヤーズ代表の渡辺もゲームシステム根幹部分のアドバイザーとして参加させていただきました。

ブロックチェーンゲームというまだまだ新しいジャンルのプロジェクトということで、いろいろと新鮮なご相談でした。

とはいえ本当に企画初期の内容しか知らないままですので、最終的にどんなゲームになって登場するのか楽しみです!
チームの皆さん、がんばってください!!

(渡辺)


サイバーパンクなブロックチェーンゲーム
「Cipher Cascade」
の事前登録が開始 | TechCrunch Japan


https://jp.techcrunch.com/2019/02/05/cipher-cascade/



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drosselmeyers
読者になる
こんにちは。
ドロッセルマイヤーズ ボードゲームマートなどを運営する、株式会社ドロッセルマイヤー商會です。


Drosselmeyer's
Board Game Mart

↑ネットショップもやってます



◆メンバー◆

 渡辺範明
株式会社ドロッセルマイヤー商會 代表取締役
ゲームプロデューサー
ゲームデザイナー
ドロッセルマイヤーズ店長

アナログからデジタルまで幅広い「遊び」をプロディースする独立系ゲームプロデューサー。世界の「遊び」紹介のためドロッセルマイヤーズを開業。

元(株)スクウェア・エニックス プロデューサー

代表作:
『巨竜の歯みがき』 『HYKE』 『アダムとイヴ』 『Stamps』 『嘘つき村の人狼』 『嘘つき村の収穫祭』

Twitter: Drosselmeyers_


 真城七子
株式会社ドロッセルマイヤー商會 役員
作家
ドロッセルマイヤーズ マネージャー/世界観コンセプト

遊びとフェティッシュをテーマに西洋史を収集/解釈/編纂する特殊作家。

代表作:
『アントワネットの玩具箱』 『媚薬のレシピ』 『紳士のかつら』 『宮廷マダムの作法』

サイト:http://nanakomashiro.com/
Twitter: nanakomashiro

Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/drosselmeyers/index1_0.rdf