青い瞳?緑内障(9)検査
2017.01.30 [Mon] 08:00

「緑内障」を発症すると「視神経乳頭」と言う部分に特長的な変化が見られるようになります。

視神経乳頭は眼底の真ん中よりやや鼻寄りにあって、網膜から得られた情報を束ねて脳へ送るための神経の出口に当たります。

眼底検査は事前に瞳孔を開く為の散瞳薬を点眼して眼底を見えやすくしてから行なわれます。散瞳薬の効果は処置後も数時間持続しますので、そのまま外へ出ると大変眩しく感じます。但し、自然と元に戻ります。

視神経乳頭の中心には正常でも僅かに凹みがあります。これを視神経乳頭陥凹と言います。緑内障が進んで、視神経線維が減少すると子の視神経乳頭陥凹が広がって来ます。これが緑内障の疑いを表す「視神経乳頭陥凹拡大」です。

吉祥寺センター小澤ブログ(384)小澤秀明
 

2月3日 渋谷区中央倫理法人会モーニングセミナー
2017.01.28 [Sat] 08:00




2月3日 渋谷区中央倫理法人会経営者モーニングセミナーで講話をします。
今回のテーマは「自分の人生は自分でつくる」です。
体験、経験を交えてお話します。

是非、皆さんのご参加お待ちしてます。
 

最強の食事PART4
2017.01.25 [Wed] 08:00


 今回はどんな野菜がよいのか完全無欠な野菜を紹介していきます。
・最もお勧めするのはアボカドです。1日に2個食べても大丈夫。但し加熱調理はしないこと。
・芽キャベツは抗がん化合物を含んでいてビタミンC、カルシウム、カリウム、葉酸、食物繊維、鉄分も豊富。但し、生食には適さない。
・青梗菜。必ず加熱調理すること。
・ほうれん草。カロチノイド、葉酸、ビタミンC、カルシウム、鉄、ビタミンKの含有量が極めて高い。必ず加熱調理すること。
・ケール。強力な抗がん物質を持っている。加熱調理すること。
その他にカリフラワー、セロリ、キュウリ、オリーブなどがあります。

スタッフ北島(364)
 

青い瞳?緑内障(8)検査
2017.01.23 [Mon] 08:00

「緑内障」は眼の専門の眼科医によって検査され診断されます。その主な検査は以下のものです。

(A)眼圧検査
(B)眼底検査
(C)視野検査
(D)隅角検査

(A)眼圧検査
眼球の圧力を計測する検査で、「緑内障」であるかどうか、また治療中の経過が適切であるかどうかが判ります。眼圧検査にはいくつかの方法があります。

(a)空気圧眼圧計
細い穴から圧縮した空気を眼球に吹き付けて、角膜の凹み具合を調べる方法です。最も簡便な検査法で。

(b)ゴールドマン眼球計
点眼薬により麻酔をして、眼圧を直接計測する方法です。座位で計測器に顎を乗せ固定して行なわれます。最も正確に眼圧を計測出来ます。

(c)シェッツ眼圧計
点眼薬により麻酔をして、仰臥位で眼圧を直接計測する方法です。小児や寝たきりの方に使われます。

吉祥寺センター小澤ブログ(383)小澤秀明
 

埼玉での講話
2017.01.19 [Thu] 08:00

 16日、診療を終えて埼玉県比企郡嵐山で17日に開催される比企倫理法人会・モーニングセミナーに向かった。朝早いため会場近くの平成楼に宿泊した。温泉を持つ健康ランドなので寒い体を癒すのに最高であった。
朝4時に起床して、朝風呂に入ってから準備し5時15分にホテルを出発して、会場である安岡正篤記念館に向かった。会場にはすでに役員の方々が集まり設営をされていた。役員朝礼には私も参加させていただいた


6時の開始ベルとともに、モーニングセミナーが始まった。会長挨拶の後、私が演台に立って講話をさせていただいた。地方のモーニングセミナーは東京のように参加者は多くないが、皆さん熱心に聴講されている。特に私の場合はテーマが健康なのですごく興味をもって受講していただき講師と皆さんと間に一体感があって、やりがいがある。


セミナー終了後、同じ会館内で朝食会が和気あいあいのうちに進められた。今回はわざわざ県会長、本部役員、法人レクチャなど埼玉倫理法人会の重鎮が参加していただいたので、かなり盛り上がった。特に34年前の知り合いも駆けつけてくれ親交を温めることができた。盛会のうちに終了した。