喜寿・快気祝いの会
2019.03.30 [Sat] 14:56


3月29日、18時30分よりホテルグランドアーク半蔵門で友人岡村茂樹さんのバースディパーティーが開催された。
四谷倫理法人会会長岡村茂樹氏は昨年後半に、股関節の大手術をされ歩行も困難に陥りましたが、今は元気に回復された。そのお祝いと77歳の喜寿を迎えられたのを記念して気心の知れた仲間で誕生パーティーが催された。

パーティーでは歌やサックス演奏、チャーガールによる踊りなどが披露され和やかなうちに終了した。盛会であった。
 

花粉症シーズン
2019.03.27 [Wed] 08:00




前日、静岡の河津桜を見に行ってきました。

菜の花と桜がとても綺麗で一足早く春を感じられました。

花粉症の方はこれから長い花粉症シーズン到来ですね。

今は色々な予防グッズや薬がありますが自分に合うのを探してみるのも大変だと思います。

いつ花粉症デビューするかわからないのでなる前から対策しています。

花粉症の対策で、一番大切なことは免疫力アップ。

アレルギー物質を撃退する免疫力が備わっていれば、症状が出ることはありません。

免疫力アップに効果的な食べ物として、納豆、トマトなどが知られていますが、中でも有名なのがヨーグルトです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整える働きがあります。

それが、どうして免疫力と関係あるのかというと、免疫力の70%は腸にあるそうです。

腸内環境を整えることで免疫力が高まり、その結果、花粉症の症状が緩和されるのです。

是非、ヨーグルトをお試しに食べてみて下さい。

スタッフブログ(476)小林
 

角膜の歪み・乱視(7)治療
2019.03.25 [Mon] 08:00

その他「乱視」の為の手術療法では以下の方法があります。

LASIK(レーシック角膜内切削形成術)
多くは近視を矯正する為に行なう手術療法ですが、近視の他「遠視」「乱視」も矯正する事が出来ます。点眼薬による麻酔を施した後、レーザーで角膜にフラップ(ふた)を形成します。フラップをめくった角膜にエキシマレーザーを照射して角膜の一部の厚さを「乱視」を矯正する様に薄くします。

LRI(Limbal Relaxing Incision角膜輪部減張切開術)
「角膜乱視」(角膜由来の乱視)を矯正する手術療法です。乱視の方向や程度を精密に測定し、その結果に従って角膜の周縁を切開します。「白内障」の術後に残る「乱視」にも適応されます。

吉祥寺センター小澤ブログ(496)小澤秀明
 

花粉による咳
2019.03.20 [Wed] 08:00


最近風邪ではないのに咳が出るので、花粉が原因かもしれないと思い、調べてみました。
花粉による咳には、いくつか理由があるようです。
一つ目は鼻水です。鼻水が出ることで、鼻から入った花粉を喉に送り込んでしまいます。それは体の正常な機能でありながら、逆に咳が出る原因になります。
鼻詰まりも咳の原因になります。鼻が詰まると、必然的に口が開きます。それは花粉を取り込むことになることです。そして乾燥してしまうことを意味します。花粉による影響と、乾燥することでさらに咳が酷くなる可能性があります。
また、鼻水が出ていなくても、普通に呼吸をしていれば、喉や気管支に花粉が入ります。体の防御本能で、花粉を外に出そうとします。呼吸をするなというのは無理な話ですから、やはり花粉の季節となると、避けられないことです。そして、花粉症を経験している人なら前もって対策を取りますが、そうでない方は対策を取れず、花粉を取り込み、咳が出る結果となります。
このように花粉が原因で咳が出るということが分かったので、マスクをするなどの対策をしていきたいと思います。


スタッフブログ(475) 山中
 

角膜の歪み・乱視(6)治療
2019.03.18 [Mon] 08:00

眼鏡とコンタクトレンズで矯正が出来ない場合や本人の希望がある場合に手術療法が選択されます。

ICL(Inplantable Contact Lens)
眼球内にレンズを挿入する手術です。フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とも呼ばれます。すなわち白内障手術の様に水晶体を取り除かず、水晶体を残したまま眼球内にレンズを挿入する方法です。

レンズの挿入箇所は虹彩と水晶体の間です。術法は点眼薬により瞳孔を散大させ、点眼麻酔を施します。角膜の縁を3mm切開してそこから折り畳んだレンズを挿入します。

角膜を傷つける事が無い手術なので、術後にドライアイが起こりづらく、手入れも必要の無い安定した視力が得られる方法です。

吉祥寺センター小澤ブログ(495)小澤秀明