お正月こそ生活習慣!
2015.12.31 [Thu] 08:00



一年の締めくくりの今日、皆さんはどうお過ごしでしょうか。
日々の忙しさから解放され既に寝正月で、テレビから離れられない方も多いのではないでしょうか。
このお正月休みでゆっくり体を休めることと共に、五月病ならぬ、正月病を招かないよう注意したいですね。正月病になってしまう原因は以下の通りです。
(1) 外が寒く外出が億劫になる
(2) 食べ過ぎや飲みすぎにより体がけだるい
(3) 長時間のテレビ特番をダラダラ見てしまう
(4) 毎年「寝正月」が当たり前になっている

一つでも心当たりがある方は、素敵な2016年にするためにも今日からちょっとした意識の変化を試みましょう。

まずは昼間からお酒を入れないこと。
日中の楽しみ方が「お酒」の方は、少し我慢して夕方からにしてみませんか?
ダラダラ一日中飲み続けると昼夜逆転の危険もあります。

次にごちそうをたらふく食べるのは2日までにすること。
ごちそう三昧は胃腸が疲れ、日中の活動が鈍くなります。
目安を決めて胃腸も生活リズムも整えましょう。

最後に日中は極力外出をし、新鮮な空気を吸うこと。
お正月くらい暖かいお部屋でぬくぬく過ごしたいかもしれませんが、あまり部屋にこもっていると体がなまってしまいます。年明けを心新たに迎えるためにも、たっぷり日の光を浴びましょう。

素敵な2016年をお迎えください!!

スタッフ池田(306)
 

帰省ラッシュ
2015.12.30 [Wed] 08:00


こんにちは。吉祥寺センターの田中です。

今年の年末も帰省ラッシュが凄いですね。私は実家が山口県と遠く、新幹線は疲れますので飛行機をよく使います。

ちなみに昨日は、空の便がピークだったみたいです。飛行機に乗れた方は、ワクワクしながらの帰省で良いですね。ただ今の時期は、風邪やインフルエンザが流行っています。そして機内は密室状態なので、ウイルスがうつりやすい環境と言えます。

是非、飛行機に乗る際はマスクの着用をおすすめします。せっかく帰省して、楽しい予定をキャンセルして風邪で寝こんでいたとか、そういう最悪な事にならないように気を付けましょう。

それでは、良いお年をお迎えください。

スタッフブログ(305)田中
 

地球からミツバチがいなくなったら
2015.12.29 [Tue] 08:00

「地球からミツバチがいなくなったら、4年以内に人類は滅亡する」と、アインシュタインが言い残しています。
ミツバチの減少に多大な影響を与えているネオニコチノイド系農薬。そのネオニコチノイド系農薬「スルホキサフロル」が、新たに日本で使用許可されようとしています。この農薬は、販売元であるアメリカの会社自身が「ハチに対して毒性が非常に高い」と認めているうえ、アメリカでの使用許可が取り消された農薬です。
ネオニコチノイド系農薬は、ハチだけでなく、人間の神経にも大きなダメージを与えるといわれています。
現在、厚生労働省では、国民の声を聞くためパブリックコメントを募集しています。期限は年明けの1月2日まで。世界では、農薬の使用が規制される一方、日本では、農薬使用の緩和が進んでいる現状を止めるための一歩、踏み出してみませんか?

スタッフブログ(304)高須賀
 

まぶたがピクピク(14)眼瞼痙攣(5)
2015.12.28 [Mon] 08:00

「眼瞼痙攣」治療の決め手はボトックスと言う薬です。聞き慣れない名前ですがボツリヌス毒と言えば知っている方も多いかも知れません。

自然界に存在するボツリヌス菌から抽出した猛毒であるボツリヌス毒素Aを製剤化したものです。その毒素は神経毒と言って運動神経を麻痺させる作用があり、間違って摂取すると主に呼吸筋が麻痺して呼吸困難を起こす猛毒です。その毒性の強さは青酸カリの100万倍とも言われています。

ボツリヌス菌は少し変わった菌で酸素の無いところで生きる事が出来ます。これらの菌を嫌気性菌と言います。以前、真空パックの辛子レンコンに発生し、11人もの犠牲者を出して世間を騒がせたため記憶に残っている方も多いかと思います。

この毒素を利用した薬が「眼瞼痙攣」の治療に威力を発揮しています。

吉祥寺センター小澤ブログ(328)小澤秀明
 

苺の健康効果
2015.12.23 [Wed] 08:00



苺(いちご)の代表的な栄養素であるビタミンCは、苺100g中50〜100mgと、レモンを遙かに上回る量が含まれており、果物の中ではトップレベルである。中程度の大きさの苺を7〜8粒食べれば、1日のビタミンC必要量を十分摂れる。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促し、しわを予防する作用や、メラニンの生成を抑えシミを予防する働きがある。

加えて、ウィルスや細菌に対する抵抗力をつけ風邪を予防、近年ガンを予防する栄養素としても注目されている。また、鉄分を吸収しやすくしてくれる栄養素でもある。
疲れやストレスを感じている人、運動量の多い人、タバコを吸う人は特にビタミンCを消耗しやすいため、積極的に摂りたい。

また苺には、虫歯予防効果があるキシリトール、さらにビタミン・ミネラルなどをバランス良く含んでいる。

スタッフブログ(303)坂本