栄養のとり方を見直すH   『塩』 part2
2019.06.26 [Wed] 17:09




2010年から、販売されている塩のパッケージには原材料名と工程が記載されるようになりました。
現在は日本の各地で実に様々な種類の塩が作られ、中には個性的な製造方法のものもありますが、ここでは代表的な工程を挙げます。原材料名については何処の海水なのかを記載しているものが多いので省略します。
表のパッケージだけを見ると自然塩なのか精製塩なのか見分けが付かないものも多いので、このような裏の表記や栄養素(驚くほど違います)もチェックすると良いでしょう。

1.「天日・平釜」
これが日本で昔から行われてきた製法で、1997年に塩の専売が廃止され塩の製造が自由化されてから復活しました。塩田に集めた海水を天日で蒸発させる事で濃縮し、密閉されていない解放釜(平釜)で煮詰め、結晶化させます。とても手がかかり大量生産は出来ませんがミネラルバランスが優れています。

2.「イオン交換膜・立釜」
1972年から市販の精製塩の多くはこの製法で作られています。塩分だけが通過するイオン膜を使い海水を濃縮させる製法で、密閉された立釜で煮詰め結晶化させます。大量生産出来るのがメリットですが、海水のミネラルは失われてしまいます。

3.「溶解」
海外から輸入した天日塩を海水で溶かして平釜や立釜で再結晶させるので「再生自然塩」ともいいます。
製造途中でにがり成分が失われてしまうので後から人工的に添加する製法です。

それから、最近世界中で話題のマイクロプラスチックによる海洋汚染についての対策をキチンとしているかどうかは、御自身が気に入った塩が有ればメーカーに問い合わせるのが良いと思います。


スタッフブログ(489)桜井

参考文献:「水と塩を変えると病気にならない」新谷弘実著、マガジンハウス
 

眼が見えない!網膜色素変性症(12)治療
2019.06.24 [Mon] 08:00

残念ながら現在「網膜色素変性症」の進行を停止し改善する根本的な治療法はありません。但し進行を遅らせる方法がいくつかあります。

動物実験で強い太陽光線が網膜の視細胞の寿命を短縮する事が分かっています。特殊な遮光眼鏡を着用して視細胞のダメージを最小限にとどめる事が推奨されています。

この遮光眼鏡は明るい環境での眩しさを軽減し、急に暗い環境になった際の暗順応を助け、コントラストを強調する効果があります。

吉祥寺センター小澤ブログ(509)小澤秀明
 

低血糖症@
2019.06.19 [Wed] 14:41


お菓子や炭酸飲料などの摂り過ぎによって引き起こされる血糖値の異常、それが低血糖症です。
血液中の糖分濃度(=血糖値)が正常の範囲を超えて下がる為、身体は常にエネルギー不足の状態に陥ってしまいます。
この影響を最も受けるのが、「脳」です。
脳は、血液中のブドウ糖を唯一のエネルギー源に活動する器官で、血糖値が下がった状態のままでは正常に働くことが出来ず、頭がボーッとし、集中力がなくなり、無気力になっていきます。
菓子類に含まれる糖分は身体へ吸収されるのが速い為、急激に血糖値が上昇します。
危険を感じた身体は、血糖値を平常範囲へ戻そうと膵臓からインスリンを分泌し、血糖値を急激に下げていきます。
菓子類を多く摂る生活が長く続くと、膵臓が疲れてうまく機能しなくなり、必要がなくてもインスリンを分泌し続けたり、少しお菓子を食べただけで過剰に反応し、必要量以上のインスリンを分泌するなどして、常に血糖値が下がり過ぎた状態が続くことになります。これが低血糖症です。

スタッフブログ(488) 大山
 

眼が見えない!網膜色素変性症(11)検査
2019.06.17 [Mon] 08:00

(5)網膜電図検査(ERG)
網膜に光が到達するとここで電位が発生して、この刺激は視神経を通じて脳の視覚野に伝わります。

網膜電図検査では電極を組み込んだコンタクトレンズを装着した後、強い光を照射して網膜の電位の上昇を計測します。

「網膜色素変性症」では初期の段階で網膜電図検査による電位が低下し、中期以降まで進行すると反応が見られ無くなる事が分かっています。

これにより客観的に「網膜色素変性症」の長期的経過観察が可能となりました。

吉祥寺センター小澤ブログ(508)小澤秀明
 

食べる順番や回数で太り方が違う
2019.06.12 [Wed] 08:00

 

 私たち人間に備わっている消化・吸収のシステムを考えるなら、まず繊維質の豊富な野菜、続いて消化に時間のかかるタンパク質、最後に糖質を食べることによって血糖値の急上昇が緩やかに抑えられます。そして、食べる回数も一日を食べる分量を決めて多回数に分けて食べたほうが、血糖値も大きく上がらず、インスリンもあまりでません。毎日の食生活では血糖値の振れ幅をなるべく小さくすることが重要です。特に「朝食抜きの腹ペコ→ドカ食い」は「太る→老ける→病む」のもと。少しずつ回数多く食べることを心がけてください。

医者が教える食事術より

スタッフブログ(487)北島