震えの症状が出る病気@ 本態性震戦
2017.05.31 [Wed] 08:00

本態性震戦の『本態性』とは原因不明を、『震戦』とは震えを指します。
発生年齢は比較的中高年が多いですが、若年性もたまにあり、遺伝性とも言われています。

症状は、じっとしている安静時には出ませんが、食事や文字を書く等の何気無い日常的な動作をした時、又は緊張した時に、両手や頭が極度に震え、自制しようとすると更に強くなりコントロールが効かなくなってしまいます。

治療は、いまのところ薬の治療が有るにはあります。又、最近手術が開発されました。

カイロプラクティックによる本態性震戦へのアプローチは自律神経に働きかけるので、薬や手術無しでも改善に期待が持てます。薬を使用したく無い、手術をしたく無いという方は、カイロプラクティックでの治療を考えて見ても良いのではないでしょうか?


(スタッフブログ382 桜井)
 

加齢だけ?加齢黄斑変性(9)検査
2017.05.29 [Mon] 08:00

「加齢黄斑変性」のチェックシート、アムスラーチャートで異常が疑われた場合、速やかに眼科医の診察を受けて下さい。診察の際、アムスラーチャートで異常があった旨を伝えるとスムーズに診察が受けられます。眼科では以下の検査が行われます。

(1)視力検査
「加齢黄斑変性」では視野の中心部に歪みが起こると共に視力の低下が現れます。先ず裸眼で視力表による視力を調べます。基準に達していない場合、検査用のレンズを使って視力を求めます。

(2)眼底検査
細隙灯顕微鏡を使って眼底の状態を調べます。細隙灯と言う薄いスリットを通した強い光を当てる事で目の各部分を調べる方法で、「加齢黄斑変性」の場合は網膜に浮腫や出血が無いかどうかが分かります。

(3)蛍光眼底造影
静脈に蛍光剤を含む造影剤を注射して新生血管の有無や、そこからの出血の有無が分かります

(4)網膜断層検査(光干渉断層計OCT)
網膜の断面を調べる方法です。断面像から網膜剥離や老廃物ドルーゼンの有無、新生血管の有無が分かります。造影剤を使わず短時間で行なえる精度の高い検査です。

吉祥寺センター小澤ブログ(401)小澤秀明
 

アーモンドの栄養素
2017.05.24 [Wed] 08:00


アーモンドには強い抗酸化力があり、アンチエイジングに効果を持つビタミンEが多く含まれています。
また、体内で酸化しにくく悪玉コレステロールを制御しながら、善玉コレステロールを維持してくれる、不飽和脂肪酸である「オレイン酸」がアーモンドの脂質の約70%を占めています。
ビタミンB2は脂肪燃焼に不可欠な栄養素。そのため、脂肪燃焼ビタミンとも呼ばれています。アーモンドには、このビタミンB2も多く含まれています。
肌のたるみやしわを引き起こす原因の「原因物質AGEs」を減少させる働きも有ります。
実は、食物繊維が豊富で便秘の解消にも効果があります。「不溶性食物繊維」が豊富なので、腸内の環境を整え、有害物質を排出(デトックス)します。

一日の摂取量は、20〜23粒が目安です。是非、アーモンドを上手に取り入れてみて下さい。

スタッフブログ(381)大山
 

加齢だけ?加齢黄斑変性(8)自己チェック
2017.05.22 [Mon] 08:00

「加齢黄斑変性」対策の決め手は早期発見です。早期発見の為には日頃から見え方に異常が無いか調べておく必要があります。

「加齢黄斑変性」の初期段階では視野の中心部に歪みが見られる「変視症」が現れます。この変視症が進むと中心部が見えなくなる「中心暗点」が起こります。ここまで進むと自己認識しますが、それ前の発見が重要です。

それには碁盤の目様のチェックシートが役立ちます。これをアムスラーチャートと言います。片目でアムスラーチャートの中心部を見た際、ボヤけたり升目が歪んで見えたら要注意です。升目が欠損していたら早急に眼科の診察を受けなければなりません。

吉祥寺センター小澤ブログ(400)小澤秀明
 

玄米の効用
2017.05.18 [Thu] 09:05


 玄米にはビタミン、ミネラルが豊富にあり特にB群とビタミンE、ビタミンKが存在します。 
また、食物繊維も豊富でこの存在の価値が高いことが報告されており、有毒物質の排泄、高血圧症の予防、他の栄養素の吸収の補助、腸で有益な菌を育てる生活習慣病の予防などの効果があります。
他にも良質の脂肪は動脈硬化の改善作用として、必須アミノ酸はビタミンA,D,E,Kの輸送吸収にもかかわっています。
 こんなに素晴らしい玄米ですが、炊き方を間違えると体に悪い作用を及ぼしていきます。このことについては次回説明していきます。

スタッフブログ(380)北島