塾頭の誕生会
2014.11.30 [Sun] 08:00

 11月28日(金)日頃からお世話になり、会社の指導を受けているISK経営塾塾頭・飯塚保人氏の71歳の誕生会が新宿ルミネTの7階にあるヴェトナム料理アリスで行われた。

塾生やOBが企画して、みんなで塾頭をお祝いしようというもので、毎年趣向を凝らしていて出席者を楽しませている。今回も小唄、ギター演奏、踊り、歌など芸達者のエンターテインメントで華やいだBirthday Presentになった。

最近は、二代目経営者が多く、塾自体若がえってきたようで、私みたいな60歳以上の経営者とは、全てにおいて話が通じなくなったように思うのは考え過ぎなのか!?
2時間以上行われた会も終演に近づき、行徳先生、塾頭、私の3人のスピーチがあり、更に、歌手でもある塾頭の歌「王道」が披露されて幕となった。

70名以上の人たちで、レストラン内は混雑しており、さすが飯塚塾頭のお人柄が偲ばれる。ともかく大盛会で盛り上がった。
 

朝霞倫理法人会で講話
2014.11.29 [Sat] 08:00

 11月28日(金)、埼玉県朝霞台にある朝霞倫理法人会のモーニングセミナーに出講してきた。
朝6時30分から行われる講話は、東京から行くにしては朝4時前に起きなくてはならず、前日よりホテルに宿泊して臨まないと、間に合わないので大変だ。
それでも当日は、朝5時には起床して、5時45分には迎えの車が来るので、早目の支度をして出かけた。

今回は、朝霞台の氷川神社内にある浜崎会館で行われた。6時に到着した時は、すでに幹部の朝礼が行われていた。皆さん声を大きく出してハキハキと返事をされる姿には、何か自分自身気持ちがキリッとするものがあった。

6時30分よりモーニングセミナーが始まり、20分後には私の講話が始まった。講話のテーマは『考え方一つで健康をつかめる』で、「健康とは何か?」「病気、ストレスとは?」「薬の怖さ」などをデモンストレーションを行いながら分かりやすく話した。その後2人の顎関節症を持つ方の治療を行った。

日本人の医療に対する考え方は、全て薬が無くてはならないと思っている人が多い。ちょっと考え方を変えるだけで健康がつかめることをもっともっと分かって欲しいものだ。

どんな企業でも、人材育成は難しく、ましてや職場でのあいさつや接客は人間的にも重要である。そのためにも体は万全でなければならい。健康は仕事をしていく上で欠かすことが出来ない。その人たちのために健康になるヒントや対策を伝授することは、今の時代最も大切なことである。
私もこういう機会をたくさんいただいて“健康”の重要性を訴えていこうと思う。
 

洗いすぎには注意
2014.11.26 [Wed] 08:00



朝晩と冷えこむ様になりました。
寒くなってくると気になるのが肌の乾燥です。代表的な手荒れに加え、全身が乾燥により痒いという方も少なくない様です。

以前、私はひどい乾燥肌で全身の痒みに悩まされていました。原因は、お風呂で体を洗いすぎていたことにあった様です。
つい石鹸を沢山つけて、ゴシゴシ洗いたくなりますが、体に必要な油分まで落としてしまい、乾燥を誘発してしまうので、洗いすぎには注意が必要です。
乾燥肌による痒みを軽減させるために、使用するブラシやタオルはナイロン素材のものよりも、綿やガーゼの素材のもので肌を優しく撫でる様に洗うことをお勧めします。
また、石鹸を付けた手で、手洗いする方法は、より効果的でした。

乾燥肌による痒みでお悩みでしたら一度、試してみて下さい。


スタッフブログ(247)藤田

 

「宴の会」に出席して
2014.11.25 [Tue] 08:00

 24日(祭日)、夕方6時より倫理法人会でお世話になっている美里院(藤田秀宝)氏の「宴の会」が東京・墨田区第一ホテル両国で開催された。

藤田秀宝氏は倫理法人会城北地区会長をされ、純粋倫理の実践、朝型の生活習慣の体得、異業種交流・情報交換の場、心の勉強から経営のノウハウまでを学ぶよう指導されている。

この夜は、皆さんで秀宝氏を励まし元気で活動しましょうと集まった。倫理法人会というところは芸達者の方が多く、お祝いとなると多くの芸人さんが駆けつけて披露される。素晴らしいことである。
今回もバイオリン演奏、歌、手品など芸達者が秀宝氏のためにそれら披露した。私も以前10回ほどホテルでファラームや健康シンポジウムを開催したものである。

「宴の会」も大いに盛り上がり出席者も満足して帰路につかれたのではないだろうか。
 

広告?母指CM関節症(2)特徴(1)
2014.11.24 [Mon] 08:00

母指とそれ以外の指は少し構造が異なります。母指以外の指は3個の骨から出来、母指だけ2個の骨から出来ています。従って関節の数も母指以外は3つ、母指だけ2つです。これらの関節を母指以外は先端から遠位指節間関節(第1関節)、近位指節間関節(第2関節)、中手指節間関節(第3関節)と言います。母指の場合1つ骨が少ないので先端から指節間関節(第1関節)、中手指節間関節(第2関節)となります。

更に良く見ると母指にはもう一つ付け根に関節があります。これをCM関節と言います。即ち母指の第3関節です。CM関節は母指以外にもありますが、母指ほど可動しないので、その存在が分かりません。

CM関節症が母指に現れて、その他の指に現れづらいのは、その可動性のためです。良く動くために、言い換えれば良く使うために炎症を起こし、関節症を起こし易いのです。

吉祥寺センター小澤ブログ(272)小澤秀明