最強の食事PART3
2016.11.30 [Wed] 08:00


 
タンパク質となる肉を買う時にどんな肉を買えばいいのでしょうか?有機栽培で牧草飼育の肉は穀物飼育や普及品の肉と比べて栄養が豊富で毒素が少なく、他のどんな食品よりも多くの抗酸化物質、オメガ3脂肪酸、微量元素、ビタミンを供給してくれます。栄養のある飼料で育った家畜でなければ、栄養のある食物にはならないというわけです。タンパク質は消化しにくいので摂りすぎには注意が必要です。
 野菜に関していえば食べ過ぎということはないそうです。また、果物は果糖を含んでいるので少しだけにしたほうがよいでしょう。
スタッフブログ(356)北島
 

目の前に蚊が!飛蚊症(9)対策
2016.11.28 [Mon] 08:00

生理的「飛蚊症」は、その原因である活性酸素を中和する抗酸化物質により抑制する効果が期待出来ます。

代表的な抗酸化物質にはビタミンC、ビタミンE、βカロテン、ポリフェノール、リコピン、イソフラボン、ペクチン、亜鉛、セレニウム等があります。

ビタミンCを多く含む食品はパプリカ、パセリ、イチゴ、キゥイ、柑橘類等、ビタミンEを多く含む食品はアーモンド等のナッツ類、イクラやタラコ等、βカロテンを多く含む食品はモロヘイヤや緑黄色野菜全般です。

ポリフェノールを多く含む食品はチョコレートや赤ワイン、緑茶等、リコピンを多く含む食品はトマト、チェリー等赤い食品、イソフラボンを多く含む食品は大豆食品、ペクチンを多く含む食品はジャムやゼリーの原材料となる食品、亜鉛を多く含む食品は牡蠣、カニ、うなぎ等、セレニウムを多く含む食品は鰹節等魚介類全般です。

これら抗酸化物質を含む食品は「飛蚊症」に限らずあらゆる疾患の予防効果があります。積極的に摂るように心掛けて下さい。

吉祥寺センター小澤ブログ(375)小澤秀明
 

患者さんと一緒に参加し懇親会
2016.11.24 [Thu] 17:44


23日(祝日)、夕方6時より四谷3丁目にある八千代鮨本店で四谷ハーモニー懇親会が行われた。四谷倫理法人会の親睦を兼ねて月1回行われている会だ。今回は患者さん2名と友人1名と一緒に参加した。多くの輪友とホットゲストが集まり26名になった。
美味しい寿司とお酒を飲みながら、ゲストスピーカーのお話や参加者のショートスピーチを聞きながら面白おかしく宴を楽しんだ。盛会であった。
 

スマホ老眼
2016.11.23 [Wed] 08:00


 「老眼」の症状を自覚するのはだいたい45歳位からといわれていますが、最近、20代〜30代の若い層に、「手元の文字が見づらい」「近くのものにピントが合わず、視界がぼやける」といった老眼と同様の症状が急増しています。特に、スマホを長時間使用する人に、このような症状が多く見られることから「スマホ老眼」と呼ばれるようになってきました。

「老眼」は、加齢に伴って眼のピントを合わせる調節機能が衰える状態ですが、「スマホ老眼」は近距離のスマホを見続ける事で眼の筋肉が緊張状態になり、老眼と同じくピントの調節が利かなくなる状態をいいます。

ほとんどは一時的なものですが、繰り返すうちにうちに重篤化することもあるので、画面の設定の輝度やブルーライトを下げるなど、できるだけ目を休めながら使用することをお勧めします。次回はスマホの画面から放射されるブルーライトによって引き起こされる体への悪影響について取り上げます。

スタッフブログ(355)西田
 

目の前に蚊が!飛蚊症(8)対策
2016.11.21 [Mon] 08:00

最近のテレビやタブレット、スマートフォンは光源にLEDを使用しています。蛍光灯よりは少ないもののわずかに紫外線を含みます。長時間の使用で硝子体内に活性酸素を発生させる可能性があります。使用時間を減らすか、輝度を下げて使用して下さい。

また、外出時につばのある帽子をかぶるのも硝子体内に到達する紫外線を減らす効果があります。女性ならハットを、男性ならキャップを着用すると良いです。夏の外出時は可能な限り着用する様に心掛けてみて下さい。

太陽光線は朝夕は低く、日中は高くなります。朝夕は直接眼に太陽光線が差し込み易いので、太陽光線遮断の為にはサングラスがより効果的です。一方、日中は太陽光線が上から差し込むので、帽子がより効果的です。最近は男性の使用も増えて来た日傘も効果的です。

吉祥寺センター小澤ブログ(374)小澤秀明