日本人=眼鏡・カメラ・出っ歯の近視!(26)予防
2018.12.31 [Mon] 08:00

「近視」予防として、外出した際に遠くのものを見る事が有効であるのは物理的に毛様体筋が弛緩するからだけではありません。

最近の研究で太陽光の内、紫外線と可視光の間の紫光に「近視」抑制効果がある事が分かって来ました。この紫光は窓ガラスや眼鏡レンズで遮断されてしまう為、外出して裸眼でいるのが良いとされています。

更に、太陽光が網膜に達するとドーパミンの分泌が増えて、成長に伴う眼球の奥行きの過剰な増大を抑制します。又、太陽光は瞳孔を収縮させピントのズレを修正する効果もあります。

吉祥寺センター小澤ブログ(484)小澤秀明
 

ニュージーランドの旅に向けて
2018.12.26 [Wed] 17:14


12月27日〜1月3日まで、ニュージーランドに研修旅行に行ってくる。
ニュージーランドといえば、大自然と美しい湖、羊とラグビーくらいしか思い当たらない。
今回は南北のアイランドを周遊するのでいろいろな物や風景、都市の姿を見聞できるので今から楽しみである。オークランド、クライストチャーチ、テカポ、マウントクック、クイーンズタウン、ロトルなどの都市を周るのでつぶさにニュージーランドのいいところを見られると期待している。帰国してからまた、世界探訪で報告します。


 

体を温める食材
2018.12.26 [Wed] 08:00


 冬は寒さで体の機能が冬眠状態になるので、エネルギーの代謝や体温調節がうまくいかなくなり、手足をはじめ体の冷えが強くなります。

そこで体を温めたり、血行を良くする食材をご紹介します。
根菜類(れんこん、ごぼう、大根、里芋)、まぐろや赤身の肉、ねぎ、しょうが、唐辛子、にんにく

冬の滋養強壮に良い食材は、山芋、かぼちゃ、納豆

いつもの食卓にこれらの食材を取り入れて冷え対策をしましょう。

スタッフブログ(463)西田
 

日本人=眼鏡・カメラ・出っ歯の近視!(25)予防
2018.12.24 [Mon] 08:00

「近視」予防として遠くのものを見る機会を出来るだけ設ける事が効果的である事が分かっています。遠くのものを見ると毛様体筋が弛緩するらです。

外出した際には遠方の景色、建物、看板などを積極的に見るように心掛けて下さい。空をぼんやり眺めるのも毛様体筋を弛緩させます。

大都市では夜空も明るくなってしまい中々出来なくなって来ましたが、夜空の星を眺めるのは瞳孔を散大させ、更に毛様体筋を最大限に弛緩させる最も効果的な「近視」対策です。

吉祥寺センター小澤ブログ(483)小澤秀明
 

杏の実
2018.12.19 [Wed] 08:00




前回に引き続き、杏についてです。
今回は杏の実の効能についてお伝えします。

杏には、Bカロテンが他の果物より豊富に含まれており、?抗酸化作用や粘膜の保護作用のあるといわれるビタミンAに変換されることから、アンチエイジングや冷え症によいと言われています。

また、カリウム、食物繊維、鉄分などが含まれているので、栄養豊富な果物です。
特に、杏をドライフルーツにすると、どの栄養素も倍の数値になるほど、栄養価が高くなります。
杏は、甘酸っぱいのでドライフルーツの方が食べやすいかもしれませんね!

スタッフブログ(462)藤田